昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 米「財政の崖」の可能性高まる、妥協がメインシナリオ=S&P

米「財政の崖」の可能性高まる、妥協がメインシナリオ=S&P

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大
[ニューヨーク 8日 ロイター] 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は8日、米国で年明けに減税失効と歳出削減が重なる「財政の崖」をめぐり、回避できない可能性が高まっているとの見方を示した。ただ政治的妥協が図られる公算が大きいとしている。
S&Pのアナリストは、リポートで政治の膠着により財政の崖が現実化する確率は現時点で約15%と指摘した。
「期限までに政治的妥協が図られる、財政の崖が経済に及ぼす影響の大半は避けられるというのが最も可能性の高いシナリオとみている」としている。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
li.twitter iframe.twitter-share-button { width:100px!important;}button { display:block; }ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");


http://news.livedoor.com/article/detail/7124520/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








ishimasa_l982さん

政治とは利害調整ですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


wonderkanemitsuさん


政治は、雇用や教育、福祉、医療など、国民の生活を多面的な意味で支える役割を持っています。そして、そういった政治の国民への多面的なアプローチを行政が実行に移す際に、その行動の基盤になるのは法律ですが、行政の活動を実際に行うのは人である以上、そもそも法律の解釈を巡って当然に意見が分かれると思いますし、結果として、どういった政治が望ましいのか、という問いに対する体系的・統一的な理解は、難しいでしょう。ある一見美しい政治理論が存在したとして、仮に人がそれを文理解釈的に理解できたとしても、それは、理論を実践するということとは別の問題なのです。

政治は病院みたいなものです。高熱を出して病院に診察をしに行くと処方箋を貰うように、部活をしていて練習中骨折をしてしまい、ギブスを貰うように、また、癌になってしまい、手術を施してもらうように、病院というのは人間の身体的・生理的な健康の貢献に欠かせませんが、政治はいわば社会全体の病院みたいなものなのです。

私たちは普段、政治について特に意識することはありませんが、政治を病院に例えれば、その理由がなんとなく掴めるのではないでしょうか?つまり病院というのは病気を患った人がお世話になるように、政治も自分の生活が広く社会的に害を被っている人がお世話になればいいのです。

多くの人が政治について意識を持たないのは、今の生活が平穏であるという証なのです。しかし、その平穏の背景にあるのは間違いなく政治の恩恵であることを、私たちは感謝しなければなりません。政治に携わる人間が腐敗すれば国民の生活は悲惨なものになるでしょう。しかし、多くの人が平穏に生活できているということは、それは政治に携わっている人達が、真剣に国のことを思っている証です。

また、世の中には今なお人間の力を持っては治療方法がない病気があるのと同じように、政治活動を通してもどうしようもできない問題は社会にも当然あるものです。そういった、いわば不治の病とも言うべき社会問題が今後生まないようにするためにも、私たちが政治について考えることには大きな意味があります。さらに、自分の不規則・不衛生等の生活習慣によって、病気になってしまいました、というように、自分の故意に基づく公序良俗等に反する行いのせいで社会的に害悪を被っても、それは政治が悪いとは言えません。

結果として自業自得です。そういった行いを自分はしていないだろうか、また今後しないように自分の生活を律する姿勢を、私たちは忘れてはいけないでしょう。

他に、政治は個人と国家の葛藤を抱えています。個人は人権という権利を持っています。それは、自由意思に基づく自己決定に基づいているため、国家と必然的に対立することになります。

国家というのは、個人の人権に一定の制約をかける権能を有しています。これは、国家の構成員が複数に渡るため、個人と個人の権利義務の衝突の予防、またその調和を図る必要があるからです。いき過ぎた人権も統制の厳しい政治も危険なのは分かりますが、政治のターゲットは、個人と国家だけではありません。

政治は外国を抜きに語れないのです。個人と国家が関係を持つ理由は、決して個人のためだけではないのです。それは、国家のためでもあるのです。個人と個人の間柄に衝突の可能性があるように、国家と国家の間柄にも常に衝突の可能性があります。

そのような衝突を予防するためにも、国家を運営する人材が必要でもあるのです。政治家、公務員はそういった人材の典型です。国家のために個人はあるという、政治の一側面は、私たちの日常生活の中にも見られます。例えば国歌の斉唱、国旗の掲揚などです。学校の卒業式やオリンピック、ワールドカップの開会式の際にも見られます。

また、次元に違いはありますが、プロ野球やJリーグにも、ナショナリズムの機能が見られます。大都市に拠点を構えるチームが互いに競い合うことで、その試合の観戦者、応援者である国民には、ある種の結束が生まれます。また、テレビや新聞に関しても、全国一律に同じ情報を載せた新聞・番組を流すことで、その読者・視聴者に、間接的な結束意識を生ませているのです。

政治はこのように、個人の日常生活の行動そのものに潜んでいるのです。また、国民とは誰なのか、という問題もあります。日本人とひとくくりにしても、そこに帰化をした外国人は、果たして日本人なのでしょうか?これは結構重大な問題です。日本人という言葉の定義次第で、日本に住む外国人の権利内容が大きく変わってくるからです。政治の対象は決して日本人だけではなく、日本に住む人でもあるのです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1373104943
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


大統領選のNHK記者は田中邦衛の長女
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121109-00000003-dal-ent


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。