昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 緊急消防援助隊が活動を終了---4614人救助

緊急消防援助隊が活動を終了---4614人救助

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


総務省消防庁は6日、東日本大震災における緊急消防援助隊の活動を、同日午後に終了したと発表した。3月11日の地震発生直後から88日間で、のべ10万4093人が派遣され、4614人を救助した。

緊急消防援助隊は、主な被災県である岩手県、宮城県及び福島県を除く全国44都道府県より各被災地に出動し、消火、救助、救急活動に従事した。この出動は2003年の緊急消防援助隊の法制化以来、消防庁長官の指示による初めての出動となった。このほか福島第一原子力発電所での冷却放水活動なども実施した。

緊急消防援助隊は各県災害対策本部との調整を踏まえ、岩手県内での活動を5月19日に、宮城県内での活動を同31日に終了し、6月6日午後、福島県内で活動してきた千葉県、埼玉県、神奈川県および栃木県の各部隊が活動を終えることにより、すべての緊急消防援助隊が任務を終え活動を終了する。

なお、福島原子力発電所事故に係る救急搬送への対応については、周辺の県の消防機関による即応体制を確保する。

緊急消防援助隊の活動
●派遣期間:3月11日~6月6日
●総派遣人員数:2万8620人、総派遣部隊数:7577隊
●のべ派遣人員:10万4093人、のべ派遣部隊数:2万7544隊
●最大時派遣人員:6099人、派遣隊数:1558隊
●緊急消防援助隊の救助・救出実績:4614人
《レスポンス 高木啓》


http://news.livedoor.com/article/detail/5614623/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








reomama07さん

事故の過失割合について質問します。
判例タイムズNO.16 P330の例です。
※夜間に高速道路の中央分離帯に衝突して追越し車線上へ横転する自損事故をした後、 後続の高速バスが自車に衝突する第二事故が発生。

・当方B車両
・夜間、晴れであること
・追越し車線上に停車していたこと
・相手のA車両は20キロのスピードオーバーであること
・事故のあと停止表示器材設置などしていないこと

などをふまえて、保険会社が決定した過失割合が妥当であるかを教えて下さい。
当方:相手
65 :35

専門家の方に相談したら、この過失割合を覆すことができるかが気になって質問させていただきました。

またこの事故で流産をした場合の慰謝料もやはり過失相殺されるのでしょうか?
どうかよろしくお願いしますm(__)m




ベストアンサーに選ばれた回答


tscmarine213さん


別冊判例タイムズ16か該当ページのコピーをお持ちであれば、その解説文も参照してみてください。

まず、基本過失割合は、あなた40:後続車60となります。

次に修正要素について検討します。

あなた側に不利に修正する要素は
1)視認不良+10%・・・夜間の場合、照明等で明るい場所でなければこの修正をします。
2)追越車線+10%
3)あなたの車道閉塞大+10%・・・車両の横転などで2車線を跨ぐような形で大きく塞いでいるような場合です。実際にどのように車線を塞いでいたかで検討してみてください。
4)あなた側の著しい過失又は重過失+10~20%・・・第一事故(自損事故)はあなた側の過失によるものですから、この修正が適用されます。

あなた側に有利に修正する要素は
1)相手車の速度違反-10~20%・・・20km/hの速度違反の場合は10%の修正となります。
2)あなた側に第一事故の過失なし-20%・・・これは適用されません。
3)あなた側が退避不能かつ停止表示機材設置等-20%・・・自損事故と追突事故の時間的な間隔が分かりませんが、ある程度の時間的な間隔があり、停止表示機材を設置するしたり発煙筒を焚いたりの警告措置を取ったのであれば、この修正をします。
また、自損事故の直後に追突されたなど、警告措置を取ることが不可能な場合にもこの修正をします。
質問内容からすれば、この修正は適用できないように思えます。
4)相手車の著しい過失又は重過失・・・-10~20%・・・脇見などの著しい前方不注視がある場合です。この修正も適用できないように思えます。

以上より、あなたに不利となる修正要素はすべてあてはまる可能性があり、その場合は+40%程度修正されるでしょう。
逆にあなたに有利な修正要素は速度違反程度しかなく、-10%程度にとどまるでしょう。
これからすると、基本40:60で、不利修正40%、有利修正10%ですから、70:30が修正後の過失割合となります。
65:35というのは5%譲ってくれたということでしょう。妥当なものだと思います。

なお、過失について交渉するのであれば、上記の修正要素にあてはまるものがあるかどうかを検討してみてください。
また、自損事故と追突事故の時間的な間隔や、自損事故から追突事故までの間に他の通過車両は避けて通過できていたのかなども検討してみてください。

なお、交通事故110番宮尾氏の回答は、あなたに有利な要素を不利に判断するなど根本的に間違っていますので、スルーしてください。

過失相殺はすべての損害に対してかかってきますので、流産に対する慰謝料も同様に過失相殺されます。
なお、自賠責の範囲内であれば過失相殺はされません。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1424970134
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


福島第1原発
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110607-00000933-fnn-soci


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。