昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 山本太郎が所属事務所辞めた、社長やスタッフが慰留も本人の決意固く。

山本太郎が所属事務所辞めた、社長やスタッフが慰留も本人の決意固く。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大芸能事務所のシス・カンパニーは5月27日、所属する俳優の山本太郎の退所を発表した。また、山本もツイッターで事務所を辞めたこと報告している。    

事務所公式サイトに掲載された「山本太郎についてのご報告」では、まず、「本日5月27日をもちまして、山本太郎がシス・カンパニーを離れることになりました」と報告。「13年に及ぶ所属期間中、大人の俳優として大きく成長を遂げてくれた山本でしたが、昨今は個人的に、社会活動に力を入れるようになってまいりました。私たちも個人の意志を尊重し、仕事と彼の個人的な活動とは切り離して見守ってきました。しかし、本日、山本本人より弊社所属を離れたいという申し出がございました」と、辞めるに至るまでの経緯を説明している。

事務所としては「これまで共に頑張ってきた年月を振り返ると、私たちも大変残念ではありますが、話し合いの結果、自分の個人的な活動のために事務所に迷惑をかけたくない、という山本の誠意を受け入れることにいたしました」と、最終的に山本の想いを汲む形になったという。

また、山本も27日夜にツイッターを更新。「事務所辞めました!今日。これ以上迷惑かける訳いかないから。辞めるな、と社長、スタッフの皆さん何度も引き止めて下さった。最後には僕の我が儘を聞いて貰いました。13年もいたSISは真面目で正義感強く情に厚い事務所。もう関係ないから事務所への電話しないでね。他の役者に迷惑かかる」とつづっている。

山本は3月の福島第一原発での事故以降、“反原発”“脱原発”の色合いを強め、ツイッターや反原発デモなどへの参加を通して反対を訴えてきた。5月14日にはプロジェクト「オペレーションコドモタチ」の一環としてYouTubeに動画を公開。その中で文部科学省が定めた子どもの年間被ばく線量の20ミリシーベルトについて「異常」「殺人的」と批判し、23日にも福島県の父母たちと共に、文部科学省前で20ミリシーベルトの撤回を要求している。

また、25日にはツイッターで、一連の原発発言が問題となり、7~8月に予定されていたドラマが降板になったと明かし、騒動へと発展していた(※所属事務所はドラマ降板の事実を否定)。


http://news.livedoor.com/article/detail/5591631/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








inzaghiponponさん

事故の慰謝料計算で任意保険基準と地裁保険基準のどちらを適用するかはどうやってきまるのでしょうか??
よろしくおねがいいたします。





ベストアンサーに選ばれた回答


tscmarine213さん


それぞれの基準について、某巨大掲示板のスレから引用しておきます。

Q.慰謝料の基準にはどのようなのがあるの?
A.一般に、1.自賠責基準 2.任意保険基準 3.弁護士基準、の3つがあります。
1.自賠責基準
自賠責で支払われる国が決めた基準です。
2.任意保険基準
自賠責基準をベースに、自賠責を超えたときに任意保険で支払われる基準です。
3.弁護士基準
青い本、赤い本などの弁護士が損害賠償を請求する時の基準です。
青い本とは日弁連交通事故相談センターの算定基準で全国的なものです
赤い本とは日弁連交通事故相談センター東京支部の算定基準で主に東京地区で使用されています。
保険会社との示談ベースではこの基準での金額の実現はまず無理だと思ってください。
弁護士基準に近いものを引き出すには、訴訟・調停や交通事故紛争処理センターなどで協議する必要があります。

主には、上記の自賠責、任意保険、弁護士基準の3つがあります。弁護士基準は裁判基準と呼ばれることもあります。地裁基準というものはありません。

次にそれぞれの意味ですが、自賠責基準は自賠法に基くもので、限度があったり過失相殺しないなど少し特殊なのでおいておき、任意と弁護士基準について説明します。

簡単に言えば、任意基準は保険会社が示談をする際に使用する基準であり、弁護士基準は弁護士が損害賠償請求訴訟を起こす際に使用する基準です。
即ち、任意基準は支払う側が訴訟でなく示談という当事者間の話し合いで解決する時に使用する基準、弁護士基準は訴訟を前提とした請求する側の基準ということです。

ですから、示談交渉で訴訟を前提とした弁護士基準を適用してくれといってもまず無理だということになります。

なお、交通事故110番さんの回答はかなり間違った部分があり、誤解をされると困りますので少し触れておきます。

まず、任意基準は全社統一の基準が廃止されただけで、当然のことながら各社ごとの基準はあります。
そして、任意基準は自賠責がベースにありますから、各社ともほぼ似たり寄ったりの基準になっています。

次に地裁基準は日弁連交通事故相談センター東京支部の赤い本のことと書かれていますが、これは嘘です。
既に書きましたように、青い本・赤い本などの弁護士基準は、弁護士が訴訟を起こす時の要求基準です。裁判所が決めたり公認した基準ではありません。
もちろん、裁判所も青い本・赤い本などは持っていますから参考にはされますが、裁判所はこの基準に従う義務も必要もありません。
ですから、赤い本のことを地裁基準だなどと誤解を生むような表現をするべきではないのです。

また、上記の通り、裁判で赤い本基準がそのまま認定されるわけではありませんし、交通事故紛争処理センターでも同様です。
特に赤い本は主に東京で使用されるものであり、全国的には青い本が主流です。
また、交通事故紛争処理センターはあくまで示談斡旋の場所であり、単純に弁護士基準そのままで積算されるわけではありません。

誤解のないように気をつけてください。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1427051984
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


被災3高校野球部が相双連合チーム 夏の福島大会出場へ申請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110528-00000006-khk-l07


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。