昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ <衆院選> 中国などが高い関心

<衆院選> 中国などが高い関心

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 4日公示された衆院選に対し、沖縄県・尖閣諸島国有化をめぐり日本との関係が複雑化する中国などが高い関心を示す一方、ドイツなどでは各党の原発政策に注目が集まるなど、各国でさまざまな反応が見られた。

■中国

 国営の中国中央テレビ(CCTV)が4日、衆院選公示を特集して伝えるなど、中国の主要メディアが高い関心を示している。いずれの政党が次期政権を担ったとしても、日本が尖閣諸島をめぐる問題で譲歩するとの期待感は薄く、警戒する論調が目立っている。

 CCTVは4日、「自民党と、(自民党に政策が近づいた)『第2自民党』に成り下がった民主党、自民党より右の日本維新の会の三つが右寄り政策を競い合っている」と語る日本の野党政治家の声を放送し、「政党が多く有権者は戸惑っている」と伝えた。

 国営新華社通信は3日、「自衛隊の国防軍への昇格や、改憲など、多くの首相候補者が強硬な発言を繰り返している」と論評し、「全体の右傾化は、日本の外交や未来を束縛することになる」と危機感を示した。また共産党機関紙「人民日報」も3日付で「釣魚島(尖閣諸島の中国名)問題で火遊びをするな」と題した論評を掲載し、日本の主要政党をけん制した。【北京・工藤哲】

■米国

 同盟国である日本の政治的安定を望んできた米国では、衆院選後も日本に安定した政権は誕生しないとの見通しが大勢で、公示前から悲観的な声が目立つ。

 ワシントンの有識者の多くは、各種の世論調査から、選挙後は自民党中心の政権が誕生することを前提に議論している。保守系シンクタンク、アメリカン・エンタープライズ研究所のオースリン日本部長は米紙ウォールストリート・ジャーナルに3日、「安倍(晋三自民党総裁)氏に日本の再生はできない」とのコラムを掲載。「バラバラになった政治体制では、いかなる政策を進めることも困難だろう」と指摘した。

 一方、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加問題では、オバマ政権だけではなく保守系論客からも日本の参加を望む声が出ているが、選挙後も早期の参加表明はできず、日本の存在感が低下するとの悲観論が支配的だ。

 また「脱原発」が衆院選で争点化されていることにも懸念が広がっている。保守系シンクタンクのヘリテージ財団では、選挙期間中の5日、日本の脱原発政策に関するシンポジウムを開催する予定だ。【ワシントン古本陽荘】

■ドイツ

 22年までの「脱原発」を目指すドイツは、日本の各党の原発政策に関心を寄せている。DPA通信は「日本人は福島第1原発事故後、前例のない反原発運動を展開するなど意識変革を起こした」と分析する一方、「経済危機の前に、選挙戦で原発は影が薄いテーマ。民主、自民の2大政党も脱原発に熱心ではない」と指摘。卒原発を掲げる「日本未来の党」を結成した嘉田由紀子・滋賀県知事を「日本政界に切り込む女性」と伝えた。

 中国との摩擦が絶えない現状も報じられ、南ドイツ新聞は「平和主義の終わり」との見出しで「第二次大戦後、初めて軍備増強が争点になった選挙」と位置付けた。ウェルト紙(電子版)は「重要貿易相手国・中国との領土問題の影響で、日本企業は長期間苦しんでいる」と選挙前の経済状況を報じた。【ベルリン篠田航一】

■ロシア

 ロシアのタス通信は4日に公示された衆院選について、与党・民主党が公約を実行できなかったことなどから国民の支持を失っており、「大敗が予想されている」と報じた。また、福島第1原発事故を受けて「原子力エネルギー問題が重要な争点になっている」と指摘し、民主党と自民党の原発政策の違いについても紹介した。

 ただロシアのメディアでは日本の政治の行方よりも、度重なる首相の交代に興味が持たれている。有力紙「独立新聞」は、「この6年間で首相が6人も変わった」と強調。自民党の政権復帰が見込まれるとしたうえで、「日本は7人目の新たな首相とともにクリスマスと新年を迎える」と報じた。【モスクワ田中洋之】

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
li.twitter iframe.twitter-share-button { width:100px!important;}button { display:block; }ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");


http://news.livedoor.com/article/detail/7202312/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








jizeru_strongさん

新年会と忘年会。どっちが催されること多いでしょうか?





ベストアンサーに選ばれた回答


kuromamediscoさん


おはようございます。
今年もよろしくお願い致します。

地域によって多少の違いはあると思いますが、最近は新年会が多いようですね。
どちらも行うところは少なく、いずれかだと思います。
忘年会は仲間や所属部署で行う場合が多くなっているそうです。
その関係で新年会なのではないでしょうか。

私見ですが、「今年お疲れ様」よりも「新しい年に、皆で頑張ろう!」の方が
積極的なのだろうと思ったりもしています。

ご参考になれば幸いです。
失礼致しました。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1453072434
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


女子の本音はイチャイチャ? 衝撃的タイトル曲で『ナルト SD』ED担当
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121204-00008776-exp-musi


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。