昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 「個人よりも団体」果たせなかった内村の雪辱

「個人よりも団体」果たせなかった内村の雪辱

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大体操男子団体総合決勝、あん馬の演技でミスし顔をしかめる内村(30日、ノースグリニッジアリーナで)=松本剛撮影 ロンドン五輪の体操男子団体総合で、言葉にならない思いを抱えて、内村はぼうぜんと得点表示を見つめていた。
 下り技が不成立と判定を受けたあん馬で、技が正しく認められて得点が上がり、4位だった結果は銀メダルへと変わった。ただ、傍らでは、連覇を果たした中国が歓喜の輪を作っていた。
 今年の元日のことだ。時計の針が午前0時を指し、新年を迎える瞬間に、内村は携帯電話の待ち受け画面を銀メダルの写真に変えた。昨年の世界選手権の団体戦で、金メダルをつかみ損ねた敗者の証しを忘れぬために。
 内村が出場した2008年北京五輪、10、11年の世界選手権でも、すべて中国に敗れてきた。11年世界選手権で史上初の個人総合3連覇を成し遂げても、「達成感はなかった」。自宅で一人、スライド式の白い携帯を持つ度に、雪辱へと思いは募った。
 憧れたのは、アテネ五輪の団体金メダルだった。当時高校1年生。東京の下宿先の自室で、早朝のテレビ中継を見ていた内村は、鉄棒で優勝を決める着地を決めた冨田洋之の演技に、鳥肌が立ったことを覚えている。だから、「個人よりも団体金メダルが欲しい」と何度も口にしてきた。
 「冨田さんたちを超えたい」。そう誓い、世界中の誰よりも、練習してきた自負がある。合宿では、一番先に練習場に姿を現した。五輪仕様のフランス製器具に備え、手首を鍛えるために、壁に向かって倒立し、腕立て伏せを繰り返す姿があった。
 ミスをしなかった中国が勝ち、失敗を重ねた日本は負けた。チームでただ一人6種目に出場して奮闘したエースは、「正直、(金でなければ)4位でも2位でも変わらなかったかな」。悔しい思いをのみこんで、そう言葉に表した。(増田剛士)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6808848/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








sakurannbodonnguriさん

新年のあいさつ
町内会への回覧板に添えてのご挨拶なのですが・・まだ、新年明けましておめでとうございますをしても大丈夫なのでしょうか?
色々サイトを見ていましたら、7日までが明けましてとなり、その後は寒中見舞いになるとか。。地域にも違いがあると書かれていましたが、どちらを使っても構わないもの?なのでしょうか?
気になっております。よろしくお願いいたします。




ベストアンサーに選ばれた回答


kogamenooyagameさん


地方にもよりますが、伝統により松の内(15日)までは問題ないと思います。
回覧板に添える挨拶ですから、また新年になってお会いしていない方もお見えになるでしょう。補足ですが、会社関係の新年の挨拶も15日ぐらいを目途にしております。仕事先とか家の近所などで実際に相手と会って挨拶する時は「今年もよろしく」的な意味も込めて、15日ぐらいまでは「おめでとうございます」と言っても問題ありません。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1053610810
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ドイツの電力事情―理想像か虚像か2― 料金の推移 - アゴラ編集部
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120801-00000308-agora-bus_all


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。