昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ <レコチャ広場>中国で企業はなぜ社員の忠誠心を買うことができないのか―台湾

<レコチャ広場>中国で企業はなぜ社員の忠誠心を買うことができないのか―台湾

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大2月28日、台湾紙の公式ブログに中国本土で働く台湾人読者の寄稿記事「忠誠心が買えない」が掲載された。写真は12年2月、江蘇省揚州市で開催された就職説明会。2012年2月28日、台湾紙・旺報の公式ブログに中国本土で働く台湾人読者の寄稿記事「忠誠心が買えない」が掲載された。以下はその内容。

【その他の写真】

「謝って済むなら、警察はいらない」と同じような考え方は、多くの事柄に通用する。例えば、「2500元(約3万2000円)で忠誠心が買えるなら、離職ブームは起こらない」。中国本土では新年の前後に離職率が急激に上がる。年越し前に辞めるのは低賃金で働く人たち。年越し後は、何となくもっと条件の良い仕事はないかと辞めていく人たちだ。

筆者は中国本土の会社で働いているのだが、「会社を辞めること」に対して、中国本土の社員は台湾人よりかなりドライだと思う。名残惜しむこともなく、「いつものこと」とばかりにまるで気にしない。台湾では上司が必ず数カ月は慰留するが、中国の会社ではそんなことも全くない。

ネット上で年越し後の離職率が毎年20%を超えることを嘆き悲しむ台湾人幹部が紹介されていた。台湾人は確かに情を大事にする部分があるが、たまに単なるセンチメンタルなお涙頂戴とどこが違うのか、と思ってしまう。月にわずか2500元の報酬しか出さず、後は情に訴えるようなやり方で社員を引き留めようとしても無理というものだろう。

中国本土の社員は台湾人と違い、情の部分でどうにかなるものではない。個人の利益を会社の利益のために犠牲にするようなこともない。会社にとっては非常に頭の痛い問題だが、彼らにとってみれば自分を守るためだということになる。

経営の神様といわれる松下幸之助の本を読み、日本式の経営理念というものを知った。「社員は家族」といった考え方は台湾だったら十分に通用するが、中国本土では難しいだろう。これは文化の違いだ。台湾にいた時は台湾人が日本人の影響を深く受けていることに気付かなかったが、中国本土に来てみて、改めて自分は全くこの環境に馴染めないと悟った。

ただ、文化的な要因を除いても、上海で月に2500元の報酬しか出さずに、離職率が高いと嘆く台湾人幹部の気持ちがよく分からない。本当に嘆いているのは辞めていく方の人たちではないだろうか。(翻訳・編集/NN)

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
会社員の72%が5年以内に転職を希望―中国人手不足に悩むホテル業界、「きつい仕事は嫌!」と若者の転職続く―海南省大卒新卒者、3年間の平均転職回数は2回=自己都合の退職が8割以上―中国海外の販売ルート、技術、ブランドを手に入れろ=中国企業の企業買収と海外進出―英メディア仕事を選ぶ若い労働者、「面白くて給料も良い」ハイテク企業が人気―中国


http://news.livedoor.com/article/detail/6342211/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








carp15_kurodaさん

年賀状、「謹賀新年」と「恭賀新年」に意味の違いはなんですか?





ベストアンサーに選ばれた回答


aegeanyamatoさん


謹賀新年と恭賀新年を分解すればそれぞれ
謹賀新年=謹んで新たな年を賀(いわ)う。
恭賀新年=恭しく新たな年を賀(いわ)う。
ということになります。
謹んでと恭しくの表現の相違ですが、
前者は、相手を深く敬って礼儀を尽くす様相です。
後者は、相手を敬って礼儀正しく振舞う様相です。
通例は両文言とも同義とされます。
因みに、謹賀新正あるいは恭賀新正といった表現もあります。
この場合の「正」は、かみと読み、正月を指します。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1321080598
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


内陸工業用地 ニーズ上昇 沿岸から移転/復興支援拠点
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120307-00000008-khks-pol


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。