昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 岩井俊二監督、脱原発宣言!「ひとりの大人として人間として、NOである以上はNOと言い続ける」『ミツバチの羽音と地球の回転』トークショー

岩井俊二監督、脱原発宣言!「ひとりの大人として人間として、NOである以上はNOと言い続ける」『ミツバチの羽音と地球の回転』トークショー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大「原発NO!」岩井俊二監督 今月6日、渋谷ユーロスペースにてアンコール上映中の映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の上映終了後、監督の鎌仲ひとみと、映画『ヴァンパイア』でハリウッド進出を果たした岩井俊二監督がトークショーを行った。
 本作は、映画『ヒバクシャ』『六ヶ所村ラプソディー』を通して、放射能の恐ろしさを訴え、原発問題に言及しつづけてきた鎌仲監督が、山口県上関町の祝島を舞台に30年近く前から上関原発反対を訴えて電力会社と闘い続けてきた地元の人々を追う一方、脱原発を宣言、着実に自然エネルギーシフトし、地域自立型のエネルギーを作り出しているスウェーデンの人々の生き方を映し出したことで「脱原発」の先にあるストーリーを示したドキュメンタリー。
 先月24日、「『ミツバチの羽音と地球の回転』観ました。島にやって来る電力会社の船を観て「アバター」を想い出した。ひどすぎる。これが日本なのか。原発関係者と原発協力者たちにこそ観て欲しい。エネルギーシフトに成功しつつあるスウェーデン事情も必見!(原文ママ)」と、鑑賞したその日に自身のツイッターで映画の感想をつぶやいていた岩井監督は、トークショーへの出演もひとつ返事で決まったという。鎌仲監督が、「脱原発派の鎌仲のトークショーのゲストっていうと、みんなけっこうヤバいんじゃないか……ってなる人が多いのに、ありがとうございます!」と話すと、会場からは笑い声と拍手が起こった。
 鎌仲監督は、トークショーの中で多くの芸能人や監督が、“原発”に言及することを躊躇するのを指摘し、「東電は、年間300億円もの予算を使って、まだまだ生き延びようとしています。巨大スポンサーの顔色をうかがいながら、みんなが貧乏くじを引きたくないって思ってるんじゃないですか?」といまだに原発問題をタブー視している業界をバッサリ。「作り手である以上、首尾一貫した大義が必要」と言った岩井監督は、「僕は一人の大人として、人間として、NOである限りは、はっきりNOと言おうと思っています」と原発に対する考えを明言した。
 本作について、「福島で起こっている問題と、これから我々がどう戦っていくべきかがわかる映画です。同じ映画を作っている人間として気持ちのいい構成で、とても重たい問題ですが、詩的で美しい作品」と絶賛している岩井監督は、映画『六ヶ所村ラプソディー』を観て、映画『ヒバクシャ』を観る、という製作順で言うと逆の順番で観ていったという。「一番近いテーマを映画『ミツバチの羽音と地球の回転』で観て、映画『六ヶ所村ラプソディー』で、核廃棄物というわれわれの未来を観る、そして最後の『ヒバクシャ』で国際的な核の問題を感じる。この三部作で、一つの作品として観て欲しいですね」と原発問題に関心を持った人に向けた岩井監督流の“鎌仲ひとみ三部作”鑑賞法をアドバイスした。
 この日は、スウェーデン出身の女優・川上麻衣子も観客として訪れ、映画を鑑賞。上映後、「電力会社と闘い続ける地元の方々の姿を見て、何度も涙がこぼれそうになりました。でも、泣いてちゃいけないって、必死に観ていました。スウェーデンは、わたしの生まれたふるさとでもあります。自然エネルギーに着実にシフトしていくスウェーデンの人々の暮らしを、とても誇らしく思えました」と作品の感想を語った。
  
