昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ [土曜版] ハン・ホングの維新と今日 ⑨ユン・ピルヨン事件 私の目に土が入っても(死んでも)‘後継者’はいない

[土曜版] ハン・ホングの維新と今日 ⑨ユン・ピルヨン事件 私の目に土が入っても(死んでも)‘後継者’はいない

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


原文入力:2012/05/18 20:04(6958字)

朴正熙 死の前兆‘ユン・ピルヨン事件’

←裁判当時のユン・ピルヨン、前列右端がユン・ピルヨン

 1973年4月28日夕刊新聞は当代の権力者として権勢をふるった首都警備司令官ユン・ピルヨン少将が横領などの容疑で懲役15年の刑を宣告されたと報道した。 この事件は朴正熙時代を理解する上で、ひいてはその後に続いた全斗煥時代を理解する上で非常に重要な意味を持つ。 ユン・ピルヨン事件については当事者ユン・ピルヨンをはじめとして事件の捜査責任者であった保安司令官カン・チャンソン、事件を密告したソウル新聞社社長シン・ボムシクなど関連者の多くが詳細な証言を残した。 これを通じて私たちは事件の大まかな輪郭を把握できるが、事件の全体像については関連者の誰も明快な証言を出していない。 驚くべき諜報網を誇った米国さえもこの事件についてだけは混沌と情報不足に陥っていた。 もしかしたら事件の全体像を把握している人は朴正熙ひとりであったかも知れない。
 維新体制の成立過程で発生したユン・ピルヨン事件は、朴正熙が決してNO.2を許諾しない性格で、朴正熙の退任や後継体制を論じること自体が最高の不敬罪であることを見せる事件だった。すでに朴正熙は12年前にサングラスをかけて突然登場したその時の朴正熙ではなかった。 この事件を通じて朴正熙は権力集団内部であたかも‘天皇’のような超越的な権威を持つ存在として登場した。 諸葛亮が泣いて馬謖を斬ることによって軍令の至厳を示そうとしたとすれば、朴正熙は去る20年間 自身を影のように補佐してきたユン・ピルヨンを投げ出すことによって権力の冷酷さを見せようとした。 権力自体が野卑なことだが、その権力を振り回した権力者はさらに野卑だった。

←法廷で頭を下げて立っているユン・ピルヨン。朴正熙の死を持たらした構図は朴正熙自身だけが全貌を知っているユン・ピルヨン事件から構成されたのだ。

3省将軍、陸軍参謀総長が挨拶に来る

 朴正熙は5師団長時期に出会ったユン・ピルヨンを寵愛して、7師団長、1軍参謀長、軍需基地司令官、1管区司令官など新しい職務を引き受ける時にはほとんどユン・ピルヨンを連れて行った。 5・16軍事反乱当時、ユン・ピルヨンはいわゆる‘革命主体’ではなかったが、朴正熙との個人的な縁のおかげで最高会議議長秘書室長または、秘書室長代理として、陸軍防諜隊長、首都警備指令官として20年間にわたり最側近として朴正熙を補佐した。 ユン・ピルヨンは陸軍防諜隊長であった1965年5月ウォン・チュンヨン大佐らが主導したクーデター謀議を摘発する功績を立てた。 1960年代初期に発生した多くの反革命事件は事実は全て捏造されたものだったが、ウォン・チュンヨン事件だけは兵力動員が計画された実体のある事件だった。

 陸軍士官学校8期中、初めて星を付けて少将に進級したユン・ピルヨンは猛虎部隊長としてベトナムに行って帰ってきて1970年1月に首都警備司令官に任命された。 この時、中央情報部長はイ・フラク、大統領府警護室長はパク・ジョンギュ、保安司令官はキム・ジェギュであり首都警備指令官ユン・ピルヨンまでの4人が朴正熙体制を物理力で支えていた。 朴正熙はこれら軍の側近を適当に競争させて互いに牽制させながら権力を管理した。 陸軍士官学校の期数では2期のキム・ジェギュが8期であるユン・ピルヨンよりはるかに先輩だったが、年齢は1926年生まれのキム・ジェギュがユン・ピルヨンより一歳多かっただけだ。 二人のきっ抗した神経戦はユン・ピルヨンの果敢な攻撃で終わった。 首警司内の保安部隊が自身の電話を盗聴していることに感づいたユン・ピルヨンは1971年8月 憲兵隊を動員して首警司領内の保安隊事務室を閉鎖して盗聴テープを押収した。 キム・ジェギュは1ヶ月後に保安司令官を解任されて3軍団長として出て行った。この事件を契機に軍部内でユン・ピルヨンの地位は一層高まった。

