昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 立体駐車場で1歳女児死亡=機械に挟まれる―福岡県警

立体駐車場で1歳女児死亡=機械に挟まれる―福岡県警

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 31日午後10時25分ごろ、福岡市博多区中洲の立体駐車場で、「子供が機械に挟まれたようだ」と通行人の女性から110番があった。福岡市消防局などが駆け付けたが、同区住吉、飲食店店員野田泰作さん(29)の長女もも香ちゃん(1)が、壁と車を載せる台に頭部を挟まれており、間もなく死亡が確認された。福岡県警博多署が詳しい事故原因を調べている。
 同署によると、野田さんの妻(20)が現場近くで野田さんを降ろした後、もも香ちゃんと2人で借りている駐車場に車を止めた。妻は「車から子供を降ろしたので、先に駐車場から出たと思って機械を操作してしまった」と話しているという。 

立体駐車場で女児死亡=機械に挟まれる-福岡県警(時事通信)
ゼネコン支店に発砲=けが人なし、関連捜査-福岡(時事通信)
息子殴られ抗議の男性暴行=意識不明、傷害容疑で35歳逮捕-千葉県警(時事通信)
九電営業所に火炎瓶か=今月2日には九電工に-佐賀(時事通信)
「ガチャガチャ」狙う連続窃盗か=合鍵入手か、2人組逃走-東京・池袋(時事通信)


http://news.livedoor.com/article/detail/5600200/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








nagasekyrさん

事故についての質問になります。よろしくお願いします。

ここ2ヶ月の間に、2度車で追突されました。(共に私の過失0)。 一回目の事故後、ムチウチで治療中に二度目の事故にあいました。首や腰の痛み、右手足の痺れが酷くなり、MRIで頚椎ヘルニアが確認されました。

そこで質問です。
①今後、症状が続いた場合、後遺症害が認定される可能性はありますか?

②認められた場合、慰謝料、逸失利益はどのようになりますか?(双方の保険会社に請求できるか等)

ちなみに歯科医(勤務医)をしておりかなり支障をきたしてます。昨年の年収は730万円でした。

よろしくお願いします。




ベストアンサーに選ばれた回答


jiko_ueyamaさん



可能性はありますが、
断定的なことは詳細不明では何とも言えません。

「ムチウチで右手足の痺れ」
とのことで、MRIで確認されたのは頚椎のヘルニア
という情報からは、
まず足の痺れが頚椎の脊髄症由来のものなのか、
腰椎の神経根症的なものなのか、
それすら特定不能です。

そもそもMRIで確認されている部位と、
症状の出ている部位が神経学的に合致しているのか、
それらは各種神経学的検査でも他覚的に所見が得られているのか、
(運動神経異常ならともかく、
知覚神経異常は通常整形外科領域では他覚所見は得られません。
整形外科医が徒手で確かめるのはほとんど運動神経異常のみです。
知覚神経異常はほとんど患者の自己申告頼みなので、
これは賠償実務上は所見不足となります。
ですが医師はこの部分の認識が薄く、
医師の感覚と賠償実務の間に大きな温度差があるので、
主治医任せでは賠償上の適正な認定は受けられません。)
質問者さんも医師のようなのでおわかりかと思いますが、
医師の考えるエビデンスと、賠償上の、つまり
法律判断としての「証拠」というのは必ずしも合致しません。
「ヘルニアがある」ことが証明されたとしても、
「そのヘルニアが痛みや痺れの原因」との証明にはならないのです。


これはケースバイケースです。
まず解決を訴訟解決を視野に入れているのか否か、
これによっても大きく変わりますし、
どの程度の業務上の支障が出ているのか、
これは同じ後遺障害等級であっても、
その等級が階段式である以上、
大きな個人差が生じますから、
いかに支障を具体的に証明するかで、
実際の賠償額は大きく異なることになります。

一般的な計算方法としては、
後遺障害慰謝料はこちら↓
http://jikoinfo.e-advice.net/kouisyo.html
逸失利益についてはこちら↓を参照してください。
http://jikoinfo.e-advice.net/issitsu.html

ちなみにおっしゃる後遺障害の内容が、
例えば頚部神経症状12級相当、腰部神経症状が14級相当として、
併合結果は12級ですから、
その場合は12級として確認してみてください。

MRI等の画像で他覚所見が得られていて、
神経学的に整合性も取れていれば12級、
外傷性変化の有無等に疑問を含む内容であったり、
症状の推移等に疑問があったり、
他覚所見がやや不足すると14級、
疑問が多く残ったままの状態で申請すると概ね非該当となります。

腰部MRIで目立った所見が得られていないようであれば、
腰部については14級が限度でしょうね。
腰部MRIがまだなら撮らないと話になりませんね。
腰部神経症状が頚部由来のものであれば、
それは脊髄の不全損傷を意味することになってくるので、
この場合は他の脊髄症状もあるようであれば、
12級より上の等級の検討もしたほうが良いですね。
症状の申告のニュアンス的にはその可能性は低いように思いますが。

一般的にはむち打ち由来の神経症状では、
賠償上の知識と医学知識、
両方の知識を有する相談先を確保しない限り、
12級の認定を受けることは至難の業です。
賠償知識のない医師だけを頼っても難しいですし、
医学知識のない他分野専門の法律家でも役不足です。
後遺障害を専門にしていないと12級を目指すことすら叶わないでしょう。

あと、医師なら言われるまでもないかもしれませんが、
MRIで確認されたヘルニアが、
経年性のものであるのか外傷性のものであるのか、
そんなことは主治医に決して聞いてはなりません。
そんなもの事故前からの主治医でもない限り知る由もなく、
事故前からの主治医なんて、
元々ヘルニアを患っていない限りいないはずですから、
事故によってそうなったということであれば、
外傷性を証明してくれる医師などこの世にはいません。
あえて判断しろと言われると、
整形外科医としては「ヘルニアそのものは経年性」と
否定的な判断しかしようがないのです。

外傷性であるかどうかを証明するのは、
医師ではなく、あくまで患者本人によらなければなりません。
事故以前にはそういう症状はなかった。
さらにその手の症状で受診歴がない。
これを健康保険の診療記録等で証明するしかありません。
現実に事故前にそういう症状がなかった以上、
その症状は事故によるもので間違いないのです。

ヘルニアそのもの、つまり変性は経年性であったとしても、
発症に至っていないヘルニアはそもそもヘルニアと呼びません。
病的意義のない変性に傷病名など付けないですからね。
ですから「変性が経年性か外傷性か」こんなことはどうでも良いのです。
問題は「発症がいつか」です。
事故以前に発症していないことなら立証可能なはずです。
間違っても安易にこの部分を主治医に頼らないことです。
賠償絡みの立証を喜んでやってくれる医師などいませんので。

交通事故被害者支援専門 植山行政書士事務所 植山 保


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1127406151
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


2号機プールの冷却装置完成、運転開始
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110601-00000016-jnn-soci


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。