 アンコール上映が始まった土曜日以降も、多くの人々が鑑賞している本作。観客層は、若い人から中高年までと老若男女を問わない。トークショー終了後は、「とても面白かったです。周りの人にも、観て欲しいって思いました」と言う人々が、作品のシナリオ全編、そして自然エネルギーシフトへの解説が細かく掲載されたパンフレットを購入する姿が多く見られた。今月の6月11日には、日本で、世界中を巻き込んだ大規模な脱原発デモも計画されている。「福島の人たちは津波で大切な人を失い、原発で家を、ふるさとを失いました。何度も言っていますが福島の事故は、わたしたち東京の人が使っていた電気のために起こったんです。わたしたちが、行動していかなければ」と訴えた鎌仲監督の言葉に応じるように、自分たちの未来に向けて一歩を踏み出した人々の声は、大きなエネルギーに代わってきている。(編集部:森田真帆)
【関連情報】
・iwai shunji film festival
・映画『ミツバチの羽音と地球の回転』公式サイト
・電力会社への疑いは確信へ!自然エネルギーシフトを訴える脱・原発映画『ミツバチの羽音と地球の回転』が6月にアンコール上映決定!
・原発はつぎはぎだらけのハリボテ…なのに電力会社の力でメディアを黙らせてきた功罪を糾弾
・山本太郎、福島の親たちとともに文科省前で抗議活動!学校の放射線量年20ミリシーベルトの撤回を!「何も行動しなければ、僕は自分を許せない」



http://news.livedoor.com/article/detail/5617540/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








jewelmovieさん

事故についての質問です。
事故当日示談にすると言い、見積もり通りの代金を払うという一筆もいただいたのですが、急に保険を通すと言い出しました。
その場合、保険会社の言う過失割合通りのお金しか貰えないですか?
事故は、私はバイク、相手は車です。私は車に巻き込まれました。相手の明らかな後方不注意で、ぶつかった後相手は車から降りてきて、急いでると言い携帯番号だけ教えて去っていきました。その数十分後相手は戻ってきて、そこで示談にするとの話し合いになりました。
見積書通りの金額を支払うというのを相手に書いてもらいました。
しかし、まったく反省の色もなく、保険を通すと後になって急に言い出しました。
私は任意保険に入ってないので、保険屋との直接の話し合いになってしまいます。素人の私には専門家との直接の過失割合の交渉はだいぶ不利です。
示談で修理代金もいただけるということだったので警察も呼びませんでしたし、病院にも行きませんでした。
どうすれば私は有利に相手方と交渉を進めることができるでしょうか?
長文駄文失礼しました。急いでおりますのでどなたかお助けください。




ベストアンサーに選ばれた回答


f17x8pw9さん


まず、契約とは口頭でも書面でも契約は成立します。事故で過失割合があったとしても相手が「弁償します」と一言あれば過失割合での示談は無効にできますいくら相手が事故の影響で動揺がありつい「弁償します」と発言してしまった場合でも「弁償します」の発言は解除できません。この件と同様のケースはよくあるので相手の保険会社でも知っているはずです。。(私の会社で同様の事例がありもんだいありませんでした。)
もし相手が、自分の保険会社に事故の処理を委任して「弁償します」発言の話をしてなければ相手の保険会社は貴方に示談交渉をしてきますが貴方から相手の「弁償します」があった事実をはなしすれば保険会社からの交渉はストップしますし問題なく貴方の損害は解決すると思います。しかも相手の一筆ある書面もあるなら、立証するのは簡単なので問題ありません。
それでも保険会社の方で納得しないなら悪質なケースですので管轄する行政機関に相談する方法もあります。この場合の行政窓口は、まず警察は民事に介入しませんが事故のあった事実を報告する義務もありますので(本来は事故発生ご速やかに事故の届けはするべきものですが)警察へ届けるた方が良いと思います。(貴方にも安全確認義務違反などあれば口頭注意などもあるかもしれませんが。。。)その届け出る行為そのものが相手に対するプレッシャー効果もありますからかなり有効。
次に、保険会社に対して、相手が「弁償します」同様の言動があった事実を明確に伝えてください。それでも無理なら、保険会社の事故の紛争を処理する専門機関もあるのでそこへ相談すればその専門機関から保険会社へ指導があると思います(任意保険会社へ問い合わせればすぐに教えてくれます)。また、保険会社が強行な過失割合を強要してくるなら恐喝罪にもあたる可能性もあるため警察に相談してみるのも方法だと思います。
あとは、貴方の物損的な損害を回復し、その代金を修理業者から直接相手または相手の保険会社へ請求してもらえば良いと思います。
また、貴方にケガがあれば相手の自賠責保険(国の強制保険)が賠償してくれます。これは相手の任意保険会社が国の窓口を代行して受付してくれます。もし、相手側が自賠責保険にて手続きしてくれないなら貴方から自賠責へ直接請求もできます。この場合もこちらから請求行為をしなければ始まりませんので手間はかかりますが行動力あるのみになります。
是非頑張ってみてください。応援しております。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312780843
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


福島の避難者ら “赤い宝石”満喫 寒河江
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000003-khk-l06


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。