昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ No Transform, No Robot! トランスフォーマーが日本を変える

No Transform, No Robot! トランスフォーマーが日本を変える

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大
No Transform, No Robot! トランスフォーマーが日本を変える




1億円超えるロボット「クラタス」を買う余裕はなくても、手に入れることができるロボットがある。「BRAVE ROBOTICS」による1/12スケール変形ロボットだ。価格は公表されていないものの、ガンダムのように巨大なクラタスに比べれば、手ごろなのは一目瞭然だ。(今週末に開催される「Make Faire Tokyo 2012」でお披露目されるので、ぜひ実際の姿を見てみてほしい)。



「BRAVE ROBOTICS」をユニークたらしめているのは、単なるロボットでは終わらず、クルマにトランスフォームすることだ。開発者であるケンジ・イシダは、10年前の2002年に開催された第1回「ROBO-ONE」に参加し、このロボット計画をスタートさせた。



今年の5月に、ニコ動に旧版1/12サイズの変形ロボットの動画を投稿したところ、瞬く間に拡散され、とくに海外の反応はすさまじく、次にYouTubeにアップすると再生回数は200万回を超えた。そして、世界中のブログに紹介された。



イシダは、世界中のギークが夢見た「トランスフォーマー」を現実にトランスフォームさせたのだ。



最新版のロボットは、イシダ自身がつくったカスタム3Dプリンターでつくられている。トランスフォーマーのファンたちは、ついにデストロンから地球を守ることができるのだ。



いまのところ、10台の数量限定で生産されている。本体の色を選ぶことができるほか、組み立て、プログラム書き込み済みで、無線コントローラー付きだ。それらが、シリアルナンバーがついたケースに収められている。



「クラタス」にせよ、「BRAVE ROBOTICS」にせよ、ロボットに投資するのに躊躇しているのなら、「Make Faire Tokyo 2012」で直接体験することができるので、一度見てみてほしい。1体の生産に1カ月かかるのでクリスマスには間に合わないが、新年は一緒に迎えられるかもしれない。





もし、日本のヴェンチャーキャピタリストたちが、True VenturesやO’Reilly AlphaTech VenturesがUS版『WIRED』編集長クリス・アンダーソンが共同設立者を務める3D Roboticsのドローンにしたように、「BRAVE ROBOTICS」を支援したら、ケンジ・イシダの試みは、「メイカームヴメント」への日本の回答になると思う。



「BRAVE ROBOTICS」のコピー“No Transform, No Robot”は、日本経済にもあてはまる言葉だ。






フランチェスコ・フォンディ | FRANCESCO FONDI
イタリア屈指のオタク文化ジャーナリスト。1990年代初頭にはテクノ音楽のレコード製作を手がけていたが、ドットコムブームを受けてIT業界へ転身し、オタク文化のジャーナリストに。現在は自身の出版社「Hobby Media」運営のほか、イタリア版『WIRED』ウェブサイトの人気ブログ「OTAKU NEWS」をはじめ、『XL Magazine』「Tiscali.it」ほかで活躍。1年の半分を日本(秋葉原中心!?)で過ごす大の日本通。
「No Transform, No Robot! トランスフォーマーが日本を変える」の写真・リンク付きの記事はこちら






【関連記事】
・ No Transform, No Robot! トランスフォーマーが日本を変える
・ グーグル「Spanner」:地球大のリアルタイム・データベース
・ オリジナルチャンネルを開設したYouTubeの狙いとは?
・ クリス・アンダーソン:わたしがメイカームーヴメントに重要な意味を見いだした理由
・ クリス・アンダーソン、48時間TOKYO滞在記
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
li.twitter iframe.twitter-share-button { width:100px!important;}button { display:block; }コメント0ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");


http://news.livedoor.com/article/detail/7184545/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








hidekisimuさん

新年の挨拶
「明けましておめでとうございます」という言葉は、いつ頃から人々の間で言われ始めた言葉なのでしょうか。歴史なぞ知っていたら教えてください。




ベストアンサーに選ばれた回答


xunjiugunさん


この言葉が何時頃から使われるようになったのかは解りませんが、
新年に年神さまという新しい霊魂をむかえるときに「おめでとうございます」という祝福の言葉を捧げます。新年の挨拶は、実は人に対してするものでなく、年神さまという霊魂に対して発する祈りの言葉であったわけです。「新年おめでとうございます。」と言葉を交わすことで新しい年の豊穣と平和を年神さまに祈っているのです。
古代の盆が生霊を祭ったのに対して、正月は祖先神として年神さまを迎えて祭るところに違いがありました。
門松や注連縄(しめなわ)は年神さま祭る場所を示すものです。そして、年神さまのお供えとして丸い重ね餅(鏡餅)を供えます。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410410009
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


藤木直人 熱演! 劇場版HUNTER×HUNTERで挑戦したのは幻影旅団謎の元メンバー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121128-00000046-rbb-ent


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。