昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 子供のころ勘違いしていた言葉集

子供のころ勘違いしていた言葉集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


子供のころ勘違いしていた言葉集



「キンピラごぼう」を「チンピラごぼう」、「謹賀新年」を「菌が死んでん」……などと思い込んでいて、何かの拍子に恥ずかしい思いをした経験はありませんか? マイナビニュース読者のみなさんに、かつて勘違いをしていた言葉の思い出をお聞きしました。



調査期間:2012/8/14~2012/8/20

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)




■台風一家ってどれだけ慌ただしい家族なのだろう



341人(34.1%)もの人が思い違いをしていた経験があるのだとか。

もっとも多い回答が「汚職事件」(30歳/女性ほか)。41人(4.1%)が「お食事券」と思っていたと言い、思い込みの元と言えば、

「政治家はいつもお食事券をもらっていいなーと思っていた」(同上女性)

「ニュースで流れたとき、親に『どんなご飯の券なの?』と聞いたら事件のことだと教えてくれた」(40歳/男性)

「偉い人は会食のためのクーポン券をたくさん持っているものだと思っていた」(28歳/女性)

のだとか。確かに聞き取る言葉は同じなので、思わずうなずけます。



2番目が、34人(3.4%)が挙げた「台風一過を台風一家」(26歳/男性ほか)。

「どれだけ慌ただしい家族なのだろうと思っていた」(同上男性)

「一年に来る台風の中で大きいのがお父さん台風、次に大きいのがお母さん台風みたいに思っていた」(34歳/男性)

台風が過ぎ去ったあとの晴天が、忙しい家族!?



3番目が、22人(2.2%)が「波浪注意報をハロー注意報」(29歳/女性ほか)と勘違いしていたのだとか。

「外国人が多い日で、話しかけられることへの注意報だと思っていた。姉に笑われ、教えてもらった」(同上女性)

「漢字の意味が分かるようになって自分で気づいた」(39歳/女性)

ユニークな勘違いです。



■夕方メール?



続いて、音楽編。

歌詞を勘違いして口ずさんでいた曲も多いようで、

「『ふるさと』の歌詞で『うさぎ追いし』を『うさぎおいしい? 食べちゃうんだ』と勘違いしていた」(47歳/男性)

「童謡『赤い靴』で『異人さんに連れられて』を『ひいじいさんに連れられて』だと思っていた」(34歳/女性)

「小田和正の『ラブストーリーは突然に』という曲で『僕らはいつまでも見知らぬ二人のママ』だと思っていて、孤児? 捨て子? の母親なんて、重たい曲だなーと思っていた」(26歳/女性)

疑問に思いつつ、大声で歌っていたものでした。



まだまだ続きます。

「加齢臭をカレー臭」(41歳/女性)

「人間ドックを人間犬」(28歳/男性)

「you've got a mailを夕方メール」(24歳/女性)

「富士山と富士さん」(38歳/女性)

「東名高速は透明だと思っていた」(25歳/女性)

「上野動物園を上の動物園と勘違いして、親に下の動物園にも行きたいと言っていた」(26歳/女性)

「月極(つきぎめ)駐車場。各地にあるので日本最大の駐車場グループと思っていた」(29歳/男性)



子どもならではの発想に思わずクスっと笑ってしまいたくなるエピソード満載でした。誰かと小さかったころを懐かしむテーマとしても、おもしろいかもしれません。



(岩田なつき/ユンブル)すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
【コラム】これって勘違い? よくある勘違いエピソード【コラム】今こそ解禁!勘違い・大間違い…新人のころの大失敗、教えて【コラム】勘違いするからやめて……その気がないならしてほしくない異性の言動


http://news.livedoor.com/article/detail/7131150/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








softbank815さん

政治資金パーティーてなぜ合法ですか





ベストアンサーに選ばれた回答


c11514120さん


政治資金を集める“手段”のパーティーを国会議員
から観た場合“法律に違反”しても議員の権利を失
わないようにルール化したもの。

中身はともかく“合法”です。

当然世間の“ものさし”とか“常識”は一顧だにしていない。

その理由は極めて明快
法律を作る権能を持つ議員自身が自分に不利なルール
法律は作らないからです。

その1 政治資金報告書
「政治にカネがかかる」と言う言葉を頻繁に聞く、しかし収支
報告書の記載が実にいい加減極まりない。
とても企業会計の決算書には“とおーーーく”及ばない
同じ領収書の使いまわし、支出した日にちはいい加減、当然
支出内容は私物の購入があった(民主党)、自民党などなど
“何を買ったか”そして“いつ払ったか”簿記を基本にした
報告を規定していないから改竄する事が簡単にできる。

企業会計レベルの報告書にしないのは
「手間と暇が無い、その為に更に支出が増えてしまう」ダト

その2 権益擁護、拡大の意識
法律を決め、税金を何に使うかを決める権能を持つ議員は
選挙で選ばれる。
この仕組みを利用して、国民の中には自分の利益に繋がる
法律、規制、又国家の仕事を受注しようと考える者がいる。
こうした輩が特定の候補者を議員として国会に送り込んでいる。
結局本来の理想から遊離して、こうした思惑を持った人達の意思
で税金の使途は決まってしまう。
同時に議員からみればこうした国民は自分を議員にしてくれる
ので嫌でも“持ちつ持たれつ”の関係になる

言い換えると一部の国民と議員は“税金”で生活していると言える。
たとえば(良し悪しは別にして)
小沢一郎と水谷建設
郵政民営化と国民新党の亀井静香他
連合の民主党支持
日本教職員組合と日本共産党
などなど

これってもしかすると資本主義の看板だけど“共産主義”カナーー
欲の皮が突っ張ったヤツばかりだ。

だから議員がその地位を確保、維持するために際限なく軍
資金を集める事は世間では常識。
政党交付金を税金からどれ程支出しても、どんな手段を講じても
“当選”が法律で保証され迄で欲しいのがよくわかる。
政治資金の収入、支出が白日のもとに晒されるのは絶対回避したい
のが本音なのだ。
なぜならそれは自分の権益を失って“ただの人”になるからで、「理想と
する政治を目指す」とか「国民のために」などと言うのは明らかな“嘘”だ


自分に不都合な“法律”を自分で決める筈が無い。
ゆえに政治資金規正法が“ザル法”と呼ばれるのだ。

国民がもっと賢くなって“カネに釣られて”議員を決める様な“愚”から
早く抜け出したいものだ。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1063336505
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


スズキが13年のタイ生産を2.6倍に拡大、東南アジア事業強化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121112-00000000-reut-bus_all


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。