昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ デジタルガジェットに見るマレー人とインド人と華人の関係

デジタルガジェットに見るマレー人とインド人と華人の関係

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


"電脳街でマレー人とインド人に人気なのがノンブランド機こと山寨機だ"山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
 春節に訪れたマレーシアの首都、クアラルンプールは、中国と同じく「新年快楽」モードで全開だった。1年中暑い地域だけに、休日の昼間はショッピングセンターに人が集中する。そんな万人が集うショッピングセンターでも中国行事の春節を祝い、中国伝統芸能を演じる特設会場を設ける。2012年は辰年だけに、ショッピングセンターの広い吹き抜けを利用して飾った“天高く舞う龍”が各所で見られた。

 春節で休むのは中国人だけでない。当然マレーシアに住む華僑も同じなわけで、春節の間は中国系商人の営む多くの店が閉めていた。PCショップも華僑が経営するものが多いのか、春節期間に閉めている店も多い。この期間に開いている店のオーナーはマレー人、インド人ばかりだ。

 そんなマレー人の店とインド人の店だけがやっているショッピングセンターで、プロバイダ各社がユーザーを増やそうとプロモーションを行っていた。それも、ADSLや3Gでなく、WiMAXサービスをアピールしている。勧誘スタッフは、マレー語に加え中国語と英語も使いこなせるのだから恐れ入る。

 春節の数日前、ショッピングモールが集中する若者に人気のスポット「ブキッ・ビンタン」には「Low Yat Plaza」と「Imbi Plaza」という電脳ビルがある。これ以外にも、ほかのショッピングセンター内にデジタル製品を扱うショップが複数ある。春節を含めた前後の期間は、いずれのショッピングモールでもノートPCやデジタルカメラを中心に販売した。

 店員は華人が多い、というか、ほとんどが華人なのに、華人の客は少なく、マレー人やインド人で賑わっていた。外地に住む華人には不人気のノンブランドAndroidタブレットデバイスもマレー人やインド人には大盛況で、外地に住む華人は手を出さないノンブランドのフィーチャーフォンもマレー人やインド人には大人気だったりする。

●華人はゲーム! マレー人とインド人は?

 クアラルンプールでは、スマートフォンユーザーやタブレットデバイスユーザーを“ときどき”見かける。しかし、その多くは華人だ。中国本土の中国人と同じように、マレーシアの華人も次の電車を待っている間や休憩のときに、Angry BirdsやVeggie Samuraiで遊んでいる。インド人やマレー人の多くがフィーチャーフォンを使っているが、ごくまれに彼らの中にもスマートフォンユーザーやタブレットデバイスユーザーがいる。彼らはデバイスを使うほとんどの時間をFacebookに費やす。ゲームで遊ぶ華人とは対照的だ。

 華人が経営するインターネットカフェは、実質的にオンライン専門のゲームセンターだ。それを利用するのは華人(または、マレーシアを訪れた中国人)が圧倒的に多く、次いでマレー人が目立つ。インターネットカフェのPCには、中国で人気のチャットソフト「QQ」をインストールし、動画サイトの優酷(YOUKU)や百度といった中国で人気のあるWebページをブックマークしている。マレーシアの華人向け限定で中国語のオンラインショッピングWebページやニュースWebページ、そして、掲示板Webページが多数立ち上がっていて、そこでは、華人がFacebookを通じて「いいネ!」ボタンを押している。中国では利用できないFacebookゆえに、利用しないマレーシアの華人もいるが、利用している華人も少なくない。

●いたってまじめなインド人

 実質ゲームセンターのようなインターネットカフェのほかに、アーケードゲームが並ぶ“本物”のゲームセンターもある。そこは、日本製のアーケードゲームと台湾製のアーケードゲームを備えているが、マレー人は日本のゲームを遊び、華人は日本のゲームと台湾のゲームで遊ぶ。そして、インド人をゲームセンターで見かけることはない。日本のキャラクターグッズを扱うおもちゃ屋もあるが、客は華人ばかりだ。

 マレー人とインド人、そして、華人と、それぞれが同じ空間に集まっているシーンは、インドの“ボリウッド”映画をマレー人が見に来るぐらいで、その交流はほとんどない。商業地にしても住宅地にしても、マレー人とインド人、そして華人の繋がりは薄い。

 ただ、学校では、人種に関係なく同じクラスでマレー人もインド人も華人も一緒に勉強しているわけで、華人に聞いてみると仲良くやっているという。マレーシアの華人向け掲示板では、インド人やマレー人について非難するトピックは少なく、インド人やマレー人を悪くいう文章が出現すると、必ず「悪いこというなよ、仲良くしようぜ」といったフォローが入る。それは、中国で日本を非難するニュースにコメントするスレッドでよく見かける光景に似ていた。

[山谷剛史,ITmedia]


■関連記事
世界最安タブレット「Aakash」の謎をムンバイで探る!
韓国ユーザーの“国産愛”を釜山で知る
「計画停電」と「無能政治」に悠然と立ち向かうネパールのIT事情
「大事なのは見た目より機能!」というインドのデジタル&家電事情
ラオスIT界で成功しつつある中国の逆襲すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6372320/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








tinahimeredさん

この新年の挨拶、正しいですか?

『新年明けましておめでとうございます』

…新年=年が明けたこと。
ってことは上記は、明けて明けましておめでとう…

だったら
『新年おめでとうございます』
『明けましておめでとうございます』
で良いと思うのですが(^-^;

NHKですら『新年明けましておめでとうございます』と言うときがあります。
耳にする度におかしくなるのは私だけですか?

他に理解出来ない日本語ありますか?
補足漢字で書いたら揚げ足ですよ。バカには聞いてません



ベストアンサーに選ばれた回答


haru_nootozureさん


「新年明けましておめでとうございます。」

私もずっとずっとおかしいと思っていました。

昔から母がそれはおかしいと言っていたことの一つです。

「新年おめでとうございます」
もしくは
「明けましておめでとうございます」が正しいですよね。

「頭痛が痛い」と言っているのと同じですね。

あと最近良く聞くおかしな日本語は

「ご注文はこちらでよろしかったですか?」
と聞くウエイトレス&ウエイター。
「よろしいですか」でいいですよね。

それから
「全然、だいじょうぶですよ~」の「全然」の使い方。
「全然」は否定(~でない)の前に使う言葉ではないかと思いますが…

しかし、「全然○○です」ってのは私もつかってしまいます、よく…笑。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114026016
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


学校給食の放射能測定=国が財政支援、福島以外も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00000194-jij-soci


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。