昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 原子力政策検証へ=調整本格化、推進派に警戒感も―自民

原子力政策検証へ=調整本格化、推進派に警戒感も―自民

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 自民党は東京電力福島第1原発事故を受け、与党時代の原子力政策に関する検証作業に向け、党内調整を本格化させる。検証の必要性を唱える石破茂政調会長は国会の下に調査委員会を設置する案も検討。一方、谷垣禎一総裁は党内での検証を念頭に置き、見解は割れている。党執行部は今後、検証作業の在り方について協議するが、調整は難航も予想される。
 石破氏は従来の原子力政策について「どこが誤っていたのかきちんと検証しなければ、政府を追及する資格を持たない」と指摘。原発事故原因や政府の対応を検証する調査委員会については、国会に設置すべきだとする意見にも賛意を示している。
 これに対し、谷垣氏は原発事故について「われわれも責任を負っている。なぜ起こったかという検証をわが党でもやらなければならない」と強調。「過去の原子力政策に盲点があったことは否定できない」と認め、検証を踏まえ「新しい政策を作っていかなければいけない」と意欲を示すが、あくまで党内で検証作業を進めようとしている。
 党内の原発推進派の中には、検証作業が原子力政策の抜本的な見直しにつながることへの警戒感もある。推進派の有力議員の一人は「おおっぴらな検証など必要ない」と執行部の動きに不快感を示す。党内協議がすんなり進むかは不透明で、論議は紛糾する可能性もある。 

【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず(時事通信)
【東日本大震災特集】トップページ(時事通信)
与野党から疑問や懸念=国会審議は不透明-東電賠償枠組み(時事通信)
参院予算委の質疑(時事通信)
〔TOP〕第一生命、基礎利益27%減=内部留保取り崩し、役員報酬1割カット−3月期決算(時事通信)


http://news.livedoor.com/article/detail/5556857/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








suzukigsx39さん

物損事故にて示談にしようと思い交渉しましたが、決裂しました。これから先の対応も含め質問させていただきます。
先日(5/10)相手方と事故現場にて双方の保険会社も含め、過失割合を話し合いました。事故の内容は、先月末(4/23)信号機の無い十字路交差点にて当方バイク(1,400cc)にて直進中、対向車線の右折レーンにて右折待ちしていた相手方(普通乗用車)が右折開始をしたため、当方急制動にて回避しましたがその際、転倒してしまいました。幸い、相手方の車には衝突しませんでしたが、当方は転倒時に左膝挫創、左手首及び左肘擦過傷、左脇腹打撲の怪我、当然バイクにも損傷を負いました。当日のうちに現場にて警察による現場検証も済ませ、当日中に念の為病院にて検査もしました。
細かい部分は色々ありますが、当方の保険会社並びに警察、相手方の保険会社とも「衝突はしていなくても、信号の無い十字路での右直事故の扱いになります」との説明でした。しかし、相手方は「ブレーキを掛けずに通り過ぎていても大丈夫だった」と主張され、併せて「私も気付いてブレーキを掛けたんだから事故は成立していない」と主張されます。他にも諸々主張されましたが要約すると「あなたが勝手にブレーキを掛けて転倒しただけでしょう」と言う主張でした。結果、保険会社(双方の)他、周りの薦めもあり人身事故に切り替える旨を警察に申し出、受理されましたので診断書を提出しました(診断書は事故後の経過観察で診察された先生が念の為にとの事で作成していました)
まあ、長々書きましたがここまでの流れの中でも、相手方並びに保険会社担当者の対応に疑念が生じる点が多々あったので警察には計2回、人身事故への切り替えを申し出ました。警察の担当の方も、その都度相手方に連絡し確認を取り、説得をされ、今回(先述の5/10の過失割合の話し合い)の話し合いの場を提案され「それでもダメでしたら人身に切り替えましょう」とのご返答でしたので今回の事の運びとなりました。
そこで、今後の流れを警察の担当者に確認したところ、
・現場検証は事故当日の資料があるので改めて実施しない。
・相手方の聴取を行った後、当方の聴取をします(確認が主となるので15分手度でしょうとの事)。
とのご返答でした。気になるのは結果(過失割合)と双方に下される処分です。これだけでは返答が難しいかもしれませんが宜しければ経験された方、詳しい方からのご返答をお待ちしています。




ベストアンサーに選ばれた回答


deburin772153さん


判りやすい回答があるのですが補足的に・・・

行政処分と刑事処分と賠償問題は別個にお考えください。
今回の事故形態では、事故の原因は相手側自動車が作っているとみなされることが多いです。その為、相手に対しては行政処分(違反点数を受けたり、免停処分を受ける事)が、おけがの程度によっては刑事処分(罰金など)があります。
質問者さんに対する処分はないと思われます。

相手とは利害が対立しますので、事実関係(状況)をきちんと把握、記録に残しておくことが必要です。また、保険加入なら、相手に対し賠償する部分は生じないはずです。お怪我は”人身傷害補償””搭乗者傷害保険”などが対応できます。
示談交渉には介入できないかもしれませんが、適切なアドバイスなどは得られますので、事故の受付や相談をされてみるとよろしいと思います。

信号機により交通整理の行われていない交差点における事故
バイク直進、四輪車右折の場合の基本過失割合は15:85です。
今回は”非接触事故”です。走行軌跡などによっては、過失割合自体は相手に有利に修正(はっきり断言できませんが10%程度)される可能性はあると考えます。

最悪、相手(保険会社)は『質問者さんが運転操作を誤って、自損事故を起こした。よって賠償責任は生じない』と主張してくる可能性は残されていると思います。

警察が『人身事故』として処理している以上、人身部分は相手保険会社がまとめて対応することが望ましいのですが、拒否される可能性も考えられます。
それでも、最悪『被害者請求』をかければ、相手加入の自賠責保険から賠償を受けられます。人身傷害補償があるなら、相手に関係なく自分の保険会社が対応しますから、もめた場合の選択肢の一つとお考えください。

物損部分はバイクの修理費用をどの程度賠償してくるのか?最終的なご自身の”自己負担額”がいくらになるのか?を考えて、柔軟な対応を考えた方がよろしいと思います。
相手(保険会社)の対応拒否も考えて、自分を守る証拠を整理しておくこと、保険会社に事故受付、相談して対応策を練っておくことをお勧めします。
処分はありません。当面は、治療に専念なさってください。お大事に。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1362044698
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


国連防災会議に仙台名乗り 15年開催 招致活動開始へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110514-00000007-khk-l04


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。