昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ ベント実施、官邸は了解も本社がストップ 東電が事故後対応公表 

ベント実施、官邸は了解も本社がストップ 東電が事故後対応公表 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 福島第1原発事故で、東京電力は18日、東日本大震災直後5日間の詳細な対応経過をまとめた資料を公表した。吉田昌郎所長の指示により、原子炉への注水や格納容器のベント(排気)作業などを試みたが、高い放射線量や水素爆発など「アクシデント・マネジメント(過酷事故対策)の想定外の事象」(東電)に阻まれて作業が難航する中で、事態が悪化する様子があらためて浮かび上がる内容になっている。
 資料は関係者の証言を基に、地震発生から1~3号機が次々と水素爆発などを起こした3月11~15日の事実関係を時系列で、A4判で41ページに再構成した。政府が設置した第三者機関「事故調査・検証委員会」へも提出する。
 資料によると、1~3号機では地震発生から約50分後の3月11日午後3時35分に津波の第2波が到達、その2~6分後に全ての電源が失われた。中央制御室は停電し、原子炉水位などの状況把握ができなくなった。午後5時12分に吉田所長が「過酷事故」と判断し、消防車など非常用の注水方法検討を指示。作業員は構内からバッテリーを集めるなど、電源確保に奔走した。
 1号機では12日午前1時半にベント実施について菅直人首相らの了解が得られたにもかかわらず、1時間半後に予定されていた経済産業相らの発表後に実施するよう本店から情報がもたらされたことや、12日午後3時36分には、電源車による電源が復旧し注水準備が完了したと同時に建屋が水素爆発したことなどが、新たに判明した。
 また1号機のベント実施をめぐっては12日午前8時半前に一部の周辺住民が避難できていないことが分かったため、避難後に実施するよう調整していた。
 吉田所長はその後、2、3号機のベントも指示するが、作業が手間取ったこともうかがえる。所長の指示から各種作業の実施まで大幅に時間がかかった詳細な理由は記されていない。
 津波によるがれきが構内に散乱し、消防車などが通行できなかったり、電源喪失によって暗闇の中を現場確認するのに時間がかかったりしたことが、対応遅れにつながっていたことも、あらためてうかがえる内容になっている。
 1号機への海水注入をめぐっては、当初、官邸の指示で中断したとする話が出るなど情報が錯綜(さくそう)したが、資料には実際に何があったかのやりとりは記されていなかった。



http://news.livedoor.com/article/detail/5644851/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








mwpjdgさん

事故車扱いになってしまった車について教えて下さい。

今回の交通事故(100:0で彼は被害者になります)にて彼の車は可哀想な事に事故車に…。

【事故車は、事故を呼び寄せ、又、事故をする】【いくら修理しても足回りが崩れる】
など以前、良く耳にした事があり、私の地元の中古屋さんはCMで必ずと言っていい位、【事故車無し】を売りにしています。

無事、修理が終わり手元に届き次第すぐにお祓いなどお願いしようと思っております。

単なる噂話であれば良いのですが…。

事故車について、何か不便な事があるのか教えて頂けますと助かります。

回答の程、宜しくお願いします。



補足とても、親切丁寧な回答ありがとうございました。一番大きな修理箇所は、運転席側の前タイヤ上がグチャッと凹みバンパーが浮き上がっています。走行は可能ですがまっすぐ走らず右にドンドン進みます。駐停車中に高齢者ドライバーが確認無しにぶつかり、彼は一度も事故をした事はなく、安全運転で周りの方には、車酔いをする方でも酔うこと無く安心して乗れると評判です。



ベストアンサーに選ばれた回答


ka006753さん


>行は可能ですがまっすぐ走らず右にドンドン進みます。

残念だが、足回りが逝っている。
フレームの修理や足回りを交換するような修復は、事故歴ありとなってしまう。


>【事故車は、事故を呼び寄せ、又、事故をする】

事故者が事故を呼び寄せるのではなく、運転者が事故を呼び寄せる。
これは、霊的現象ではなく、運転自体に問題がある。

仕事柄、色々な事故に遭った人を見ているが、何度も追突されるような人もいる。車を変えても、また追突される。
本人はついていないと言っているが、隣に乗ってみて原因が分かった。ブレーキのタイミングが遅く、必要のない場所で減速したりしている。運転中は、ドアミラーやルームミラーで後方の確認は一切しない。速度も速くなったり遅くなったりを繰り返していた。

お祓いよりも、運転に気を付ける方が事故の確率は減る。



>【いくら修理しても足回りが崩れる】

これは言える。
足回りの調整は、フレームの調整によって変わる。元々フレームなど、調整する前提では作られていないから、微妙な調整ができない。ほんの数ミリずれただけでも、走行にものすごく影響してしまう。

ただ、今回程度の事故なら、足回りの部品の交換をすれば、問題なく(ハンドルを取られることなく)走行はできると思う。っま、タイヤの編摩耗程度は出てしまうかもしれないけど…。

それから、これくらいの修理だと、2~3週間が目安かな…。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1164723516
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


野馬追メーン行事中止 神旗争奪戦や甲冑競馬 南相馬市
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110619-00000011-khk-l07


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。