昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 壱岐と対馬の写真にあった懐かしさで胸を締め付けられそうな「日本」の風景

壱岐と対馬の写真にあった懐かしさで胸を締め付けられそうな「日本」の風景

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?




こんにちは、自転車世界一周の周藤卓也@チャリダーマンです。

2006年に自転車世界一周を始めたとき、第1弾として向かったのはオーストラリアと東南アジアでした。そこから一時帰国をはさんで2009年5月から旅を再開しましたが、地元の福岡を離れて、まず向かったのは壱岐・対馬でした。ここから韓国、中国と繋いで今にいる場所まで旅は続いています。地元を離れてそろそろ3年になるのですが、日本が少し寂しくもあります。そんな中でここまでの旅を振り返ると、壱岐・対馬の写真の中に日本があふれていました。日本人ですから日本の風景が一番落ち着きます。だからこそ、紹介してみようと思いました。

壱岐・対馬はここにあります。

大きな地図で見る

2009年5月に地元の福岡を離れました。鯉のぼりの季節でした。


定額給付金が騒がれていた頃です。


博多港から壱岐の郷ノ浦行港きのフェリーに乗って旅が始まりました。


壱岐は「丘の島」でした。現在、島には人口約2万8000人の壱岐市しかありませんが、合併前は郷ノ浦町、勝本町、芦辺町、石田町という4つの町が存在しました。4町それぞれに港と中心街があります。港に面した低地に家々が密集していて、漁業とともに発展してきた様子がうかがえます。そこに魚を食べてきた日本人の成り立ちを感じました。

イルカ鼻の灯台


港に停泊していたイカ釣り漁船


庭先に放置されているウニ殻


壱岐で一番高い展望台がある丘の辻(標高212.8m)。壱岐のほぼ全体を見渡せます。


こちらがフェリーで降り立った郷ノ浦町


すべてが新しかった旅立ちです


観光名所のほらほげ地蔵


断崖と風力発電


勝本町の入口にあるイルカ像


港に面してみっしりと住宅が密集しています


勝本町の漁港


飼料でもつくっているのでしょうか


水の張られた田んぼ。田植の時期でした。



風力発電と田んぼ


黒崎砲台跡。この砲台はワシントン軍縮条約において廃棄されることになった戦艦「土佐」の主砲が使われていました。史上最大の戦艦といわれた「大和」の砲弾と比較されています。


ゴリラ岩(猿岩)。これは本当にそっくり。


ゴリラ岩(猿岩)は歩道にもみかけました。


美味しそうな壱岐牛


壱岐では「日本」を再発見しました。

賑やかな屋台が並んでいました。


生活感があふれる地元のスーパーマーケット。


実は日本のリンゴの大きさってスゴイんです。海外でみかけるのは小さなものばかり……。


無人コイン精米機。治安が悪い海外ではほぼ無理ですから。


「もみすり」「残米ゼロ」「石抜装置付」「低温精米」、日本の技術力があります。


瓦屋根


和包丁。海外の包丁は切れないですよ。


スーパーマーケットには刺身のパックがありました。


3日かけて島を一周して郷ノ浦町に戻りました。

こちらが郷ノ浦町の中心街


切り込んだ湾内の頭上を結ぶ大きな橋


壱岐の郷ノ浦港から対馬の厳原港に渡りました


壱岐が「丘の島」なら、対馬は「山の島」です。最高峰の矢立山は標高648mもあります。こちらも現在、島には人口約3万4000人の対馬市しかありません。合併前は峰町、上県町、上対馬町、厳原町、美津島町、豊玉町という6つの町が存在しました。北部の比田勝港と南部の厳原港から、それぞれ壱岐を経由して博多港、そして国際航路として韓国の釜山港とフェリーで結ばれています。

対馬といったらツシマヤマネコ


これが本当のネコバス!?


そしてシイタケも有名です。


シイタケをイメージしたこんな建物もありました。


産地直売の野菜と果物。シイタケも美味しく頂きました。


対馬のへそ地


対馬の最北端の集落である鰐浦(わにうら)


鰐浦の漁港。


鰐浦のヒトツバタゴは日本最大の群生地で国の天然記念物に指定されています。白い花が咲き乱れています。


前の写真にも「韓国展望所」が写っています。対馬を訪れたからには、韓国人観光客を語らないわけにはいけません。壱岐ではそこまで感じませんでしたが、対馬にはたくさんの韓国人の姿がありました。アウトドアウェアで身を固めた姿が印象に残っています。島内にはハングルの表記も目立っていました。

韓国人観光客で賑わっていた韓国展望所


公衆トイレにもハングル文字


民宿の案内の看板にも


「対馬防衛隊」。少し重々しくもありますが、韓国人観光客を歓迎していますよね?


