昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 「主婦パート宣言」で「口ベタ企業」脱出!--しまむら社長

「主婦パート宣言」で「口ベタ企業」脱出!--しまむら社長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大しまむら社長野中正人1960年、群馬県生まれ。84年中央大学法学部卒業、しまむら入社。98年商品四部長、99年経理部長、2003年取締役、05年より現職。「2年前の減収減益がベクトルのブレを修正するいい機会になりました」■トレンドを提案しつつ
「安さ」をブランドにする
私自身が「口ベタ」なので、偉そうなことは言えない。しまむらという会社もメディアへの露出を控えめにしてきたので、あるいは口ベタ企業だったと言えるかもしれない。だが、いま「ブランド化」をテーマに、口ベタ脱出を図っている。
私は、新卒から26年間ずっと、しまむらで働いてきた。振り返ると、世の中が10年区切りで動くのに合わせて、しまむらも進化を遂げてきた。
戦後のモノのない時代から1980年代までは、商品が豊富に揃っていることに価値があった。私が入社した当時は、店舗内に商品が邪魔なほど溢れていた。ところが次第に「安いだけ」では通用しなくなった。品質が伴わなければ、いくら安くても売れないのだ。そこで、「安くて、品質のいいものがありますよ」が店の基本になった。
90年代に入ると、品質だけではなく流行に乗った商品が求められるようになった。しかし、トレンドを追い求めると、読みが外れたときのリスクが大きい。90年代初めは、他店の店頭で売れている商品を調査して、2、3カ月後には店頭に並べるようにした。流れがゆっくりしていたので、たとえ半歩か一歩遅れることになっても、十分に商売になった。
2000年代に入ると、半歩の遅れでは売れなくなってしまった。トレンドのサイクルが非常に短くなる一方で、しまむらの店舗数は1000店を超えるようになり、2、3カ月の遅れでは新商品を投入できなくなった。こうなると、もはや流行の一番先頭を走る以外にない。情報収集力をつけ、極力当たり外れのリスクを回避するようにしよう──。これが00年代、最初の10年の方針だった。
チラシのキャッチコピーも「散歩がてらにお気楽に」から「トレンドを提案する」しまむらに変更。毎年、年に4~6回商品部の社員をパリ、ロンドン、ミラノ、中国といった最先端のマーケットに派遣し、最新のファッション情報をいち早く収集することに努めた。その結果、「案外、最新のファッションが揃っている」という声を、お客様からいただけるようになった。また、我々も、商品のラインアップにある程度の自信がもてるようになった。
この自信が、口ベタ企業からの脱出の背景にある。これからの10年、しまむらは「ブランド化」に取り組んでいくつもりだ。
ブランド化などと言うと、「らしくない」と思われるかもしれないが、むろんシャネルやグッチのような高級ブランドになろうというわけではない。
私の考えるブランド化とは、「お客様に明確なイメージをもってもらえる」ということだ。たとえば、トヨタ自動車の「カローラ」には、多くの人が「燃費がよくて、価格が安い」といったイメージをもっているだろう。これこそブランドだ。カローラと聞いて、「自動車だよね」という答えが返ってくるようではダメ。しまむらと聞いて、「衣料品店だよね」という答えが戻ってくるようではダメなのである。
では、しまむらがブランドになるための絶対的な必要条件とは何か。それは、「安さ」だ。つまり、「しまむら安心価格」が大前提。しまむらは20年以上前から、いわゆる消し札(値下げ札)を一切使わずに、「この品質でこの値段だったら、絶対に安いと感じてもらえる」という値付けをしてきた。いくら高品質でも、価格が高ければ、しまむらの存在価値はなくなってしまうだろう。
素材・機能・品質、それにトレンドの面で十分満足いただけるレベルにあり、そのうえで、「にもかかわらず、圧倒的に安い」という形容詞がつくことこそ、しまむらが目指すべきブランドの中身なのである。
■社員旅行、閉店19時……
「社員にとっていい会社」
しまむらは時代の変化に適応しながら、成長を続けることができた。だが、この間、決して特殊なことをやってきたわけではない。私の入社当時から経営陣が標榜してきたことは、ただひとつ。「社員にとっていい会社にしよう」ということだけである。
社員にとっていい会社なら、それはお店に表れて、お客様にもいい会社になるだろう。そうすれば売り上げが上がって、株主にもいい会社になるだろう。こうした、極めてシンプルな考え方でやってきた。取引先に対しても同じで、コスト削減の努力をサプライヤーだけに押しつけることは絶対にしない。サプライチェーン全体の中でコストを下げる工夫を相互に出し合ってきたからこそ、他店の半値以下という圧倒的な価格を、継続して提供してこられたのだ。
社員にとっていい会社であるために、しまむらは自由と公平を大切にしている。パート社員を含めて約1万4000人の社員からは、毎月4000件を超える改善提案がある。雇用形態にかかわらず、あらゆる社員が、自由な発想で提案できる風土がある。
07年6月に高田馬場へ初めての都市型店舗を出店した際、予想を超える来店があった。現場ではレジ係のパート社員から、「社長、小型のレジがあれば、あと一台置けますよ」と言われた。すぐに新型レジ台の開発を指示して、一カ月で導入にこぎ着けた。うちの会社は、こうした現場の活力に支えられている。
また、店長の約7割はパート出身の「主婦」だ。地域で最も優秀な人材を活用できるように、閉店時間を19時として、主婦でも働きやすい環境を整えてきた。店長に発注権限がないのも、働きやすさにつながっている。店長が負う責任は売り上げと労務管理のみ。商品発注と在庫のコントロールは、すべて本部で行うため、店長であっても他の社員と一緒に19時15分には店を出られる。
新年会と社員旅行も重要な行事だ。新年会・社員旅行には全社員の90%以上が参加する。費用は会社持ちで、参加は任意。主婦業と両立している社員にとっては、気兼ねなく出かけられるいい機会になっていると思う。ただし、いずれも食事がまずいと参加者が減る。女性の目はシビアだ。総務部は社員の心を掴もうと、毎回必死に企画を練っている。評価の主体はあくまでもユーザーである社員。公平な評価はあくまでもユーザーによって下されるものだ。
ブランド化において最も大切なのは、お客様にどう見てもらえるか。それには、自分たちの一番の強みを、最もわかりやすい形でお客様に伝える必要がある。
だから、私の言葉よりも、しまむらの店舗を見てもらうのが一番いい。「結構いい商品を、すごく安く売っているな」と思っていただけるはずだ。
※すべて雑誌掲載当時
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
しまむら、ヤマトに学ぶ「高生産人間」のつくり方第2のユニクロを生む「共感マーケティング」入門売れない時代にブランドをどう見直すべきか


