昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 東日本巨大地震:韓国政府、半径80キロ以上への避難勧告

東日本巨大地震:韓国政府、半径80キロ以上への避難勧告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 韓国政府は17日、放射性物質の流出事故が発生した東京電力福島第一原子力発電所の周辺に滞在または旅行中の韓国人に対し、半径80キロ以上離れた地域へ避難するよう勧告した。

 金星煥(キム・ソンファン)外交通商部(省に相当)長官はこの日の記者会見で、福島第一原発の放射性物質の流出事故に関し「米国と英国は、日本に居住している自国民に対し、原発から半径80キロ以上離れた地域へ避難するよう勧告しているため、韓国もこれに準じた措置を講じることにした」として、冒頭のように述べた。今回の措置は、今月11日に東北地方で大地震が発生した直後、福島第一原発から半径20−30キロ以上離れた地域へ避難するよう勧告した措置をさらに強化したものだ。金長官はまた「今後の状況を見守りながら、追加措置を講じる方針だ」と語った。

 今後さらに放射性物質が流出することが懸念される中、一部の国では在日大使館を閉鎖し、自国民に対し日本から離れるよう勧告しているが、韓国政府は現時点でこのような措置は検討していない。東京の在日韓国大使館は通常通りの業務を行っており、「韓国人の退避」については言及されていないという。

 政府の関係者は「現在のところ、東京をはじめとする日本国内の状況は最悪の事態に至ってはいない。韓国人の退去を勧告すれば、大きな混乱が生じる可能性があり、また日本との関係に良からぬ影響を与える恐れがあるため、現時点では検討していない」と語った。一方、政府は東京に対する「旅行留意(旅行警報第1段階)」、地震や津波で大きな被害が出た茨城県、岩手県、青森県、福島県、宮城県の5県に対する「旅行自制(同第2段階)」の指定を、余震や放射性物質の流出が続いた場合は引き上げることを検討している。なお、在仙台韓国総領事館によると、地震発生以降、同館の管轄地域に滞在していた韓国人観光客約200人はほとんどが帰国したという。

李河遠(イ・ハウォン)記者

【ニュース特集】東日本巨大地震



http://news.livedoor.com/article/detail/5423709/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








babobabo20100610さん

今回の東北地方大地震で、インターネットで震度状況を見ると、同じ市内でも震度の強さが違うみたいですがなぜですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


g1x2x7_ovo_9wさん


地盤が弱い場所や断層に近い場所は揺れが若干大きくなります。
地理的な要因で、少なからず震度に差が出たのでしょう。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1457411099
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン



kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。