昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 最盛期、募る不安=農家「生活できるのか」−福島

最盛期、募る不安=農家「生活できるのか」−福島

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 モモやブドウ、キュウリなど、特産品の収穫が最盛期を迎える夏を前に、福島県内の農家が不安を募らせている。県外の消費者から注文は入っているが、福島第1原発事故の収束時期は見えず、風評被害を心配しながら農作業を続けている。
 化学肥料ではなく、ソバの実の皮を使う独特の農法に取り組んできた福島市の斎藤保行さん(56)。うまみのあるキュウリは評判が上々だったが、原発事故後は注文が減っている。民間の放射線量検査では問題がなかったが、東京の百貨店からは出荷を断られた。「約20年独自の手法でやってきて、やっとうまくいくようになったところだったのに。生活できるのか」と表情を曇らせる。
 一方で斎藤さんを支えようと、北海道から九州まで全国の消費者から新しく注文が入っている。神戸市の料理店からは「阪神大震災の被災地として助けたい。必ず立ち直る日が来ます」とメールが届いた。斎藤さんは「農業は国の基盤。国や東京電力には、つぶれないようしっかり考えて補償してほしい」と話す。
 地元JAなどによると、全国有数の生産量を誇るモモやブドウは6月から出荷が本格化する。
 福島市でモモなどを栽培している女性(78)は「毎年手を入れないと、いい実がならなくなる。作らないと始まらない」と、例年通り摘果作業を続ける。放射線の影響はまだ分からず、出荷できるかは未定。「食べられるものができてほしい」と願い、手を動かしている。 



http://news.livedoor.com/article/detail/5582828/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








yuki080605さん

原発事故で、「給食が信用できない。子どもに食べさせたくない」と母親。学校側は給食の安全性を説明したが、この母親は納得せず、弁当持参を認めざるを得なかったという。
参考
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110520-OYT1T00109.htm?from...

過剰反応も過ぎると思うのですが、これは国や東電の発表が完全に信頼されていないという事でしょうか?
補足子供の事ですから、お弁当を持ってこられない事情のあるお子さんに差別が起きないか心配ですね。
「あの子、お母さんにお弁当作ってもらえないんだ・・・」
「放射線を浴びた給食食べてる!」とか。
ここは親も毅然としないといけないと思うのですが。。。



ベストアンサーに選ばれた回答


y_f1012さん


これは、いい質問をしてくれました。今までに判った事をまとめますので期限ぎりぎりまでお願いします。

『稲博士講演肯定資料:その1』

yukiさん、以下の情報知ってましたか?色々探していて見つけたのを紹介します。

[NHK福祉ポータルハートネット」というサイトの「ガンサポートキャンペーン」に「体験談」というタグがあり「乳がん」とか「大腸ガン」患者が体験を述べられています。

その「乳ガン」欄に「私のラスト・ホープ:低線量率放射線療法」と書かれ「28歳で発症し、8年間の抗がん剤治療で副作用に苦しんだが、数年前にこの稲博士の低線量率放射線治療法を見つけ治療し、その後、副作用もなく次々にガンが消え37歳になった今、本当に元気になり、あの長年の苦しみは何だったんだろう」と書かれています。

また、「大腸ガン」欄にも「副作用の無い画期的な治療法に救われました」という女性が「「50歳過ぎて大腸ガンが見つかり、治療を受けたが副作用が強く苦しんでいたが、稲博士の「低線量率放射線療法を見つけ、従来の放射線療法を止め、手術もせず、大腸ガンがきれいに消滅しました」、と書かれています。

いずれも2008年の投稿ですので、3年前です。稲博士が2000年に低線量率放射線療法を発表されたのですから、それから8年後です。これは、低線量率放射線が人体に非常に有益」という実証明ではないかと思います。ただし、この体験談受付は3月30日で打ち切られています。why?

ちなみに広島・長崎原爆投下、チェルノブイリ黒鉛炉原発事故、レントゲン・ガン治療放射線線量率そして今回の福島軽水炉原発事故での放射線線量率は次の通りです(稲博士3月25日栃木県護国神社での講演資料から)。線量率とは「放射線の強さ」で、単位時間当たりどれだけの放射線を浴びたか?です。

●広島・長崎原爆投下放射線線量率: 12,000,000,000,000,000μsv/時

●チェルノブイリ原発事故放射線線量率: ----120,000,000,000μsv/時

●レントゲン・ガン治療放射線線量率:--------- 120,000,000μsv/時(ただし、数秒、数分の短い時間の場合は、線量率が低くなり、それほど害がないのだと思います。)

(ここから上は高線量率放射線で人体に有害)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・このラインが「しきい値」
(ここから下は低線量率放射線で人体に有益)

●稲博士低線量率放射線効果域:---自然放射線量率~3,000μsv/時+α、上限は1、000、000μsv/時=1sv/時。博士はこの効果域を使って治療を行っています。

●福島原発事故放射線線量率:------------------ 1,800μsv/時+α

●世界高線量率放射線地域:自然放射線の最大100倍--- 14μsv/時
(この地域に住む人は、他に比し健康で長寿と博士は世界で初めて証明したと云っています。また、ICRP基準を約7倍上回っています)

●ICRP基準:原子炉作業員:20msv/年-------------2,2μsv/時
(東大の小佐古教授は参与を止める理由として、この20msv/年を子供に適用するのは許せない、として泣きながら訴えました。確かに一般公衆(子供)の基準は1msv/年であり、その通りですが、それが妥当かとなると、ラッキー論文、稲論文からすれば笑い話になります。彼は元ICRP第4専門委員会委員ですが、2人の論文を不勉強で全く知らなかったのでは・・と思っています。

●世界自然放射線線量率平均:---------------------0,14μsv/時

福島原発放射線量率は稲博士主張の放射線効果域にスッポリ入っています。だからあれだけの自信を持って地元栃木県民に””大丈夫です!””と断言出来るのだと思います。と同時に”ICRP基準が間違っている”というのもよく判ります。余りに低過ぎます。この件は後で!

この線量率からすれば、広島・長崎原爆投下、チェルノブイリ原発事故と福島原発事故を同列に並べる事が間違っていませんか?また、「しきい値があるとする放射線ホルミンス効果」は1978年、ミズーリ大学のトーマス・D・ラッキー生化学教授が発見し、アメリカ保健物理学会誌1982年12月号上で発表した学説であり、稲博士が講演された内容と重なっています。ただ、ラッキー博士論文では「効果域」「治療法」は示せていません。

福島事故の低線量率放射線は「人体に有害」ではなく、「人体に非常に有益」の感を強くしています。現に福島原発事故では1名の放射線被害による死者もなく、白血病などの放射線障害患者も1名も出ていません。

ーーこれで原発を”危ない”として止めるのでしょうか???ーー

ここは、これまでにして、HNを変えて次は「ラッキー論文」とか「ICRP(国際放射線防護委員会)が勧告し、日本も適用している「2007年勧告は、既に根拠を失っている」、と云うような事を書きたいと思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1262678112
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


JR山手線と湘南新宿ライン、運転見合わせ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000169-yom-soci


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を克服できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いま せんか? [続きを読む]
from  (2011年05月28日 08:58)
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。