昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 企業の「ミャンマー詣」活況 安い人件費、消費市場としても魅力

企業の「ミャンマー詣」活況 安い人件費、消費市場としても魅力

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


企業の「ミャンマー詣」が盛んだ。政府開発援助(ODA)の再開などでミャンマーの経済発展を政府が「後押し」。大手商社の丸紅や住友商事、双日なども工業団地などのインフラ整備に力を注ぐほか、人口6000万人という潜在的な消費市場を期待して「100円ショップ」のダイソーが出店するなど、呼応した。
日本だけではない。韓国も外交通商部のキム・ソファン長官が27年ぶりに訪問するなど、虎視眈々だ。
人件費だけじゃないミャンマーの「魅力」?
ミャンマーは毎年4月、「水掛祭り」といってミャンマー暦の新年を祝う祭りが催され、企業活動の多くが「休止」状況になる。それが2012年は一変。日本や韓国、中国の要人らが「集結」した。
日本貿易振興機構(JETRO)が2012年3月に行った「JAPAN FESTIVAL」には、自動車部品メーカーから化粧品メーカーまで約50社が出展し、大盛況だった。また、ヤンゴン市内にあるミンガラドン工業団地には11年以降、800社を超える外資系企業が視察に訪れた。じつにその7割超が日本企業だったそうだ。
JETROのヤンゴン駐在員事務所は、毎週のように訪れる日本からの視察団の受け入れに多忙を極め、「ホテルは満杯。往復の飛行機のチケットもなかなか取れない」状況が続いているという。
ミャンマー進出のメリットは「人件費の安さ」にある。JETROもそれは認めるが、「とにかく、労働力の質が高いことがあります」(JETROアジア経済研究所)と指摘。いまや「中国に続く製造拠点」としての期待も高まっている。
それもあって、縫製工場などの進出は早かったし、中小企業も意欲的。今後も「縫製や食品インフラなどが先行するものと思われます」とみている。
そうした中で、大手商社の丸紅は首都ネピドーに駐在員事務所を構え、ヤンゴンとの2か店体制を敷いた。インフラ整備や資源プロジェクトへの参画機会を探るのが狙いだ。
また金融関連では、みずほコーポレート銀行が日本企業のミャンマー進出を支援するため、ヤンゴン駐在員事務所を4月6日に開設。大和証券グループと東京証券取引所も4月11日、ミャンマー中央銀行とのあいだでミャンマー証券取引所の設立を支援することで合意した。
「雪解けムード」で一変
米政府はミャンマーへの経済制裁措置を段階的に緩和すると、4月4日にヒラリー・クリントン国務長官が発表した。ミャンマーに対する金融サービスの提供や新規投資も可能になるため、米国企業のミャンマーへのビジネスチャンスも高まりつつあるだろう。
ミャンマーは、埋蔵量が豊富な天然ガスなどの資源開発や、大規模工業団地などの社会インフラ整備への関心も、また消費市場としての潜在力も高い。過去20年にわたって欧米から経済制裁を受けてきた、そんなミャンマー情勢は一変。「雪解けムード」で、欧米からはミャンマーに投資がなだれ込んでくる。
ただ、日本にとってミャンマーの軍事政権は長年アウン・サン・スー・チーさんを軟禁し、その政治活動を封殺してきたこと、また2007年に取材中の日本人ジャーナリストが治安部隊に射殺された事件もあって、微妙な存在であるともいえる。
JETROによると、ミンガラドン工業団地を視察に訪れた外資系企業のうち、実際に入居を決めたのは台湾企業と韓国企業で、日本からの新規参入は1社もなかったという。
たしかに電力不足など懸念材料がないわけではないが、「慎重」すぎて韓国や中国などに先を越される懸念もある。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

関連記事
鳩山元首相イラン行きに「悲鳴」 「羽交い締めにしてでも止めて」の声中国と日本、相互に国債購入 金融面では「持ちつ持たれつ」の関係に「殺処分」されたネコが起こした奇跡


http://news.livedoor.com/article/detail/6527363/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








oseugatsuさん

還暦祝いは、新年に行ってもよいのでしょうか





ベストアンサーに選ばれた回答


hideyosi12345さん


「還暦祝い」は現在では60歳のお誕生日のお祝いとなりましたが、
その昔は新年を迎えたお正月の行事で、数え年61歳の“長寿”のお祝いでした。

昔は「数え年」と言う年齢の数え方があり、生まれた時を1歳として、
お正月が来るとみんな揃ってひとつ歳をとりました。だからお正月に61歳の還暦の
お祝いをしたんですね。
数え年では、12月31日の大晦日に生まれた赤ちゃんは、翌日の1月1日には
もう2歳になっていたんです。つまり実際の年齢プラス2歳ということです。
一方で1月1日生まれの方は、いつも実際の年齢プラス1歳が数え年です。

しかし、数え年の習慣は、現在ではすっかり廃れました。
そのため、60歳になる年のお正月ではなく、
“60歳のお誕生日”に還暦を祝うようになりました。

ですから、新年に行うのが本当なのです。


その他にも以下のサイトが参考になります。
http://還暦祝い.chew.jp/2007/06/xn--n8ja9gjw0144fhn1ayy2b.html


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1246404592
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


企業の「ミャンマー詣」活況 安い人件費、消費市場としても魅力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120503-00000003-jct-bus_all


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。