昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ アンダーグラフ、新曲は年末年始を歌う「去年今年(こぞことし)」

アンダーグラフ、新曲は年末年始を歌う「去年今年(こぞことし)」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大
アンダーグラフの「去年今年(こぞことし)」が配信シングルとして2012年12月26日(水)にリリースとなった。彼らにとって1年半ぶりとなる新曲だ。年末年始やお正月を題材にした楽曲はわらべ歌や唱歌にこそあるものの、ポピュラーミュージックの世界では意外にも少ない。日本古来の風習や日本人の生活文化に根差した価値観こそ、日本語に並みならぬ愛着を持って作品に対峙してきたアンダーグラフらしさといったところだろうか。

◆「去年今年(こぞことし)」PV映像

「去年今年(こぞことし)」では、琴の調べから、年の瀬を迎え無事に1年を過ごせたことへの感謝と、毎年毎年を大切な人々と過ごせるようにという願いとともに、「明けましておめでとう」と新年の挨拶が織り込まれている。

ミュージックビデオでは、年の瀬に向け働く人々の風景と姿を追う映像は、日本情緒にあふれその楽曲をよりいっそう味わい深いものに響かせる。アンダーグラフはその精力的なライブ活動に加え、デビュー曲「ツバサ」から一貫して丁寧な日本語を織り込んできたアーティストでもある。現在、長い制作期間に入っているが、12月28日には毎回様々なゲストと共に12ヶ月連続で開催してきたマンスリーアコースティックライブ<12色の素晴らしき歌声たちと>の最終公演を迎える。

「明けましておめでとう。今年も貴方が笑えるように。沢山素晴らしい出来事が、毎日、毎晩訪れますように。」

「去年今年(こぞことし)」の歌詞にもあるように、年越しの準備から新年の挨拶を伝えるひと時に想いを込め、新しい年を寿(ことほ)ぐ縁起物として、老若男女あらゆる人々にこの曲に触れてほしいものだ。

「去年今年(こぞことし)」
2012年12月26日(水)配信リリース
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/qu-nian-jin-nian-kozokotoshi/id580449429
・レコチョク
http://recochoku.com/a0/frock_undergraph/
・『去年今年(こぞことし)』ミュージックビデオ short ver.
http://youtu.be/C3sXUiFcIAo

アンダーグラフ アコースティックワンマンLIVE Thank You LaDonna !<12色の素晴らしき歌声たちとFINAL~White~>
2012年12月28日(金)
@原宿・ミュージックレストランラドンナ
開場18:00 / 開演19:30

<東京ジョイポリス カウントダウンパーティー 2012-2013>
2012年12月31日(月)~2013年1月1日(火・祝)
@1st Floor メインステージ
※アンダーグラフの出演は00:20頃

<新春・ジャニスの音初め 2013 ~いい歌たくさん、今年もよろしくお願いします!~>
2013年1月4日(金)
@心斎橋JANUS(ジャニス)
時間:開場16:30 / 開演17:00
出演:岩崎慧(セカイイチ) / Buena Vista / ナカノアツシ(GRAND COLOR STONE) / 真戸原直人(アンダーグラフ)/ marco
※真戸原直人のみの出演

サクラメリーメンpresents<Sakura Merry Go Round 3>
2013年1月20日(日)
@shibuya WWW.
開場17:00 / 開演18:00

◆アンダーグラフ・オフィシャルサイト
◆アンダーグラフ・オフィシャルFacebook
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");コメント0


http://news.livedoor.com/article/detail/7275970/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








piyogon48さん

謹賀新年と恭賀新年の意味
同じような意味でしょうか?
目上の人に出す場合は、どちらが適していますか?




ベストアンサーに選ばれた回答


aegeanyamatoさん


それぞれ訓読みすれば
謹賀新年=謹んで新たな年を賀(いわ)う。
恭賀新年=恭しく新たな年を賀(いわ)う。
という事になります。
謹んでと恭しくの相違です。
頭語と結語の問題で考えるなら、謹啓・敬白のペア。恭啓・謹言のペアでもあります。
どちらも叮嚀な言い方ですから、あとはニュアンスの問題でしょうが、
謹賀新年は余りにも一般的な言い方になりすぎており、
恭賀新年あるいは恭賀新春あるいは恭賀新正といった言い方の方が
希少価値のような気がします。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1113923116
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


アンダーグラフ、新曲は年末年始を歌う「去年今年(こぞことし)」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121227-00000906-bark-musi


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。