昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 【中国ブログ】年末年始に中国人が感じる「面倒くさいこと」、結婚の話題やお年玉

【中国ブログ】年末年始に中国人が感じる「面倒くさいこと」、結婚の話題やお年玉

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 中国では今年は1月23日、旧正月(春節)を迎え、新しい一年が始まる。そんな中、中国人ブロガー「袁岳」さんは、「年末年始に感じる面倒くさい6つのこと」というタイトルでブログを書いている。
 ブロガーは「新年を迎えるのはめでたいことだが、いろいろ面倒なこともあって、なかにはそれで揉め事になるケースもある」と説明。
 面倒くさいことの1つ目は「誰の家に挨拶するか」。結婚したり婚約者がいる場合、どちら側の家に挨拶に行ったらよいかという問題がある。全員一人っ子で代わりに行ってくれる兄弟もいない。そこでブロガーは「毎年交互に挨拶に行くか、片方の家の親が相手の親の家に遊びに行ってはどうか」と提案している。
 2つ目は「結婚の話題」。親戚が集まっている宴席で、皆から口々に「なんで結婚しないんだ?」と問い詰められると、精神的に崩壊する人もいるだろうとブロガーは言う。
 3つ目は「大量の料理と酒」。旧正月と言っても特にすることもなく、家で飲み食いしてマージャンをするぐらい。親戚や友人と集まれば、飲み食いしないわけにはいかないが、これも健康にはあまり良くない。
 4つ目は「実家にシャワーがないこと」。農村では1週間に1度公衆浴場で身体を洗う程度ということも珍しくないという。だが、都会でシャワー付きの家に住んでいると、毎日身体を洗うのが当たり前になっている人もいる。そうなると、実家で1週間も身体を洗えないのは耐え難いという。
 5つ目は「ご祝儀やお年玉の問題」。旧正月の休暇に合わせて結婚式を行う人もいるようで、地元で挙式に招かれるとご祝儀を払わないわけにはいかない。だが、将来自分が結婚式を開いても彼らを呼ぶ可能性が低いとなると、ご祝儀は払い損になってしまう。また、友人の家に遊びに行った際、子どもがいるとお年玉をあげないといけない。
 6つ目は「親との会話」。両親も年を取ってくると同じような話ばかりするようになる。久しぶりに会う親戚や友人とは、話が合わないことだってある。ブロガーは「そういう時は、我慢して聞き役に徹するべし」とアドバイスしている。(編集担当:西谷格)
関連記事
春節の花火自粛も、北京、大気汚染物質の数値初公表上海市場、春節休場直前だが、長期資金流入期待から高値圏でのもみ合いか?大気汚染にピリピリの北京、地元紙「春節の爆竹は最低限にせよ」中国 春節等、祝日休日の残業代の計算方法 日給300%割増HSBC:春節明けにIT部門などでリストラか=一部報道


http://news.livedoor.com/article/detail/6213043/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








jizeru_strongさん

新年会と忘年会。どっちが催されること多いでしょうか?





ベストアンサーに選ばれた回答


kuromamediscoさん


おはようございます。
今年もよろしくお願い致します。

地域によって多少の違いはあると思いますが、最近は新年会が多いようですね。
どちらも行うところは少なく、いずれかだと思います。
忘年会は仲間や所属部署で行う場合が多くなっているそうです。
その関係で新年会なのではないでしょうか。

私見ですが、「今年お疲れ様」よりも「新しい年に、皆で頑張ろう!」の方が
積極的なのだろうと思ったりもしています。

ご参考になれば幸いです。
失礼致しました。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1453072434
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


横浜中華街で旧正月を祝う「春節」-獅子舞・祝舞パレードも /神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120122-00000004-minkei-l14


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。