昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 中国高速鉄道事故「調査報告の速やかな発表を」北京の専門家が痛烈批判―独メディア

中国高速鉄道事故「調査報告の速やかな発表を」北京の専門家が痛烈批判―独メディア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大16日、北京の専門家・姚監復氏は「高速鉄道事故で当局はこれ以上何を隠しておきたいのか。当局は速やかに調査報告を発表せよ」と強く批判した。写真は7月、温州市で発生した高速鉄道事故の現場。2011年12月16日、ドイツの中国語ラジオ放送・ドイツの声(電子版)によると、7月に中国浙江省温州市で起きた高速鉄道追突・脱線事故に関し、北京の専門家・姚監復(ヤオ・ジエンフー)氏は「調査報告はいつ出るのか」と題する記事で、「当局はこれ以上何を隠しておきたいのか。事故がなぜ起き、誰が責任を取り、どう改善するのか。国民は真相を知る権利がある」と強く批判した。以下はその概要。

【その他の写真】

7月の高速鉄道事故は、中国国民にとって忘れられない大惨事だった。しかし、国務院が11月末に出すといっていた中国当局の事故調査結果は、いまだ発表されていない。あれほどの悲惨な大事故を経て、これ以上何を隠しておきたいのか。

最近出版された雑誌「財経」は、「信号設備メーカーに責任を負わせれば、今後の中国製鉄道車両の輸出に支障が出る。鉄道部が責任を問えば関係者が多過ぎる。つまり調査報告の発表が遅れている原因は、上層部が誰に責任を押し付けるか迷っているからだ」と指摘した。

国民には知る権利がある。事故はなぜ起き、誰が責任を取り、どう犠牲者に賠償し、今後事態をどう改めるか。調査報告を速やかに発表し、原因の徹底的な究明と再発防止を望む。(翻訳・編集/AA)

関連記事
<高速鉄道脱線事故>主因は「人と管理の問題」、従来の「信号設備の欠陥」説を覆す―中国複数の高速鉄道路線の開通延期を発表=7月の追突事故受け安全性を確認―中国高速鉄道以外の路線が優先、追突事故の影響で建設計画見直し―中国「脱線事故の影響なし」高速鉄道車両メーカー、受注増続く―中国中国高速鉄道業界の低迷で、中国南車は海外市場開拓に積極的=海外3か国からの受注に成功―中国


http://news.livedoor.com/article/detail/6129107/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








msa_komさん

事故物件とは自殺した家の事を言うのですか??
それとも病死がその家から出ても言うのですか??
それとも殺人ですか???




ベストアンサーに選ばれた回答


rubysapphirediamondさん


自殺と殺人は事故物件となります。
病死は、すぐに発見された場合(1日程度)は、特に問題視はされないようです。
賃借人が非常に嫌がることが理解できるような場合は事故物件となります。
例・・建物の一室から異臭が漂い、住人から苦情があったので、入室し死体を発見したがすでに腐乱していた。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q127475177
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


福島第1原発
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20111219-00000812-fnn-pol


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。