昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 脳の黄金タイムを活用!効率的★朝の勉強法

脳の黄金タイムを活用!効率的★朝の勉強法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


朝15分の勉強は、夜の45分に値する!?短時間に集中して勉強できるのは、頭が冴えた朝ならでは。
ムリせず続けるコツを紹介します!
自分の仕事を振り返り業務に役立つ“朝勉”を 「新年、何か学び始めたいなら、朝に行うことをおすすめします」と言うのは、37歳から勉強を始め、短期間でMBAや行政書士などの資格を次々取得してきた臼井由妃さん。多忙な社長業の傍ら“朝勉”でキャリアアップを続けてきた。
 「夜は急な仕事や予定が入ってしまい勉強が習慣化しにくいですし、疲れや眠気でボーッとして暗記力が落ちてしまいます。誰にも邪魔されない朝に、冴えた頭で勉強すると夜の3倍くらい効率的に暗記できますよ」
 まずは早起きの習慣を身に付けよう。とはいえ、これまでより1時間も2時間も前に起床しようと意気込むのは逆効果。「最初は朝15分の勉強時間を確保するために30分早起きしてみる、という程度で十分」と臼井さん。余裕を持って、ゆったりしたスケジュールを組むことを心掛けると、早起きが楽しくなるはず。おいしい朝食や甘いものを買っておくなど、自分を励ます何かを用意するのも有効だ。
 さらに、朝勉の目標を明確にすることも、成功の秘訣。
「『私は何の資格を取ったら良いでしょう?』と聞かれることが多いですが、その際に問い返すのは『あなたはどんなお仕事をしていますか?』ということ。伝票を整理するのか、パソコンをよく使うのか…具体的に自分の仕事を振り返って、業務に直接役立つ資格なり勉強テーマを見つけてみて」
 仕事力(ビジネススキル)だけでなく、人間力(ヒューマンスキル)を磨く時間に使うのもいい。TOEICで高得点を取れたら、次はお茶の作法や手紙の書き方について勉強するなど「趣味や教養に近い学びは、資格を“丸く”生かせます」。
 目標が決まったら、達成するまでの時間を計算しよう。臼井さんは資格勉強の際、自分と同じような境遇(年代、働き方など)で、目標の資格に1回で合格した人の合格体験記を書籍や雑誌で見つけることから始めたという。数名分を読むと、合格までの勉強時間や、使ったテキストなどの傾向が見えてくる。
 「1回で簿記3級試験に合格する!」といったブログも立ち上げることも有効。「周囲に宣言することで、頑張らないと!という気持ちになります」
 忙しい朝だから、「ラジオを聴きながら」「ご飯を食べながら」と“ながら朝勉”をしてしまいがちだが、効率はいま一つ。「15分でもいいので勉強は集中して行うこと。タイマーを使うと時間感覚も身に付きますよ」
失敗しない!朝の勉強プランニング法目標とゴールが明確に見えれば、朝勉も挫折しない!失敗しない勉強プランニング法を教えてもらいました
STEP 1

勉強の目的や目標を書き出してみる
まずは自分に本当に役立つ勉強は何かを見定め、目標を決めよう。「目標は紙に書き出したり、周囲に宣言したりすると、いいプレッシャーや励みになる」と臼井さん。勉強習慣がない人は、簿記や秘書検定の3級など、比較的取得しやすい資格の勉強から始めても。合格の楽しみや知識を得る喜びを味わうと、朝勉が楽しくなる

STEP 2

目標達成の時期を決め、1日の勉強時間を算出
目標達成の時期を決めたら、自分と同じような年代や働き方で成功した人の体験ブログなどを読み、その事例を参考に目標達成までの総勉強時間を算出。(目標達成にかかる総時間数)÷(ゴールまでに残された日)で、1日に勉強すべき時間数が分かる。中長期の計画は余裕を持って作るといい


