昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 多田金パティオ店が11月閉店 受注販売へ移行

多田金パティオ店が11月閉店 受注販売へ移行

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 レコード、CDなどの販売で150年以上の歴史を持つ新潟県上越市の「多田金」は、店舗として唯一残っている富岡のパティオ店を2012年11月21日で閉め、12月1日からはライブハウスとして使用している旧本店「G&MCP」を改装し、在庫を持たない受注販売に切り替える。県内で唯一残っていたレコード専門のリアル店舗が姿を消すことになった。

↓11月で閉店する富岡の多田金パティオ店


 多田金は1855年(安政2年)に初代の多田金十郎が本町6に、西洋小間物、煙草、売薬などの店として創業。米コロムビアが設立された1910年に、国内で最初にレコードを取り扱った店の一つ。県内でも初だった。戦後にレコードの専門店になり、1949年に法人化した。

 上越ウィングマーケットがオープンした1994年4月にパティオ店を出店。本店、直江津店、上田店、柏崎店を合わせて5店を展開し、ピークの96年には年売上が4億5000万円に上った。しかし、2000年ごろからネット配信の影響が出始め、売上が毎年のように減少した。2007年には本店を閉め、パティオ店だけの営業となっていたが、売上の減少傾向に歯止めはかからなかった。

 同店が作る「音楽友の会」には、ジャズ、クラシック、民謡、カラオケなどを愛好する約3300人の会員がおり、メールマガジンで情報発信をし、新年会や花見などを通じて交流を深めている。会員は多田新社長の音楽知識やアドバイスを得ながらCDなどを注文する人が多く、「在庫以外で、毎月1200~1400枚の注文がある。在庫がなくても、どんなCDが欲しいかニーズを聞き出し、フェイス・トゥー・フェイスで販売していけるのではないか」と話す。

↓閉店に向けてCDの在庫をチェックする多田社長


 パティオ店の閉店に伴い、8月1日から在庫処分セールを開始し、10月1日から11月21日まで段階的に30~90%引きの売り尽くしセールを行う。移転作業の後、12月1日から本店での受注販売に切り替える。インディーズから輸入盤まで49のメーカーと直接契約しており、注文すると翌日には入荷するという。同店にはマニア垂涎のスピーカーの名器JBL4343や、アキュフェーズのアンプなどがあり、買ったCDなどはその場でかけて聞くことができる。

 本店(上越市本町6-1-18)の営業時間は午前11時~午後8時、日曜定休の予定。

◇多田金のホームページ
http://w1.avis.ne.jp/~tadakin/
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6803026/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








ureil_kikhitt_01さん

新年に第九を演奏するのはなぜですか?

なにか由来があるらしいと聞いたんですが...




ベストアンサーに選ばれた回答


paris200405さん


ベートーベンの第九番交響曲のことですね。
新年ではなく、年末ではないでしょうか。

俗説ですが、ビンボーな音楽家を救うためと聞いたことがあります。

第9は、オーケストラと合唱、独唱者4人という大編成で演奏する曲です。つまり、それだけ大勢の音楽家を呼ばないとならないわけで、仕事がない大勢の音楽家に仕事を与えることになります。

年末は年越しのための費用がなにかとかかりますし、借金などもその年のうちにという習慣もあったかもしれません。ビンボーな仕事のない音楽家に仕事を回すことで、いくばくかの救済になるというわけです。

一方、第九は、クリスマスや新年にふさわしい、喜びの歌ですので、編成だけでなく題材も丁度よかったのでしょう。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q137044923
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


(朝鮮日報日本語版) 李雪珠氏、05年仁川に来ていた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120727-00000738-chosun-kr


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。