対馬北部にある比田勝港。たくさんの韓国人観光客が行き交っています。


対馬と釜山を結ぶ高速船「Sea Flower Ⅱ号」


韓国人チャリダーとも仲良くなりました。彼らとはソウルで再会して、お世話になりました。


日本でいうグアムやサイパンのように、韓国でいう対馬は手軽な海外旅行の選択にみえました。インドネシアにもシンガポールの近くにバタムやビンタンという観光の島があります。韓国による反日の事例として何かと話題にあがる対馬ですが、地元の人は「韓国人観光客がいなくなると島内の経済は成り立たなくなる」ともこぼしていました。素敵な場所ですから、日本人もたくさん訪れてみて下さい。

琴の大イチョウ。推定樹齢は1500年とされています。


新緑が気持ちよかったもみじ街道


トンネルをたくさんみかけたのも日本ならでは


オシャレなガーデニング


バス停は冬の厳しい北風を避けるために小屋となっています


穏やかな入り江


民家と柴犬、とってもほのぼのとした気持ちになれませんか。


対馬のちょうど南北の中間に位置し、上島と下島の境になる万関橋。


万関瀬戸の運河。南北に細長い対馬の航路短縮のため、1900年に人工的に開削されました。


小茂田浜神社。ここの近くには元寇の合戦場があり、その際に戦って亡くなった人たちが祭られています。


農作業をする人とトンビ。


椎根の石屋根倉庫。冬季の強い北風を防ぐため、屋根に石を用いたといわれています。


このように屋根に板のように平たい石が使われています


側面から見た様子


見事なバランスで積み上げられて屋根を作っています


どっしりとした貫禄をみせる対馬南部の山


緑しか見えない風景


大きく目だった集落


標高差のあるヘアピンカーブの先には……


海に面して小さな集落があったりします


対馬の中心地である厳原の市街の様子


この壱岐・対馬で新しく組み上げた自転車の調子を試して、「これでは料理できない」とマイ包丁を送ってもらい、洗面器だけではイマイチだったので洗濯板を手に入れたりして、これからの旅の準備を整えました。

そして、対馬の厳原から韓国の釜山に渡ります。旅が始まっていくのでした。


日本にはたくさんの離島があります。利尻島・礼文島、伊豆諸島や小笠原諸島、佐渡島、隠岐島、小豆島、五島列島、奄美諸島、先島諸島……。自分にとって日本の離島を旅することは、自転車世界一周が終ってからの夢の一つでもあります。離島には離島の空気が流れていて旅を感じさせてくれます。今回記事にした壱岐・対馬に限らず多くの離島で過疎化が進んで深刻な問題となっています。だからこそ、訪れることで離島を盛り上げることも大切でしょう。離島は日本という国について改めて考えさせてくれます。

早く日本に帰りたくなりました。

(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com)

