昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 今年60歳のリーアム・ニーソンのアクション・アドベンチャー映画『ザ・グレイ』が全米ナンバーワン! -1月30日版【全米ボックスオフィス考】

今年60歳のリーアム・ニーソンのアクション・アドベンチャー映画『ザ・グレイ』が全米ナンバーワン! -1月30日版【全米ボックスオフィス考】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大映画『ザ・グレイ(原題) / The Grey』のロサンゼルスプレミアに出席したリーアム・ニーソンMichael Tran / FilmMagic / Getty Images ここ数年、新アクション・ヒーロー的存在となっているリーアム・ニーソンの新作アクション・アドベンチャー映画『ザ・グレイ(原題) / The Grey』が1,967万ドル(約15億7,360万円)をたたき出し、全米ナンバーワン映画に輝いた。本作は、人里離れた雪山に不時着してしまった小型飛行機の生存者が、血に飢えたオオカミたちと生死のバトルを繰り広げながら何とかサバイブしなければならないというストーリー。このオオカミvs.リーアムたちというシンプルな構図が功を奏したのか、週末に公開された新作をけ散らしての第1位となっている。(1ドル80円計算)
 第2位は、先週のトップから51.2パーセント落下した映画『アンダーワールド 覚醒』の1,235万ドル(約9億8,800万円)。公開から10日の総合収益は4,500万ドル(約36億円)となっている。代わって第3位は、キャサリン・ハイグルの新作ラブコメ映画『ワン・フォー・ザ・マネー(原題) / One For the Money』で1,152万ドル(約9億2,160万円)の興収。前評判は悪かったのだが、フタを開けてみたらトップ3にランクイン。年配女性に人気の小説シリーズを映画化したこの作品は観客も何と79パーセントが女性だったという統計結果が発表されている。
 興味深いのは、『ワン・フォー・ザ・マネー(原題) / One For the Money』のPR作戦である。割引クーポン・サイトのグルーポンと提携し登録メンバー中、約2,000万人に同作の割引鑑賞券売り出しのEメールを配信したのである。登録メンバーの85パーセントが女性であるといわれているグルーポンでは、マーケティング展開にちょうど良かったのかもしれない。だが配給によると、週末に本作を観に来ていた観客の11パーセントのみが割引鑑賞券の使用者だったということで、グルーポンの恩恵は収益中100万ドル(約8,000万円)ちょいだったようだ。
 第4位は、先週から2ランクダウンで映画『レッド・テイルズ(原題) / Red Tails』。44.8パーセント落ちて1,037万ドル(約8億2,960万円)の収益だった。トップ5の最後は映画『タイタンの戦い』以来、ヒット作から遠ざかっているサム・ワーシントンの新作サスペンス映画『マン・オン・ア・レッジ(原題) / Man on a Ledge』で800万ドル(約6億4,000万円)。観客調査によると、観に来ていたのは男女半々で全体の56パーセントは25歳以下だったという結果が出ている。アメリカ映画ファン批評サイトのシネマスコアによれば、B+の成績であることからひょっとするとこのまま次週もトップ5内にとどまる可能性も。
 今週末公開される上位狙いの新作は2本。一つ目は、ドリュー・バリモアお得意のホンワカ映画『ビッグ・ミラクル(原題) / Big Miracle』。アラスカでクジラの親子が氷に閉じ込められて動けなくなってしまい、そのままでは死んでしまうクジラたちを救おうとドリューのキャラを筆頭に、人々が力を合わせてクジラをレスキューしようとする感動の実話を基にした映画だ。ドリューとクジラの組み合わせ……これは売れそうな予感がする。
 二つ目は、ハリポタを終えたダニエル・ラドクリフ主演のホラー映画『ザ・ウーマン・イン・ブラック(原題) / The Woman in Black』。普段のホラー映画ファンに加え、これまでのハリポタ・ファンがダニエル主演の映画だからといって観に来てくれるかに、上位入りの命運がかかっている。最後に、新作で気になるのが20世紀フォックスの映画『クロニクル(原題) / Chronicle』という作品。 無名監督・無名俳優のSFスリラー作品で、映画『X-メン』と映画『8mm』を足して2で割ったような作品らしいのだが……公開後の評判に注目したい。(文・ロス取材: 明美・トスト/Akemi Tosto)
【関連情報】
・こちらもアメリカで大ヒットしたリーアム・ニーソン主演映画『96時間』写真ギャラリー
・ソダーバーグ監督新作はトップ5圏外!『アンダーワールド』最新作がナンバーワンに! -1月23日版【全米ボックスオフィス考】
・久しぶりのマーク・ウォールバーグ主演の新作が全米トップに! - 1月16日版【全米ボックスオフィス考】
・真冬にブルルっ!新作ホラー映画が予想外の大ヒットでナンバーワン! -1月9日版【全米ボックスオフィス考】
・新年満員御礼!『ミッション:インポッシブル』最新作が2週連続トップ! -1月2日版【全米ボックスオフィス考】



http://news.livedoor.com/article/detail/6238498/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








koretika5656さん

新年明けましておめでとうございます。って文法がおかしくないですか?

夜が明けて朝になった。
古い年が明けて新しい年になった。

新年は明けません。空けたら来年です。

新年です。
明けましておめでとうございます。

ってことですか?
補足つまり
新年。で文節?終わってるんですよね。でもみんなつなげて言ってる気がします。



ベストアンサーに選ばれた回答


chiezo_0918さん


仰る通り誤りです。

正しくは
「新年おめでとうございます」
「明けましておめでとうございます」
です。

もはや定型句になってしまっているので、
NHKでさえ間違って使っていますけどね…。

【補足読みました】
口語では間違いなく続けて言ってますね。

というか、新年だけ文頭に持ってきても意味が分かりませんので、
「新年 明けましておめでとうございます」
は間違いではなくても日本語としては無駄があります。

かと言って、
「謹賀新年 明けましておめでとうございます」
としても同じことを2回言うことになるので、これも無駄です。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1156674961
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


川内村が「帰村宣言」 役場・学校、4月再開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120201-00000002-khks-l07


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。