 世間では三角地(サムガクチ)の陸軍本部の他にユン・ピルヨンの首警司を筆洞(ピルトン)陸軍本部と呼んでいた。 キム・ジェギュが退いた後、朴正熙は国防部長官や陸軍参謀総長人選などの軍人事をユン・ピルヨンと相談したという。 そのためにユン・ピルヨンの家には3省将軍ら軍の先輩が新年の挨拶に来て、陸軍参謀総長が挨拶に来るという笑えないことが起きたという。 表面から見ればキム・ジョンピルがNO.2だ、イ・フラクがNO.2だ、チョン・イルグォンがNO.2だと言っていたが、本当のNO.2は別にいたわけだ。

 ユン・ピルヨンの権勢が強まると色々な物議も生じることになった。 1968年1・21事件当時、ユン・ピルヨンは北側から浸透した特殊部隊員キム・シンジョを捕らえた当日、防諜隊会議室で記者会見を行わせることにした。そこでキム・シンジョは浸透の目的がなにかという質問に「朴正熙の首を取りに来ました」と答えて衝撃を与えた。 ユン・ピルヨンは数日間キム・シンジョに転向教育を受けさせた後、すっきりした服を着せて一緒にテレビに出て、彼がどれほど自由大韓によく適応しているかを誇示した。 キム・ヒョンウクの中央情報部はユン・ピルヨンが戦果を誇示するために武装共産軍を英雄に仕立て上げたとわめいた。 1971年6月27日にはユン・ピルヨンの自宅警備憲兵によって窃盗犯にされたある青年が射殺される事件まで発生した。

 ユン・ピルヨンという名前は次第に政界を越えて大学街にまで知られた。1971年9月30日高麗(コリョ)大学校では代表的な不正蓄財者3人としてイ・フラク、パク・ジョンギュとともにユン・ピルヨンを挙げる大字報が貼り出された。 数日後の10月5日未明、首都警備司の憲兵30人余りが高麗大に乱入して学生5人を首警司へ連行していく事態が発生した。 教練反対デモが真っ最中だった状況で軍人の高麗大乱入事件は燃える人に油を注いだようなものだった。大学街の糾弾デモは手のつけようもなく広がり、朴正熙政権は結局10月15日に衛戍令を発動して各大学は軍靴で踏みにじられた。

朴正熙のそばで20年にわたり補佐
首都警備司令官として常勝疾走
中央情報部長イ・フラクと手を握り
"次はお兄さん" の一言で…

ユン・ピルヨン不敬罪で監禁された後
‘DJ拉致事件’イ・フラクも没落
キム・ジェギュが中央情報部長に座り
朴正熙の最期が近づいた

イ・フラク勢力と反イ・フラク勢力間の暗闘

 維新を断行する以前にも朴正熙はNO.2を容認しようとはしなかった。 誰かが少し頭を出したと思えば他の側近の牽制が集中した。 キム・ジョンピル勢力が刃物で刺され、キム・ソンゴンら4人体制も没落した。 維新を前後する時期に中央情報部長イ・フラクの役割が増大した。 イ・フラクが平壌(ピョンヤン)に行き金日成に会って戻り7・4南北共同声明を引き出すや彼の大衆的人気は大きく沸き上がった。 維新の企画と実行過程でイ・フラクの役割は明確だった。 ユン・ピルヨンも初めはイ・フラクを牽制したが、イ・フラクに対する朴正熙の信任が厚いのを見て、彼と手を握った。 首警司参謀長だった准将ソン・ヨンギルはイ・フラクの蔚山(ウルサン)農高後輩でもあった。 1957年に朴正熙の専属副官となって以来、朴正熙・陸英修 夫婦の寵愛を受けたソン・ヨンギルは、朴正熙体制の支えでなければならない中央情報部長と首都警備指令官が不仲ではいけないと見て両者の和解を斡旋した。

