昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 「人妻に手を出す不倫男もいる・・・・」 高岡蒼佑が「ツイッター」復活

「人妻に手を出す不倫男もいる・・・・」 高岡蒼佑が「ツイッター」復活

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


俳優の高岡蒼佑さん(30)が2012年3月25日、「ツイッター」を再開し、芸能界に対する不満をぶちまけている。その中で「不倫問題」にも触れている。
これは、元妻で女優の宮崎あおいさん(26)とジャニーズのアイドルグループ「V6」の岡田准一さん(31)に関係するものではないのかとネットで憶測が広がっている。
「何であんな阿呆共を庇わなきゃいけない?」
高岡さんは2011年7月に「TV局の韓国おし無理。 けーPOP、てめーの国でやれ」などと「韓流偏重」を「ツイッター」で指摘し、大規模なフジテレビデモのきっかけを作った。しかし、この「事件」がきっかけとなり所属事務所を移籍、宮崎さんとも離婚した。11年10月には「自分は未熟だった」などと一連の発言を謝罪し、「ツイッター」や「ブログ」は辞めると宣言していた。
高岡さんは、再開したツイッターで、出演した舞台「金閣寺」を必ず成功させるために我慢してきたが、無意味な気まずさを感じさせられ、いつも問題児扱いされるのは自分だった、と記した。そして、本当に社会的に悪なのは誰なのか、としたうえで
「ここまでされて何であんな阿呆共を庇わなきゃいけない?」と呟いた。なおも激しい芸能界批判は続き、女性の手を引っ張っただけで不倫男と言われ続ける男もいれば
「旦那が海外に行ってる最中に人妻に手を出す不倫男もいる」と意味深なことをつぶやいた。
そして、自分は悪者になる覚悟があったけれど、その後の対応がお粗末過ぎた。芸能界の汚さと、取り巻きの汚さのど真ん中に置かれた、と告白。
「自分はこのまま終わらすつもりもない。だから戦う」と結んでいる。
これらのツイートを読むには承認が必要で、限られた人にしか公開していないが、ツイートのコピーがネット中に出回った。
ネットでは、高岡さんは何について怒っているのか、誰をこれまで庇ってきたのか、これから誰と戦おうとしているのか、ということが議論になっている。中でも「人妻に手を出す不倫男」という部分が注目されている。
高岡をこれからも全力で支えると所属事務所
高岡さんと宮崎さんは11年12月28日、連名で離婚届を出したことを報告した。世間的にはテレビ局批判をした夫に愛想を尽かした妻、といった構図で語られ、高岡さんは「自分が妻を大事にしてあげなかったこと」などと話していた。
だが、「週刊文春」の12年1月5日・12日新年特大号は、宮崎さんと「V6」の岡田さんとの不倫疑惑を報道した。
その記事によると、フジテレビ騒動の真っ只中だった昨年8月、高岡さんは舞台出演でニューヨークにいたが、宮崎さんとは電話もメールもほとんど繋がらなかった。何が起こっているのか調べた高岡さんは、妻と岡田さんの関係を突きとめ、11年12月6日の夜に岡田さんと会い謝罪させた、という。記事では、離婚届に判を押したのは、宮崎さんの行動は自分の責任だという悔い、舞台「金閣寺」で「V6」の森田剛と競演するため仕事仲間に迷惑は掛けられないという思いだったという高岡さんの関係者の証言を紹介している。
ネットでは、今回の高岡さんのツイートの内容は、「週刊文春」の記事を踏まえているのではないのか、などと話題になっている。
高岡さんの所属事務所NOW HEREに話を聞いてみたところ、高岡さんから「ツイッター」を再開したいという申し出があり、許可を出したという。書いている内容については、高岡さん個人が自身の判断で発信しているものだが
「どのような反響があったとしても、当事務所としては全力で高岡を支えていくつもりです」と話している。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
高岡蒼甫はヘタレの「裏切り者」なのか? 自筆の「謝罪文」発表にファンは複雑古賀氏「ワイド!スクランブル」降板騒ぎ テレビ朝日に視聴者から抗議殺到で「撤回」?煙草NGギャルに猛アピール 株価上昇「ロールキャベツ男子」


http://news.livedoor.com/article/detail/6408455/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








miwakoskyさん

新年の挨拶はいつまでですか。
人にあった時に、新年の挨拶「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」
と、言うのはいつ頃まででしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答


masaka5155さん


一般的なのは、松の内といわれる正月7日までです。それを過ぎたら、単に
「今年もよろしくお願いします。」でいいと思います。
なお、地方によっては、小正月といわれる15日までのところもあるようです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410430209
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


酒田港 被災港の代替役担ったが、ハード面の限界露呈
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120328-00000009-khks-l06


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。