昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 中台の経済的相互依存は「変えがたき客観的事実」、台湾馬総統が指摘―米華字メディア

中台の経済的相互依存は「変えがたき客観的事実」、台湾馬総統が指摘―米華字メディア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大8日、台湾の馬英九総統が英紙のインタビューに答え、台湾と中国の経済的な相互依存性は「変えがたき客観的事実」だと話した。写真は台湾を訪れる中国人観光客。2011年3月8日、米華字ニュースサイト・多維新聞によると、台湾の馬英九(マー・インジウ)総統が英紙のインタビューに答え、台湾と中国の経済的な相互依存性は「変えがたき客観的事実」だと話した。

馬総統が英フィナンシャル・タイムズ紙の取材に答えたところによれば、中台間でより緊密な経済関係を打ち立て、科学技術や新エネルギーの分野での協力を強化すべきだと話した。台湾の中国本土に対する経済開放は、まだ4分の1~3分の1地点に到達した程度で、「これからの道のりはまだまだ長い」とし、将来的には中台間で自由貿易協定を締結させたいとの意向をにおわせた。

【その他の写真】

しかし、台湾野党・民進党をはじめとする一部は「経済関係の行き過ぎた一体化は、いずれ政治的な妥協を生み、中国共産党の“罠(わな)”にかかりやすくなる」と、警戒を強めている。

これに対し馬総統は、「政治的な問題は急務ではない」とした。台湾経済は09年には1.9%縮小したものの、翌年の10年には10%もの急成長を果たしたが、好調な経済復興の背景には対中関係強化があるとし、さらに「中台間の経済的な依存関係は変えがたき客観的事実だ」と指摘した。

台湾の貿易は輸出の40%が対中国、また、台湾企業による対中投資は2000億ドルに上っているとの道もあり、その“緊密な”関係は事実だ。08年の就任時、「対中関係を修復する」と宣言した馬総統は、この3年間、貿易や投資の面でそれを実行してきた。「われわれは“中国の振興”という現実に、勇敢に対峙し、また、冷静に対応しなければならない」という発言がそれを端的に物語っている。それに対し、民進党は「中国の目的は、台湾の対中依存を進め、経済的に抜き差しならない状況になってから中台統一を持ち出すことである」と反駁している。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
・「中華文化が中台の争いを平和的に解決」、台湾の馬総統が関係改善に意欲―中国メディア
・<在日中国人のブログ>石から紙が作れる?中台合弁企業が生産を開始
・「中台の平和的発展を歓迎」が台湾世論の主流に…統一への道はなお遠く―シンガポール紙
・中台で経済協力枠組協議が発効、台湾企業は本土市場に期待―中国メディア
・<中台>経済協力枠組み協定の関税先行引き下げが始まる―米メディア



http://news.livedoor.com/article/detail/5404794/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








eyecastle1945さん

政治にイライラしてますか?もうこんな茶番劇にはあきあきしてます。
最近の政治のニュースについてイライラしてきませんか?総理もいまいちだし、野党も突っ込むだけで何にもきめない。政治に志がない人は退場してくださいと言いたいです。なんだか見ていると嫌悪感や吐きそうになってきます。

衆議院解散より概存政党を解散して政界再編を望みます。

このような状態が続くと見ることすらできないです。




ベストアンサーに選ばれた回答


arigato_garden_letterさん


たしかに今の政治を見ているとどうかなーっておもいますけど、
なんかそこにいる人間とか雰囲気とかってちっちゃくした日本って感じで、自分にも責任があるなーって思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1257138672
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


韓国、竹島近海の施設入札公告 工事強行なら問題に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000087-san-int


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム



Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。