昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ ハーフナー 飛躍の12年へ!「運命」のオランダ挑戦

ハーフナー 飛躍の12年へ!「運命」のオランダ挑戦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大新天地でも得点量産だ。甲府駅前の武田信玄公の像前で海外挑戦への決意を語るハーフナー
 甲府からオランダ1部フィテッセへの移籍が決まった日本代表FWハーフナー・マイク(24)が28日、本紙の独占インタビューに応じた。自らも戸惑うほど大きな飛躍を遂げた11年を振り返り、念願だった海外移籍を決断するに至った胸中などを告白。大きな挑戦を前に、さらなる成長を力強く誓った。

 日本が誇る超大型ストライカーが海を渡る日が近づいてきている。ドイツのボルフスブルクなど複数の強豪クラブからオファーが届いていたが、新天地に選んだのは両親の母国でもあるオランダのフィテッセだった。

 「何でも一歩目が大事。ロマーリオや朴智星(パクチソン)もオランダからステップアップしていった。一番熱心に(獲得に)動いてくれたのがフィテッセ。年齢的に選手として凄く大事な時期だし、試合に出ないで成長を止めたくはない。ドイツからいい条件で話はあったけど、まずはスタメンで試合に出られる環境で一歩ずつ成長したいという気持ちが強かった」

 フィテッセとは不思議な縁で結ばれていた。

 「14歳の時に(フィテッセのホームスタジアム)ヘルレドームに行ったことを今でも覚えている。あの時に買ったユニホームは家のどこかを捜せばまだあるんじゃないかな。俺にはオランダ人の血が流れている。縁だし運命だと思う。オランダにいる親戚はもうシーズンチケットを買ったみたい(笑い)」

 今季リーグ戦で日本人最多の17得点をマーク。注目度は日に日に高まっていった。

 「一歩ずつと思っていたのに、一気に三歩ぐらいいっちゃった。得点王になれなかったのは悔しいし、メンタルの弱さも感じた。ただ、上位3チームから6試合で7点を奪えたのは自信になった。もし10得点以下だったら海外に移籍しようとは思ってなかったはず」

 9月に追加招集で憧れだった代表入りを果たし、ハーフナーのサッカー人生はさらに大きく動き始めた。

 「正直“今年中に合宿に呼んでもらえればいいかな”ぐらいの感覚だった。代表に呼ばれても使われるなんて考えてもいなかったのに、試合に出て点も決められた。代表に入ってみて、レベルの高さを痛感した。最初は“帰りたい”って思ったぐらい。所属チームで結果を残さないと呼ばれないし、代表でも結果を残さないと生き残れない」

 世界と戦えるストライカーになることを見据えて選んだ海外移籍。自らの未来についてはどこまでも貪欲だ。

 「ここまで成長してきたけど、まだまだ物足りないです。ゴール前で集中力を試されるのがFW。どんな状況でもGKの後ろのネットを揺らすことが自分の仕事だから。日本代表で戦う相手はフィジカルの強い海外の選手。駆け引きや体の使い方は一番成長させなければいけない部分」

 来年1月3日にチームに合流し、翌4日からはキプロスでのキャンプに参加する。同22日のホーム・NEC戦でオランダデビューする可能性が高い。

 「チームは得点不足に悩んでいる。シーズン途中から入っていくので、より結果を求められる。妻と娘は1、2カ月してからオランダに来る予定。まずは自分がオランダの環境に慣れないと」

 未知の世界への挑戦に、期待は膨らむばかり。オランダからさらに高みを目指すという決意に満ちている。

 「これからも壁にぶつかるだろうし、苦しむこともあるはず。でも乗り越えられる自信がある。慌てずに、マイペースで進んでいくだけです」

 ▽ハーフナー・マイク 1987年(昭62)5月20日、広島県生まれの24歳。06年横浜ユースからトップ昇格。J2鳥栖などを経て10年にJ2甲府に完全移籍。同年に得点王に輝きJ1昇格に貢献。9月のW杯アジア3次予選・北朝鮮戦で日本代表デビュー。93年に日本国籍取得。1メートル94、86キロ。


http://news.livedoor.com/article/detail/6156203/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








onosyouziさん

北朝鮮と日本の関係
は、どのようになっていますか?




