昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 【納入事例レポート】あ、ここにも杉田エース!Vol.123本来は工場等で利用されているパテシート。今回は個人宅駐車場の雪の吹き込み防止に使用しました。 杉田エース株式会社

【納入事例レポート】あ、ここにも杉田エース!Vol.123本来は工場等で利用されているパテシート。今回は個人宅駐車場の雪の吹き込み防止に使用しました。 杉田エース株式会社

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大パテシート 施工写真 写真一覧(3件)富山県中新川郡と言えば毎年2mも雪が降る地域です。住宅に隣接しているガレージには雪が吹き込み、各家庭では苦労しています。そこで便利なのがアコーディオン式のシートの設置です。今回の納入事例は、本来工場などで冷たい空気を遮断するために利用されているパテシートをガレージ用に使用したという珍しいケースです。雪国ならではのアイデアです。

建築金物の総合エンジニアリング企業である杉田エース株式会社では、50,000アイテムにおよぶ様々な建築金物、建築資材を取り扱っています。その一部である最新納入例をご紹介します。

【納入事例レポート】あ、ここにも杉田エース!Vol.123
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.sugita-ace.co.jp/report/archives/2012/01/12/entry3761.html


北陸営業所は、営業が私を含め4名、事務職が2名、計6名で仕事をしています。担当エリアは、富山県、石川県、福井県。冬には大雪が降るので営業活動も大変です。


今回は、富山県中新川郡の個人宅が営業の舞台となりました。ここは皆様もご存知の立山連峰の登山口です。このことからも冬には大雪が降ることがイメージできると思います。毎年新年を迎え2月に近づくと大雪になります。2mを越える雪が積もるのです。この近辺に住まれている方は、雪に苦労しているのです。今回の納入事例は、北陸営業所の取引先である金物店様からの問い合わせが始まりでした。


個人宅にあるガレージには雪が吹き込み、とても苦労しているとのことでした。そしてお住まいのお客様と金物店様の間でその解決策をいろいろと考えていたそうです。そこで浮かんだアイデアが、パテシートをガレージに設置するというアイデアでした。ご近所では、ガレージにブルーシートを付けているケースもあるそうですが、水分がブルーシートに染みこんだりして重くなったり、腐ったりとマイナス要因も多いのです。景観的にも問題ありです。それに比べパテシートはビニール製ですから耐寒性、耐久性に優れています。そもそもは工場などで冷気を遮断するために利用されています。これを駐車場に利用するとは驚きのアイデアです。


そんなお話をいただきましたので、営業所に急いで戻りカットサンプルを金物店様に届けました。そして、即ご発注を頂くことになったのです。心配されていたのは、ビニールの耐寒性と価格でしたが、工場で利用されていることの理由をご説明し、価格的にも工夫・努力することにより受注することになりました。雪国では同じ悩みをもたれている方も多いので、これを良きケーススタディとして拡販していきたいと思います。



■上記に関するお問い合わせはこちらまで
 杉田エース(株) お客様サポートセンター 担当/鎌田
 TEL:03-3633-5161 E-mail:info@sugita-ace.co.jp


【付帯情報】
・パテシート 施工写真
http://itm.news2u.net/items/output/95717/1
・パテシート
http://itm.news2u.net/items/output/95717/2
・パテシート 施工写真
http://itm.news2u.net/items/output/95717/3


News2uリリース詳細へすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6337918/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








h_o_t_d_loverさん

新年にモーツァルト?

セブンイレブンに行ったら有線でモーツァルトのオーボエ協奏曲が流れていました
ですが、新年に何かゆかりありましたっけ?

他の曲は『さくら』など定番のものばかりでした

このモーツァルトのオーボエ協奏曲は僕の中のイメージとして『春』なんですが…、やはり違いますか?




ベストアンサーに選ばれた回答


yy_yseさん


その曲自体がゆかりがあるのではなくて、
新年は格調高いクラシックのほうが雰囲気がある

格調高いクラシックだから明るめの曲でなおかつ聞きやすく、形式に嵌っていて(以下略

ならばバロックの曲orモーツァルトあたりがふさわしい、ブラームスとかだとさすがにちょっと新年には

あ、この曲美しくていいじゃん

くらいの基準で選ばれているかと思いますよ。


まぁあと確かに春っぽい感じですが、
「麗しい『初春』の光を浴びる」新年には
春っぽいモーツァルトのオーボエ協奏曲は案外あっているかもしれませんね。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1052956390
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


消防団員も退避優先 消防庁検討会中間報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120306-00000001-khks-soci


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。