昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 正直やめて欲しいと思う会社のルール・習慣ランキング

正直やめて欲しいと思う会社のルール・習慣ランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


goo ランキング正直やめて欲しいと思う会社のルール・習慣ランキング1サービス残業が当たり前2意味のない定例会議3先輩や上司より早く帰れない4トイレットペーパーの1回の長さが決められている5忘年会や新年会は強制参加→6位以降を見る どうしても納得できない会社の不条理なルールや習慣に悶々としていませんか。沸々と湧き上がる憤りを、上司勢から漂う「これが会社の、いや社会の“常識”なんだぞ~」という威圧感に押しつぶされて何も言えないという人もいるのでは? そんな納得いかない会社のルールや習慣について本音を聞いてみました。




 多くの人が不満に思っていたのは《サービス残業が当たり前》でした。サービス残業は別名“賃金不払残業”とも呼ばれます。労働基準法で定められている1日8時間(週40時間)を超えて働いても残業代が支払われないことを指し、当然のことながら違法行為です。

 3位の《先輩や上司より早く帰れない》というような上下関係からくる無言の圧力で、自分の仕事が終わっても帰りづらいという人もいるのでは。賃金の不払いのみならず、長時間労働で心身の健康が保てなくなってしまう人もいるので、おかしいと思ったら早めに労働組合などに相談したほうが良さそうです。

 4位には《トイレットペーパーの1回の長さが決められている》というルールがランク・イン。「環境問題に取り組む姿勢を、わが社はトイレットペーパーの消費量でアピールします!」というのは環境問題への取り組みなのか、それとも経費削減なのか…。今年の夏も節電に積極的な企業が増えそうですが、「節電に協力して、さらに経費も削減しよう!」と言われたほうが社員も清々しい気持ちになるのではと思ってしまいます。



 最初は変だなと違和感を覚えても、一つの会社に長く勤めていると次第に慣れ“常識”を変容させてしまう人もいます。新人に不条理な圧力を与えている人は周りにいないでしょうか。会社の中の常識、ひいては自分の常識は本当に正しいのか、一度徹底的に疑ってみてもいいのかもしれません。


すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
上司だったら面倒くさそうなアニメのキャラクターランキング当てはまったら「お局様」な10項目職場にいる「困った人」にありがちな特徴ランキング


http://news.livedoor.com/article/detail/6667712/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








raioxygenさん

謹賀新年って、目上の人に使うものなの?
ふと、
Hatenaってサイトでは、

謹賀新年、「謹んで新年をお祝い申し上げます」という意。四文字の賀詞(特に年賀状に用いる新年を祝う語句)の一つ。
「四文字の賀詞」は相手に対する敬意や丁寧があり、目上の人に使われる。

と、なっていたもので。
略語なのに、目上の人に使ってもいいのかなー?と。

「ノープロブレムです。」を「ノ〜プレ〜。」っていうようなものですよね?

それとも、謹賀新年って略語は由緒正しい略語なのでしょうか?
謹賀新年って言葉が中国から伝わってきて、あとから、謹んで新年を・・・って文章にしたので、正式には、謹賀新年の方が由緒が正しいとか?

「四文字の賀詞」ということは、賀詞は、4文字に省略した方が、格が高くなる?
四文字に綺麗にまとめた方が、頭が良いとされた・・・とか?

「目上の人に使われる」ってのは、もしかして、「目上の人が、目下の人にたいして、使われる(使う)」という意味なのかな?
「目上の人に使われる」だと、「目上の人に(たいして)、使われる」という意味に受け取りましたが。
補足やはり、謹賀新年の方が古く、由緒が正しいと。
なので、謹賀新年というものは、”本来”目上の人に向けて使うもので、”あなたを尊敬しているのだから、由緒正しい方を使いましたよ!”という意味になる、、、っと。

でも、もとは中国語ですよね?
母国の言葉を使わない方が、または短いほうが、目上の人への尊敬になるとは、少し面白いですね。



ベストアンサーに選ばれた回答


touzanmanさん


謹賀新年は中国語だということになっていますが、やや疑問がありますね。

というのも、この言葉は、江戸時代ごろの漢学に精通した人物あるいは集団が作り出した和製漢語かもしれないと考えられるからです。つまり「謹んで新年を賀す」という日本語を、中国語(というより漢文)の文法に従って作り出したと考えられるのです。
(ナイターが和製英語であるのと似ています。)

日本での文献における初出例が、日本国語大辞典によれば1886年の『改正増補 和英語林集成』です。中国から輸入したにしては新しいという感を否めません。

しかし、goodhope0808さんが「謹賀新年という言葉が中国にあった」とおっしゃっていますから、その文献をお教えいただければ如上の疑問は杞憂に終わるわけです。
精選版日本国語大辞典による限りでは漢籍での出典が分かりません。
(たとえば温故知新なら、「論語-為政」という出典が明示されています。が、一石二鳥は英語を訳した表現なので漢籍とは無関係。)

ただ一つ言えるのは、おもに戦前までは、漢文あるいは訓読体が正式な文体とされていたので、謹賀新年も目上の人に使える表現だということです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1177470611
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


戦いの絆「守るのが使命」 戦後67年、戦友会解散相次ぐ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120814-00000113-san-soci


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。