昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 韓中日新冷戦:独島訪問より天皇謝罪要求に強い反発

韓中日新冷戦:独島訪問より天皇謝罪要求に強い反発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 日本が独島(日本名:竹島)の領有権をめぐって国際司法裁判所への提訴など強硬な立場を示しているのは、李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問よりも、李大統領が「日王(天皇)は謝罪すべき」と発言したことに対する反発の方が強いとの指摘が挙がっている。

 李大統領は14日「天皇が韓国を訪問したければ、独立運動によって亡くなった方々の元を訪れて謝罪してほしい。(天皇が)『痛惜の念』などといった単語を一言口にするだけなら(韓国に)来る必要はない」と発言した。

 国策機関の日本専門家は「李大統領の天皇に関する発言は、光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)を控えた時期には十分に考えられる内容ともいえるが、天皇について、国家の求心点かつ侵すことのできない尊い存在と考える日本社会では、深刻に受け止められる可能性がある」と指摘した。

 裕仁天皇(昭和天皇)は1945年に日本の敗戦が決まると、自分は神ではないとする「人間宣言」を行ったが、日本人の多くは依然として天皇を神のような存在と考えている。

 日本メディアは天皇について「天皇陛下」と最上級の敬称を用いている。各メディアの皇室担当記者は、皇室の発表をそのまま記事にするだけで、決して批判する内容は書かない。今年6月に明仁天皇(現在の天皇)のいとこに当たる(三笠宮)寛仁親王が死去した際、日本メディアは1面トップで報じ、両面見開きで同親王の写真を掲載した。毎年年頭に行われる天皇の「新年のごあいさつ」は、テレビで生中継される。

 日本の憲法は、天皇を「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と規定している。だが、天皇は単純な象徴的存在ではない。日本の首相や閣僚は皆、天皇の臣下を意味する「大臣」という称号で呼ばれている。

 一川保夫・元防衛相は昨年11月にブータン国王が訪日した際、国王夫妻歓迎の宮中晩さん会に出席せず、政界から「皇室軽視」との批判を浴びた。

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6865911/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








ku9626さん

年賀状に使われる「謹賀新年」「恭賀新年」等どれを使ってよいのか、その意味も教えてください





ベストアンサーに選ばれた回答


mayakon2008さん


まず質問の4次熟語の意味は
謹賀新春 :謹んで新しい年をお祝い申し上げます
恭賀新年 :うやうやしく新年をお祝い申し上げます
です。
さて、お祝いのことば、祝詞(本来は年賀状には限りません)のことを賀詞と言います。賀詞の主なものと意味を紹介します。

1文字の賀詞
・寿 :めでたい
・福 :幸せ
・賀 :祝い
・春 :新年、年の初め
・禧 :よろこび

2文字の賀詞
・賀正 :正月を祝う
・賀春 :新年を祝う
・頌春(しょうしゅん) :新年をたたえる
・迎春 :新年を迎える
・慶春 :新年をよろこぶ
・寿春 :新年を祝う
・初春 :新しい年、年の初め
・新春 :新しい年

「賀」が含まれる賀詞は相手に対してお祝いを伝える感じになり、「春」がつく賀詞は春になりましたね という感じになります。「春」が新年をあらわすのは、昔は立春頃から新年が始まり、1月~3月を春としていたからです。

4文字の賀詞
・謹賀新年 :謹んで新年をお祝い申し上げます
・謹賀新春 :謹んで新しい年をお祝い申し上げます
・恭賀新年 :うやうやしく新年をお祝い申し上げます
・恭賀新春 :うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます
・敬頌新禧(けいしょうしんき) :うやうやしく新年のよろこびをおたたえ申し上げます

文章の賀詞
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・謹んで初春のお慶びを申し上げます
・謹んで新春のご祝詞を申し上げます

さて、それでは年賀状にはどれを使用したらよいのでしょうか?それは、受け取る相手によって異なります。
もともと、賀詞の基本は「謹賀新年」「恭賀新年」「敬頌新禧」などの4文字からなるもので、「謹(謹んで。相手を尊ぶ)」「恭(うやうやしく。礼儀正しく丁寧)」「敬(尊んで礼をつくす)」「頌(ほめたたえる)」といった相手の方への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入ることで、礼儀にかなった挨拶の敬語となります。
ところが、漢字1文字の「寿」「福」「賀」などは「おめでたいことです」といっているにすぎませんし、漢字2文字でも「賀正(正月を祝います)」「迎春(新年を迎えました)」「新春(新しい年です)」といっているだけで、相手に対する敬意や丁寧さに欠けてしまいます。だから、漢字1文字や2文字のものは目上の方には使わないほうがよいとされているわけです。
整理をすると、
【相手が目上の場合】
・「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字の賀詞
・謹んで新春のご祝詞を申し上げます
・謹んで初春のお慶びを申し上げます

【相手が目下・友人の場合(目上の人に使ってはいけないもの)】
・「寿」「福」など1文字の賀詞
・「賀正」「迎春」など2文字の賀詞

【相手を選ばず使える賀詞】(相手が目上の場合の賀詞もOK)
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・Happy New Year

以上の事を参考に相手により使う賀詞を選んでください。業者に印刷を頼む場合などは内容を統一しなければならないので、
相手を選ばず使える賀詞、または相手が目上の場合の賀詞を用いると無難です。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213961397
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


(朝鮮日報日本語版) 韓中日新冷戦:独島訪問より天皇謝罪要求に強い反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000484-chosun-kr


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。