昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 正恩氏 韓国の弔問団に応対し、謝意を表明

正恩氏 韓国の弔問団に応対し、謝意を表明

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大 北朝鮮・故金正日総書記の後継者で三男・正恩氏が26日、韓国からの弔問団に応対し、深い謝意を表明した。

 故金大中元大統領の李姫鎬夫人ら韓国の民間弔問団一行は26日午後6時過ぎ、金総書記の遺体が安置されている宮殿を訪問した。朝鮮中央通信によると、弔問団は金総書記の霊前で黙とうをささげたのち、参列していた正恩氏に哀悼と慰労の意を表した。これに対し、正恩氏は深い謝意を示したという。正恩氏と韓国人の面会が伝えられるのは初めて。

 北朝鮮は、弔問団の宿泊施設に故金元大統領や小泉元首相も使用した迎賓館を準備するなど、厚遇ぶりを示している。その一方で、韓国人の弔問を制限した李明博政権を連日、批判していて、韓国政府を揺さぶる狙いがあるとみられる。関連記事
韓国の民間弔問団、北朝鮮・平壌に到着韓国の民間弔問団、北朝鮮入り正恩氏、故金総書記の霊前へ “後見人”も


http://news.livedoor.com/article/detail/6150273/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








sanaiyo4さん

北朝鮮は核爆弾を捨てないですか。




ベストアンサーに選ばれた回答


gr8_beeさん


北朝鮮の常套手段である恫喝外交も10年前であればまだしも、今のこの時代、これまでのつけ・・・つまり、国家間で交わされた相互条約を一方的に破棄し、要求だけはささらに膨らますという国際感覚では到底理解できない政策を持ち続けるこの国の現状で、外交カードとして仕える唯一の絵札が”核”です。

北朝鮮が考える外交手段は世間で容認されるものではありません。それだけに経済力や資源を持たない北朝鮮としてみれば、軍事力に頼るしかないと短絡的に考えているのでしょうが、日米韓ではそれぞれ政権交代によって対北朝鮮対策で「より厳しい姿勢で対応する」ことで意見の一致を見せており、中国も北朝鮮への無条件支援を控え、中国による提案を無視した場合に支援を行わない態度を示してもいます。

手落ちの”核”カードは当面北朝鮮にとって唯一場に出せるカードであり、この核にとって代わる政治外交カードを手にするまで、手放したくとも手放せないのが現実ではないでしょうか。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1137116011
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


韓国の民間弔問団、ジョンウン氏に面会
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20111227-00000006-jnn-int


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。