 イ・フラクとユン・ピルヨンが近づくことを彼らのボスである朴正熙は望まなかった。 朴正熙ばかりではなかった。 10年近く警護室長を務めてきたパク・ジョンギュは中央情報部のような膨大な組織を率いてみたがった。 ピストル パクと呼ばれたパク・ジョンギュが最も気兼ねした人は陸英修女史であった。 陸英修は夫の浮気に敏感な反応を見せ、パク・ジョンギュを責め立てたので、パク・ジョンギュは大統領府本館に上がるのが屠殺場へ行くような気分だと苦しがったという。 大統領府からの脱出を夢見たパク・ジョンギュはキム・ヒョンウクが退いた跡を狙ったが、中央情報部長の椅子はキム・ゲウォンをしばし経て、イ・フラクに渡った。 中央情報部長を任されたイ・フラクは舞い上がり、ユン・ピルヨンは勢力を大きくして頷けばその椅子を受け継ぐこともできる状態だった。

←ユン・ピルヨン事件を報道した1973年の東亜日報記事

 キム・ジェギュの後に保安司令官を務めたカン・チャンソンはイ・フラク-ユン・ピルヨンの構図に対抗して、パク・ジョンギュと手を握った。 これら4人以外に朴正熙の側近がもう一人登場する。 大統領府報道官と文化公報部長官を務めた後にソウル新聞社社長であった朴正熙のゴルフ パートナー シン・ボムシクだ。 ユン・ピルヨンがイ・フラクと群れを作って朴正熙が老いぼれたので退かせ、次は‘お兄さん’(イ・フラク)がやらなければならないという不敬な話をしていると朴正熙に告げ口したのがまさにシン・ボムシクだ。 シン・ボムシクも自身がユン・ピルヨン事件で一定の役割をしたことを否認はしない。 ただし彼は自身のゴルフ場で朴正熙にユン・ピルヨンの話をしたのは維新直後の1972年10月末で、事件が起きてユン・ピルヨンが捕えられたのは翌年3月で相当な時間差があるという点を強調した。 チョ・カプジェは 「この事件の発端となったシン氏の話とユン将軍の拘束の間に長い時間が流れたのは、この事件がある勢力によって熟成、醗酵される過程を経たという推定を可能にする」と見た。 耳が薄く(人の話に影響されやすく)疑い深い朴正熙に対して反イ・フラク勢力が団結して共同歩調を取ったということだ。 イ・フラク自身もマスコミとのインタビューでこの事件の標的は自身だったと話した。

 朴正熙からユン・ピルヨンを調査して必要ならばイ・フラクも捕らえろとの特命を受けた保安司令官カン・チャンソンは後にマスコミとのインタビューで自身は同期生であるユン・ピルヨンを助けて事件がイ・フラクに拡大することを防ぐために努力したと弁解するが、実際に事が進行されたのを見れば全くそうではなかった。 カン・チャンソンは表面ではユン・ピルヨンを助けるフリをしながら盗聴装置を仕掛けた飲食店にユン・ピルヨンを呼び出し、誘導尋問をしてその内容を保安司で適切に加工して朴正熙に報告した。 朴正熙はユン・ピルヨンに関する良くない話をシン・ボムシク一人だけから聞いていたわけではなかった。 朴正熙はカン・チャンソンにユン・ピルヨンを調査する時、全斗煥が内容をよく知っているから彼を呼んで尋ねろといったという。

 ユン・ピルヨンがハナ会の大物だったというが、ハナ会を育てたのはユン・ピルヨンだけではなかった。 全斗煥とユン・ピルヨンの関係もよく知られているように緊密な間柄ではなかったという。 ユン・ピルヨンと親しかったのはむしろ何度も一緒に勤めた盧泰愚であった。 連隊長であった盧泰愚はソウルにくればユン・ピルヨンのところにしばしば立ち寄ったが、ユン・ピルヨンは朴正熙の健康が優れず長くは生きられないとか、女色はなぜそんなに盛んなのかという‘失礼な’話をよくしたという。 この話は時には直接、時に全斗煥を通じてパク・ジョンギュに伝えられ、パク・ジョンギュは全斗煥が朴正熙に直接この話をする席を用意したということだ。