http://news.livedoor.com/article/detail/6783382/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








keikei4sukeさん

新年互礼会の中止案内文を教えてください。
今年引越しをしたのですが、毎年1/1の早朝7時に、
現地域は新年互礼会と称し簡単な顔合わせ行事があるそうです。

その準備をと思っていた矢先に、地域で不幸(葬式)があり
互礼会は中止になるとのこと。

正直、ホットしていたのですが、中止の案内文を新参者の私が
地域住民に対して案内するのが習わしとのこと。

ホットしたのもつかのは、今度は案内文作成に頭を抱えている状況です。

どなたか、案内文ご教示願えませんでしょうか。




ベストアンサーに選ばれた回答


oookyanさん


.........................................................................................
○○町内会各位←自治会名記入し「各位」を付けます

.....................新年互礼会中止のご案内...................................
拝啓師走の候心せわしい年の瀬を迎えましたが
皆様におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、新年恒例の互礼会を、町内にご不幸がございまして
来年は中止をすることとなりご案内申し上げます。
私事ではございますが、○月に越して参りました氏名と申します。
皆様には色々とお世話になりますが何卒よろしくお願い致します。
寒さ厳しき折から、よいお正月をお迎え下さいますようお祈り申し上げます。
先ずは、ご案内かたがたご挨拶申し上げます。
...............................................................................................敬具
........................................................................平成23年12月○日
......................................................................................自分の氏名


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「○のご案内」を「お知らせ」としてもいいですね。
どこの町内会も同じなんだな~と思いました、新人は色々使われますね^^
これは、早く地域になじむためを考えての事なんですよね。

新年互礼会で自分の挨拶をしないといけないそうですから、
来年は出来なくなり、自分で書きなさいと言われたのは
自分の挨拶も書くのが良いとの意味ではないでしょうか?

中止の案内と簡単なご挨拶を入れると大丈夫だと思います。
ご自分で、また、直して下さい。
ご参考になれば


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1051973045
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


「主婦パート宣言」で「口ベタ企業」脱出!-しまむら社長
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120723-00006739-president-bus_all


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。