昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 東日本大震災が在日中国人の人生を変えた、子どもの将来設計も練り直し―華字紙

東日本大震災が在日中国人の人生を変えた、子どもの将来設計も練り直し―華字紙

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大18日、日本の華字紙は、東日本大震災が在日中国人の人生観や価値観、将来設計を変えたと報じた。写真は3月15日、仙台から中国大使館が手配したバスで避難する在日中国人たち。2011年7月18日、華字紙・中文同報は、東日本大震災が在日中国人の人生観や価値観、将来設計を変えたと報じた。以下はその内容。

震災後、自然との触れ合いで心の傷を癒そうとする人たちがいる。人気気功師、朱剛(ジュー・ガン)氏を中心とする「朱グループ」のメンバーだ。最近はほぼ毎週、関東周辺の山を登っている。大自然の中に身を置くと、悩み事も吹き飛ぶという。震災を経て多くの在日中国人は世の無常を感じ、今ある命に感謝することを覚えた。彼らは私利私欲にまみれた俗世間を離れ、自然に親しみ、友人と語らい、人生を楽しもうと考えている。

【その他の写真】

親のありがたさをしみじみと感じた人もいる。千代田区在住の木下暁陽さん。湖南省長沙出身で元の名を「李暁陽」という。震災から3日後。弟から電話があり「両親が帰ってこいと言っている」と聞く。間もなく両親から入手困難な中国行きのチケットが送られてきた。「年老いた両親をもっと大事にしようと思いました。震災前は親孝行が足りなかったと反省しています」と話す。

中国残留孤児の明石さん一家は家族全員が日本国籍を取得し、3世代で幸せに暮らしていた。だが、放射能漏れ事故により平穏な生活も終わりを迎える。小さい孫たちを連れ急きょ中国に戻った。息子夫婦は仕事があるため、日本に残っている。「日本政府はまだ事故の終結を宣言していない。孫たちは中国で育てた方が良い」と決意した。

在日20年になる羅さんの高校生の娘は日本生まれの日本育ち。高校卒業後は米国留学か、日本の大学か進路を迷っていたが、震災後は日本に残るという選択肢は消えた。今は中国の大学に行かせることも検討中だ。このほか、小学生や中学生は震災後すぐに中国に戻った子が多い。在日中国人の親の中には、子どもの将来の軸を中国に置くのか日本に置くのか迷う人も多かったが、震災後は迷わず中国と考える人が増えたという。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
・震災で一旦は帰国したものの…日本に戻る中国人が増加中―中国メディア
・中国人留学生の日本での就職難、いっそう強まる=不景気と震災で―華字紙
・震災後、食品など主要品目の8割が値上がり、在日中国人の生活にも影響―日本
・震災で日本は二流国に転落する=高齢化社会対策を打ち砕いた放射能の恐怖―香港紙
・【アンケート】どのような中国人観光客を歓迎しますか?



http://news.livedoor.com/article/detail/5720301/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








arisahanaさん

事故の自賠責保険および労災保険について
先日、主人が仕事の運転中に追突事故をしました。

高速道路を走行中、前に走っていたピアノを積んだ2tトラックがパンクし、その後ろから、追突事故をしてしまいました。
相手は、むち打ちと両ひじのケガで、全治2週間。
こちらは、足の複雑骨折数か所で、手術要の入院生活です。

ただ、警察の見解では、後ろから追突した、当方の方が不利な状況のようです。

この場合、自賠責保険などはどのようになるのでしょうか?
また、仕事中の事故なので、労災保険で、入院費用、手術費用、仕事が出来ない期間の給与は保証されるのでしょうか?

お助けください。
宜しくお願い致します。
補足勤めている事業主が、主人の家族である為、この事故がこちらが不利な状況であることから、保険会社からの保障割合が厳しい、労災もきびしいことなどを聞いていたので、心配しておりました。

社用車の保険が、人身傷害に加入していれば、保証されると考えていいのでしょうか。

労災は、過失の割合が関係ないという事は、80%の保障があると考えておいて良いのでしょうか。その場合、総支給額ではなく、基本給からの算出になるのでしょ



ベストアンサーに選ばれた回答


jiko_ueyamaさん


パンクによる前車の挙動によると思いますので、
一概に判断することは出来ませんが、
急ブレーキに近い急減速に至ったとか、
通常の走行ではあり得ない挙動によって、
一般的な運転では避け難い状況だったということなら、

http://jikoinfo.e-advice.net/kashitsu-268.html
こちら↑の過失割合を参考に判断して良いと思います。

この典型例は、
危険回避等の正当な理由なく、
高速道路上で前者が急ブレーキを掛けた場合の基本割合です。
この場合は5分5分を基本として考えます。

前車がパンクしたということですから、
ブレーキを踏んだわけではないことから、
ブレーキランプは点灯せずに減速が始まったことと思いますので、
急ブレーキと比べても、
後続車両が追突を回避することは困難になります。