・関連記事
アフリカ諸国との格の違いを見せつけられたジンバブエの現状 - GIGAZINE

ザンビアを最貧国と報道してバンブーバイクを売ることが「貧しさ」を作っているのではありませんか? - GIGAZINE

「便座がない」「電球が赤い」と突っ込むことが多いアフリカ安宿事情まとめ - GIGAZINE

マラウイはブラックマーケット、ガソリン不足、インフレーションと経済が混乱中でジンバブエ化の気配も - GIGAZINE

タンザニア、マラウイと全てのアフリカで出会った純粋に生きる子どもたち - GIGAZINE

タンザニアでサバンナを歩くゾウやキリン、思い描いていたアフリカに到達 - GIGAZINE

ルワンダの新しい国づくり、「ジェノサイドの悲劇」から「アフリカの奇跡」へ - GIGAZINE

電気も値札もないウガンダでアフリカがいつまで経っても貧しい理由を理解 - GIGAZINE

西アフリカのどんな国より旅しやすい東アフリカのケニアの魅力について - GIGAZINE

南スーダンでも誤解を受けていた日本の「トイレバイク」 - GIGAZINE

コンゴでマラリアと腸チフスを併発したチャリダーマン、ビザが取れず立ち往生 - GIGAZINE

オムレツスパゲッティ、ブッシュミート、キャッサバ、焼き魚……カメルーンの食は豊かで美味しすぎました - GIGAZINE

日本では考えられない格安携帯「Nokia1280」をアフリカで手に入れました - GIGAZINE

アフリカの携帯電話事情まとめ、街中に携帯の充電屋さんや修理屋さんも - GIGAZINE

主要道すら泥まみれになる英語圏カメルーン道路網の貧弱さと南カメルーン連邦共和国の独立運動 - GIGAZINE

NEXT11として経済発展が期待されるナイジェリアの現況とこれからの可能性 - GIGAZINE

旅人としては勧めたい、純粋で優しい人々に囲まれたナイジェリア旅行記 - GIGAZINE

トーゴ、ベナン、ナイジェリアとギニア湾岸にある魅力の国々と人々の笑顔 - GIGAZINE

どこにでもあるアイスが証明、西アフリカで一番経済発展が進むガーナ - GIGAZINE

激安2000円台のエコツアー、ガーナの大自然の川で野生のカバを見てきました - GIGAZINE

特大マンゴー1個10円、ギニアとマリはマンゴーパラダイスでした - GIGAZINE

巨大樹とオカダがある西アフリカのシエラレオネ、内戦からの復興中のこの国で明るい未来への可能性をみました - GIGAZINE

ケボからボケまで、ギニアビサウとギニアの未舗装の小さな国境ルートはびっくりするほどアフリカでした - GIGAZINE

旧イギリス領と旧フランス領の違い、セネガルに囲まれた小国ガンビアが紳士の国だった不思議について - GIGAZINE

セネガルの首都ダカールで黒人奴隷の歴史が残る負の世界遺産ゴレ島に行って来ました - GIGAZINE

黒人国家のセネガルから始まるアフリカらしいアフリカ、フランス風の街なみが残る世界遺産サン=ルイ島を訪れました - GIGAZINE

砂がすべてを支配するモーリタニアの首都ヌアクショットの日常と、日本を感じるご飯料理 - GIGAZINE

誰も寄せ付けないサハラ砂漠が広がる西サハラで営まれている大自然の美しさとそこで働く男達 - GIGAZINE

モロッコ南部、西サハラのどこまでも広がる果てないサハラ砂漠の美しさと道路を横切る野生のらくだ達 - GIGAZINE

美味しいモロッコ料理とたくさんの旅行客が訪れるマラケシュの賑わい、そしてサハラ砂漠を目指す旅人達について - GIGAZINE

スペインで新年最初に開くお店はなんでしょう?スペイン流の大晦日と新年の祝い方 - GIGAZINE

日本から自転車でユーラシア大陸最西端のポルトガルのロカ岬へ辿り着いて想う事 - GIGAZINE

ピレネー山脈の小国アンドラ公国で深い雪に覆われた標高2408mの峠を自転車で越えたら、ホームステイとテレビインタビューが待ってました - GIGAZINE

目標100カ国100,000kmの自転車世界一周、これまでの52カ国65,000kmで撮影した美麗な光景の写真集 - GIGAZINE


記事全文へすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6378943/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








tugumi_1107さん

雅子さまが『新年祝賀の儀』をドタキャンしたって本当ですか??
ニュースで皇太子ご一家が新年祝賀の儀に皇居へと向かわれる映像をみました。

5年ぶりの祭祀とのことで
”随分回復されたんだな~!”
”最近の雅子さまは張り切ってらっしゃるな~!”
と思いながら、ニュースを観ていました。

が、その後の新年祝賀の儀の映像には、雅子さまがいらっしゃいませんでした。
またドタキャンをされたのでしょうか?

だとしたら、雅子さまの『その後』についての報道がされないのは何故でしょうか??

多くの国民は、新年祝賀の儀に皇居へ=ご出席された
と思っているのではないですか??




ベストアンサーに選ばれた回答


zerokarahyakuさん


雅子さまは新年祝賀の儀は欠席されました。
ニュースでは正装され皇居に向かう雅子さまの姿が映され、いかにも出席されたように見せていますが、実は肝心の儀式は欠席しています。これはいかにも出席されるかのような皇居に向かう車中の雅子さまと実際の新年祝賀の儀の様子です。http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1230813011490.jpg

多くの国民がこの印象操作?ともとれる報道に勘違いしてしまうと思います。その後の報道がなぜされないのかは分かりません。むやみに国民の心配や憶測を荒立てたくないのでしょうか?もうそんな工作もいらないと思いますが。こういうことは今までに何度かあり、一部ではもはやネタになりつつあります。ニュースで”雅子さま○年ぶりに出席”・・・・「で、本当はどうだったの?車内の映像じゃなく実際に出席している映像(証拠)見せてよ(笑)」ってね。ぬか喜びしたくなければ騙されないようにしましょう。
ちなみに1月7日の「皇霊殿の儀」で雅子さまは5年ぶりに祭祀をされたという報道しか大きくされていませんが、その後の「御神楽の儀」は欠席されています。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422067004
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


岩手沿岸部 児童生徒減少止まらず 少子化に震災追い打ち
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120318-00000008-khks-l03


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。