ベストアンサーに選ばれた回答


mutuhayaさん


大事なのは北朝鮮の背後なので、それを視野に入れ、現国際情勢下にある我々がまず真っ先に押さえて置くべき北周辺の事情に絞って大雑把な流れを追うと、 北の狙いは、 自国を呑み込みそうな態勢にある大陸中国の手をはね退けるに足る、諸大国による牽制を自国向きに利用しよう、というものです。 北一国では、到底、中国には抗し得ない状況下にある為、 自国の独立自尊を維持するには、何が何でも米国や日本による牽制が必要、という訳です。 従って、拉致問題で日本が北の諸事態に介入せざるを得なくなる事は、北の幹部らにとっては望ましい事であり、 日本が、北の強硬化路線に歩を合わせて、日本の防衛力の大胆な強化へ乗り出す事を善しとし、北に絡んで来てくれる事こそ、彼らにとっては、何にもまして望ましい事態展開の一つ、という事になります。 かって日本の戦国時代に徳川・北条等の大勢力に囲まれた形で自立した真田氏が直面した様な事態に今の北は直面しており、 諸大国にすっかり取り囲まれてしまった小国が独立を維持するには、その周辺諸大国同士が牽制し合って、誰もその小国併呑へ乗り出せない状況を作り出す以外に有力な手が全く無い、という事をよく心得た上での北の諸言動、と看做すべきでしょうから、 北が是からやる事も、その大抵は、日米などの諸大国に自国方面の諸事態に絡んで貰って、何とか自国が中国に呑み込まれない様に、というその一点を焦点とする念願に基づくものでしかない、という事になりますし、 日本を狙ってどうこう、とかいう事は、その念願を果たすに当っての偽装、振り、といった物でしかないでしょう。 北には、他国を狙って、等という余裕・余力は全くなく、北は大陸中国という途轍もない大蛇に呑まれかかっている小さな蛇でしか無いからです。 中韓における反日は、 国内の不満分子の関心を国外へ向け、 不満な諸状況をもたらす有力な諸原因を為して来た者が日本である様に宣伝、誘導する事によって、 中韓の政権周辺の者らが、 当然自分達へ向けられるべき筋合にある不満の矛先を国外へ転じ様として来た結果の事ですが、 反撃力ないし反撃姿勢の乏しい者へ矛先を向ける様にしないと、 藪を突付いて大蛇を怒らせ、今度は、国外から猛烈な圧力をかけられ、中韓の政権側の者らが立場を失う様な痛い目に逢うとも限らないので、 一つ一つの筋違いな非難中傷に対して、その都度きちんと反論し、明確な謝罪をも要求する態度へ出る、という事が殆ど無い日本が、仇役を一手に引き受けさせられている、といった状況が、今に至るまで続いてしまっている訳ですが、 これは、日本のみならず、中韓の一定以上の理性的な能力に富む市民らにとっても有害な状況です。 自分達が、自分達の参加する社会を実質的に改善しようとするに当たって、何々がその妨げになっており、 何々がそれに役立ち得るのか、という事に関する諸情報の構成が歪められ、 日本で日本人が当たり前に得られる位の、的確さを比較検討し得る多情報源からの諸情報があれば、抜本的な策を立てていける程以上の頭能力のある人達が、そういった自由な比較検討を経た諸情報を得られない分、その分析的な綜合力を社会改善に有効利用し難くなってしまうからです。 日本政府関係者が、中韓体制側の理不尽な非難中傷にきちんと諸事実の検証結果を踏まえた反論をしない事は、 日本国民一般に対して不誠実であるばかりでなく、中韓の真に有志の市民足り得る人達にとっても不親切な事です。 その点、欧米系の国々は、その辺の事がしっかりしている為、日本の様にかの国の体制幹部らから便利な身代わりとして捉えられる所が殆どありませんね。 また、中国は、韓半島を自国の勢力化に置いてゆくに当って、 米国とともに最も邪魔になりそうな日本の国民一般が、韓半島の人々に親近感以上のものを抱く事態を阻止するべく、盛んに日韓の間に軋轢が生ずるように、日韓両国内部においても着々と工作を進めて来たおかげで、もしかすると、まず北朝鮮を何年か後にすんなりと自国の統治下に組み入れる事ができそうな雲行きでもある所から、これまで以上に日韓を協力し合えない関係にしてゆく諸々の工作を進めてゆくであろう、と思われますので、 日韓が揉めあいに成りそうな色々な事がこれまで以上に盛んに設定され報道される事になるでしょう。 それでも日本は、中国を囲む鎖である諸国が、日本へと向かう鞭と成る事が無く、これまで以上に中国を制し得る鎖足り得る様に段取りしてゆくべきであろう、と思われます。 こういった諸状況を踏まえると、金氏その他の周辺諸国首脳(候補)らの今後の手筋も浮かび上がって観えてくる所があるのではないでしょうか。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1420189174
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


インド訪問の野田首相、シン首相と会談 経済・安全保障など幅広い分野での協力確認
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20111229-00000464-fnn-pol


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。