←1972年7月警護室長ゴルフ大会でユン・ピルヨン首都警備司令官(右側)がパク・ジョンギュ警護室長から賞品を受け取っている。 8ヶ月後、二人は戻っては来れない川を渡る。(上写真) 1962年最高会議秘書室長ユン・ピルヨン(左側)が民願秘書官である全斗煥少佐と碁を打っている。

ユン・ピルヨン事件は朴正熙の死の序幕

 カン・チャンソンはユン・ピルヨンらを調査する過程で陸軍士官学校11期以下の将校でハナ会という秘密私組織があることを明らかにした。 カン・チャンソンは事件を拡大してハナ会に対する本格的な捜査を準備した。 この時、捕った民間人が全斗煥と盧泰愚の執権時期に金融街の皇帝として君臨したイ・ウォンジョ(当時第一銀行厚岩洞(フアムドン)支店次長)であった。 第1空輸旅団長全斗煥はイ・ウォンジョが捕えられたという話を聞いて顔色が変わり、その日から数日間は部隊外に出なかったという。 全斗煥は部隊内にちっ居しながらパク・ジョンギュと連絡し、パク・ジョンギュに会った後にはじめて家に帰ったという。

 首都警備司令部参謀長で陸軍士官学校11期の先頭走者であったソン・ヨンギルは調書用紙の次のページに唾を塗って鉛筆でギュウギュウ押して書いて、一見文字が見えない手紙をこっそりと全斗煥に送ったという。 彼はユン・ピルヨンが防諜隊長の時から連れまわした下士官チェ・ヨンナクが保安司でひどく拷問されてむだな話をたくさんして状況が複雑になったとして、全斗煥と盧泰愚に外から救命運動に努力することを頼んだ。 ソン・ヨンギルは全斗煥と盧泰愚が位官将校時期に反革命事件にかかわって危険な状況に陥った時、積極的に彼らを救命した経緯がある。 しかしソン・ヨンギルが苦境に立たされた時、全斗煥は彼自身が存亡の危機に置かれているとみてソン・ヨンギルの救命運動には乗り出さなかった。

 危機に陥った全斗煥、盧泰愚を助けたのはパク・ジョンギュとソ・ジョンチョル(国防部長官),チン・ジョンチェ(朴正熙の大邱(テグ)師範後輩で全斗煥の前任保安司令官)等、嶺南(ヨンナム)出身将軍だった。 彼らは朴正熙にカン・チャンソンを保安司令官にそのまま置けば 「慶尚道(キョンサンド)将校の種が滅びる」として、朴正熙自身が軍隊内の親衛隊として育成したハナ会が焦土化することを防ぐことを要請した。 ユン・ピルヨンを逮捕したカン・チャンソンは嶺南軍閥の反撃で保安司令官から追われ、少し後に予備軍編入をさせられた。 ユン・ピルヨン事件にかかわって無罪判決を受けたが、軍服を脱いだクォン・イギョン(陸軍士官学校11期、民正党代表歴任)は出獄後に全斗煥、盧泰愚など同期生らと松湫(ソンチュ)遊園地に遊びに行き、カン・チャンソンに偶然に会ったが、クォン・イギョンが黙って頭突きで殴り倒したという。 いくら被疑者だとはいえ、一国の将軍を捕まえひどい拷問を加えたカン・チャンソンは全斗煥らの新軍部が執権した後に三清(サムチョン)教育隊に連行された。