STEP 3

時間を意識しながらノルマをこなす
働きながら勉強するのだから「自分には時間がない!」ことを意識して。「3分で1問解く」や「15分で5つ暗記する」など、タイマーを活用しながら時間を意識した勉強を。試験がある場合は時間配分にも役立てられる。勉強ノートを作らず問題集に書き込むなど、ムダを極力省いた勉強を心掛けよう
参考書や問題集は1冊だけの「少数精鋭」がおすすめ!
「参考書に書いてあることは、実はどれも似たり寄ったり。何冊も浮気するのではなく、1冊をボロボロになるまで使ったほうが、はるかに効率的に学べます」と臼井さん。本や問題集は、余白が多く(書き込める)、薄くて持ち歩きやすく、使いやすいものを選ぼう。同じ問題集を2冊買い、1冊は1枚ずつビリビリ破いて通勤中に解く…というのも有効だ

STEP 4

週1回は勉強の進捗状況をチェック!
週1回は勉強の進捗状況を確認。週末や月末には、勉強の計画を入れない「調整日」を設け、遅れが出たときにはそこで取り戻せるようにしておくといい。それでも追いつかない場合は「反省はしても深く考えすぎないこと。計画を練り直す時間があれば、勉強を進めたほうが効率的です」
“朝勉”に挫折しないコツ朝の気持ち良さを感じ早起きを習慣化する
「朝、いつもより30分早く起きて、カーテンと窓を開け、太陽の光を浴びてみることから始めてみて。朝の空気を独り占めしているような気分になれます」と臼井さん。朝の気持ち良さを感じられると、早起きの原動力にも。「休みの日も同じ時間に起きると、体内時計のリズムが狂わずにラクですよ」
「ご褒美デー」を用意するなど上手に息抜き
タイトな勉強計画を立て頑張っている人は、「ご褒美デー」を用意するといい。例えば1週間頑張れば土曜日の午後は好きなことをして過ごす!と決めてしまえば、土曜日の朝も早起きして勉強するモチベーションを保てる。「合格したら時計を買う」など目標達成後の「ご褒美」を決め、目標を書いた紙に一緒に書くのも効果的
★カーテンと窓を開けて深呼吸
★五感を使うことから一日を始める(ラジオを聴く、インターネットニュースの見出しだけ確認、など)
★朝に勉強する自分を励ますものを用意する(スイーツなど)
★休日も同じ時間帯に起きる
この人に聞きました

臼井由妃さん
ドクターユキオフィス
代表取締役
健康プラザコーワ代表。健康器具の開発会社の経営に携わりながら、MBA、宅建、行政書士、理学博士号など様々な難関資格を取得。独自の時間管理術や勉強法に注目が集まっている。著書に『仕事をガラリと変える55のパワーワード~運とチャンスを呼び込む言葉の力~』(青春出版社)など。ブログ/Twitter:@dryukiami/facebook
関連記事
やる気ゼロでも仕事をする方法キス(KISS)上手は話し上手上司・リーダーに必要なこと、あなたの意識チェック本当にモノになる自己投資、教えます!働き女子のリアル朝ごはん、拝見!


http://news.livedoor.com/article/detail/6316104/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








samaru911さん

「新年早々」について。
質問です。

「新年早々」という言葉がありますが、
聞いただけではマイナスのイメージがあるような気がしますがどうなのでしょうか?、

良い例)新年早々親友が結婚した。
悪い例)新年早々交通事故を起こす。


良い表現でも使って良いのでしょうか?
それとも悪い表現のみで使われる言葉なのでしょうか?

よろしくお願いします。




ベストアンサーに選ばれた回答


owarainokusogakiさん


一応、文系の大学を卒業し、そんな話を大学時代の先生と話をした記憶があります。

まず、「新年早々」という言葉を2つにわけて考えてみてください。
「新年」と「早々」になりますよね?
「新年」は「新しい年」という意味で、「早々」は、「はやばやと」や「いきなり(早いという意味のいきなりです)」という意味なので、
とくに、こういう言葉にはこういう場合に使っちゃいけないという決まりなどはありません。
例にも書かれてるとおりよい例に使うとよい言葉に感じますし、
悪い例には唐突的で嫌な感じがするものなので「1種の言葉の強調」として使う言葉ととらえてください。
「OOなのに」などと同じことです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1435092674
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


復興交付金、東北2480億円 宮城、要求の6割弱
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000002-khks-pol


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。