そういうことも併せて考えれば、
おおよそ5分5分に近い過失と判断するのが妥当ではないでしょうか。

ただ、パンクしたことによる挙動が、
実際にどの程度のものであったのかわかりませんので、
情報があまりに不足するこの場で、
正確な過失割合の判断は出来ませんし、
場合によっては大幅に判断が違ってくる可能性もあります。

その点、このような場での相談には限界がありますのでご理解ください。

仮に概ね5分5分として考えると、
自賠責からは満額支給の対象となりますので、
ご自身側の人身損害に関して
自賠責は使えると思って支障ありません。

労災に関しては過失割合は無関係ですので、
もちろん労災は適用されます。
仮にご自身の側に過失100%と判断される事故であっても、
労災は適用されます。

ですから今回の場合、
ご自身にも過失のある事故ですので、
(まず無過失ということにはなり得ません。
車間距離さえシッカリ取っていれば、
前車が何をしようと追突は避けられますから。)
労災先行にて手続きする必要があります。

会社や労基に手続きを任せていると、
労基はこうしたケースでも「自賠先行」で手続きをします。
自賠先行で手続きをしていることすら、
請求権者にはっきりわかるよう説明しません。

自賠先行とは、
まず自賠責への請求を優先、先行し、
自賠責で足りない分、補てんされない分に関して、
後から労災が支払いをするという手続きです。

これに対して労災先行で手続きすると、
労災がまず負担し、
事故の相手方からや自賠責が負担すべき分について、
求償請求といって、
労災から自賠責や加害者側へ、
「うちが負担した分のこれだけはそっちが負担すべきものだから、
今はうちが立て替えてあるから、それをうちへ支払ってくれ。」
と請求するという手順になります。

労災としてはこの求償請求の場合は、
手続きが面倒なこと等の理由から、
極力避けようとしてきますから、
請求権者が明確に労災先行での手続きを求めないと、
うやむやのままに自賠先行で手続きをされます。

また、労災先行の手続きは「出来ない」等の、
ウソの説明をすることすらあります。

あからさまなウソの説明は役所として違法になるため、
請求権者が誤解するよう巧みに誤魔化しながら、
自賠先行にて手続きを進めようとします。

これに対抗するには、あえて
「自身にも過失のある事故なので、
全ての項目において労災先行で手続きします。」
とハッキリと告げることです。

これに対して素直に手続きしないようであれば、
「ここの監督署は労災先行は『出来ない』のですね?」
と明確な質問で明確な返答を求めることです。

これに対して「出来ない」と回答することは出来ませんので、
労基としても渋々労災先行での手続きを進めざるを得なくなります。

自賠責と労災の調整問題は、
結構複雑な問題を含みますので、
この場の説明だけでは理解が難しいかもしれませんが、
(理解できるよう詳しく説明しようとすると字数制限に掛かります。)
保険会社やお役所に誤魔化されることのないよう、
正当な手続きは正当に進めてもらうべく行動してください。

交通事故被害者支援専門 植山行政書士事務所 植山 保

【追記】補足に対して
字数制限があるので全て説明は出来ません。
とりあえず補足に対して回答します。
字数が足りないので先ほどの補足は消しますね。

さて、労災で「80%の保障」となっているのは、
あくまで休業保障の部分の話です。

賠償と相殺調整される休業給付が60%と、
賠償部分との調整が行なわれない特別支給20%、
これを併せて80%となります。
この調整部分は
http://jikoinfo.e-advice.net/faq2.html
こちら↑の下のほうの「マメ知識」を参考にしてください。

別に経営者が親族であっても、
追突した相手が同じ会社の従業員ということではないですよね?
別に親族経営であることと労災認定には何ら関係ないですよ。

治療費等に関して「80%の保障」ではありません。
基本的に「全保障」ですので誤解なきように。
給付基礎日額は原則として「総額」を適用して算出します。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447655984
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


福島県内肉牛出荷停止 制限解除見通し立たず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000001-khks-l07


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。