 ユン・ピルヨンは大きく見ればクーデター陰謀、小さく見れば不敬罪で捕えられたが、朴正熙とカン・チャンソンは彼を破廉恥な不正蓄財者として処罰した。 朴正熙の女色を論じた不敬罪のためなのか、事件の判決文や背景に関する解説は、これらが‘蕩女や遊女らと交わって放蕩生活を溺れ’たとし、致富と猟色行為をしたとし‘1951年民族の名前で断罪された国民防衛軍事件被告人も面目を失う人面獣心の享楽を満喫’したと非難した。 東亜日報は社説で‘とても耳で聞くこともできず、目で見ることもできず、口で言えない内容とその仕業が判決文の中に綴られている’と書いた。 ユン・ピルヨンは事件が保安司によって拷問により捏造されたという理由で最近再審で無罪判決を受けた。 この再審はユン・ピルヨン自身ではなく、彼が死亡した直後に息子が請求したのだ。 自身の主君が加えたあくどい刑罰を最後まで甘受することがユン・ピルヨンの最後の忠誠であったのか、意地に満ちた報復であったのか?

 ユン・ピルヨン事件で引き金が引かれ大規模な事件が連鎖的に起き、その余波で朴正熙周辺の権力構図が大きく変化した。 大統領府秘書室長キム・ジョンニョムを除いては核心側近皆が途方もない渦の中に巻き込まれた。ユン・ピルヨンは監獄に行き、中央情報部長の椅子から退いていたキム・ヒョンウクはユン・ピルヨンが捕えられるやすぐに名誉博士学位を受けるという口実で台湾に脱出し米国に亡命してしまった。 イ・フラクはユン・ピルヨン事件で揺らいだ立場を挽回するために金大中拉致事件に積極的に取り組み交替させられ、カン・チャンソンは兎死狗烹された。金大中拉致事件は在日同胞社会に反朴正熙情緒を爆発させ、ムン・セグァンの朴正熙狙撃未遂(陸英修 逝去)事件を産み、警護室長パク・ジョンギュはその責任を負って辞任した。 その後任者になったのがチャ・ジチョルで、中央情報部長の席はシン・ジクスを経てキム・ジェギュに戻った。 朴正熙の死を持たらした構図は朴正熙自身だけが全貌を知っているユン・ピルヨン事件から仕組まれたわけだ。






ハン・ホング(韓洪九)は
おもしろい現代史コラムの世界を開いてくれたヒゲオヤジ歴史学者。聖公会大教養学部教授、平和博物館常任理事として仕事をする。 2004年から3年間、国家情報院過去史委員会で活動し、<ハンギョレ> <ハンギョレ21>に‘歴史の話’と‘司法府-悔恨と汚辱の歴史’を連載した。著書に<大韓民国史> 1~4巻と<特講>、<今この瞬間の歴史>がある。’維新と今日’は隔週で連載される。

原文: http://www.hani.co.kr/arti/opinion/column/533525.html 訳J.S
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
"ノ・ゴンピョン、多額金銭 関連ないかも" 180度 言葉を変えた検察"政治的問題に過剰捜査" 市民社会団体 反発・憂慮"霊光(ヨングァン)原発事故がソウルを襲えば47万人 死亡"


http://news.livedoor.com/article/detail/6576299/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








lemon_nokissさん

新年あけましておめでとうございますぅ。。♪
2011年。年明けに初kissやエッチしちゃった人多いですかぁ?☆
レミのお風呂あがりですぅ。。☆
ベッドの中で。ゴロゴロしちゃってますかぁ~?♪^^
今年もよろしく~☆





ベストアンサーに選ばれた回答


purepurekozさん


レミちゃん、あけましておめでとうございます^^
年末もなかなかご挨拶にもこれず、だいぶ乗り遅れての参上でぇす♪♪

新年早々にまぶしいレミちゃんを拝めて、おっちゃんは嬉しいょ・・・(T T)

えーー(><)
もちろんまだです・・・まだまだまだまだ・・・・(・・)ズゥゥン・・・

レミちゃんはもうすぐチュー&エッチかしらん?
今年も幸せお裾わけお願いしますっ!!(笑)

2011年もどうぞよろしくお願い致します☆
レミちゃん、今年も仲よくしてねーー!!いつもありがとうね(^^)♪


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1152957951
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


学校運営にタリバーンの影響力強まる アフガン農村部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000020-cnn-int


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。