昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 鮫島、涙の誓い 震災から半年…有終白星を被災地に

鮫島、涙の誓い 震災から半年…有終白星を被災地に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?



 ◇ロンドン五輪アジア最終予選 日本―中国(2011年9月11日 中国・済南)

 “美白の女長友”が被災地に勝利を届ける。11日にロンドン五輪アジア最終予選の最終戦で中国と対戦するなでしこジャパンは10日、試合会場となる中国・済南五輪スポーツセンターで最終調整を行った。五輪出場権を獲得したことで中国戦は控え選手中心となるが、左サイドバックの鮫島彩(24)の5試合連続先発出場は確実。東日本大震災からちょうど半年となる中国戦に向け、涙ながらに勝利を誓った。

 五輪出場をすでに決めていることから中国戦は消化試合となるが、鮫島にとっては違った。試合が行われる11日が、東日本大震災が発生した3月11日からちょうど半年になることを聞かれると、込み上げてくるものを抑えきれなかった。

 「今でも厳しい状況の中で作業している人もいる。自分の知り合いもいるし知らない人でも、応援してくれる人たちにそういう状況の人はたくさんいると思う。そういう人たちのメッセージは伝わっている。中国戦は消化試合と思わない。その思いに届くように戦いたい」。神妙な面持ちで答えていたその目から、ボロボロと涙がこぼれた。

 06年に東電マリーゼに入部した鮫島は、福島第1原発に勤務していた。震災以降は原発事故の影響でマリーゼが活動休止となり、一度はサッカーを辞めようとも思った。だが、周囲のサポートもあって米国のボストンに移籍。プレーを続けたことで、世界一に輝いた。8日に野田首相が福島第1原発を視察した際には、吉田所長が飾ってあった鮫島のユニホームを指して「うちの守り神」と説明していた。

  支えてくれた人、応援してくれている人たちへの感謝のためにも、手を抜いたプレーなど見せられるわけがなかった。

 W杯のドイツ戦前には震災の映像を選手たちに見せてモチベーションを高めた佐々木監督も「(震災は)私たちの力になった部分もある。常に忘れることなく、日本の代表として何かを伝えていかないといけない」と話した。鮫島はこの日の紅白戦で先発組の左サイドバックに入り、積極的なオーバーラップを見せた。「なでしこを見て“頑張らないと”と言っている人たちのためにも頑張りたい」。全力でつかみ取る勝利が、福島と被災地の力になる。関連記事
鮫島、移籍先明言せず 海外に加え国内復帰の可能性もなでしこ鮫島 フランス移籍は「検討中」鮫島フランス移籍か モンペリエが獲得を熱望“未来のなでしこ”常盤木学園2年ぶり全国制覇


http://news.livedoor.com/article/detail/5852530/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








roadmajor0523さん

事故にあってから、約一ヶ月経ってから物損事故を人身事故に変えることは、できるのでしょうか?あと、警察官に対して迷惑でしょうか?

補足yhjpntebkrさんへ
 人身事故に変える理由は、以前警察署に電話した時に、人身事故にしなければ、病院での治療費などが相手の保険から出ないと聞いたからです。



ベストアンサーに選ばれた回答


yhjpntebkrさん


人身事故に変える理由は何ですか?

詳しい経緯がないと、なんともいえません。


補足を拝見しました。

通院は、事故から何日後に開始したんですか?

医師は、なんと言っているんですか?

相手側は、通院していることを知っているんですか?

少ない情報なんでなんともいえませんが、事故証明が物損になっていても、自賠責に請求できる制度はありますよ。

ただし、それなりの理由が必要です。

警察にとっては迷惑でしょう。一ヶ月も経てば、事故車両?も修理し終わって、証拠がなくなっていますので。

だからといって、事故で怪我をしたのであれば、保険金を請求する権利は持っていますので、気にせず申し出ることです。

もし期待はずれの回答でしたら、もう一度、質問を投稿してみては?

自分以外の人が答えてくれる場合もありますので・・・


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412730484
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


原発・避難…、見えぬ収束、めど立たず 震災発生から半年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110911-00000002-khks-pol


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。