昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 小沢元代表を病院に救急搬送=腰痛訴え

小沢元代表を病院に救急搬送=腰痛訴え

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 民主党の小沢一郎元代表は6日夜、体調不良で都内の自宅から東京・千駄木の日本医科大付属病院に救急車で搬送された。警察関係者が明らかにした。腰痛を訴えたため、夫人が救急車を呼んだという。警視庁によると、元代表は自宅から搬送される際、「腰が痛い」と警護の警察官に話した。 

野田首相の低姿勢は「擬装」ではないか=石破茂自民党政調会長インタビュー(時事通信)
「逃走戦略」で自らの首を絞めた野田政権の1カ月(時事通信)
野田新政権の浮沈を握る「輿石幹事長」(時事通信)
中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽~福島原発ダメージの深層~(時事通信)
「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」(時事通信)


http://news.livedoor.com/article/detail/5918734/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








go_yomさん

事故時の車の保険の割引等級ダウンについて
事故の状況によっては等級ダウンはないとの事だったのですが、4等級ダウンでした。

ショッピングセンターに入ろうとしたところ、駐車場入り口の歩道上に駐車していたタクシーに接触してしまいました。
説明は難しいですが、自転車に乗った人が歩道に行こうとしたところタクシーがあった事で、急に方向を変えたので、それを避けようとタクシーに接触してしまいました。
相手は停止していたので過失割合は10:0だったのですが、そのタクシーは歩道上で営業活動をしていたので違法だと思います。
歩道を歩いていた人は皆タクシーを避けて結構通行量のある道路上を歩いていました。
警察の現場検証はありましたが、過失割合からすると歩道上の駐車は特に考慮されていないように思えます。
事故を起したのは私なので、過失割合は仕方が無いとしても、割引等級ダウンは納得がいきません。

保険会社を説得する術はないでしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答


jackyjackytotさん


通常事故を起こして保険を使用する事になれば翌年の保険の際にダウンします。通常3等級ダウンのはずです。ちなみに等級ダウンしない事故と言うのは、盗難や火災等で使用する車両保険など基本的に契約者の責任では無いような天災や事故が対象なはずです。(保険会社によって微妙に違いがありますので、契約約款を良く確認してみてください。)ですので今回のような事故の場合には、次回の保険更新時には残念ながら3等級ダウンしてしまいます。よってタクシーが歩道上で営業活動をしていたかどうかは等級ダウンについては関係ない話ですので現実的に保険会社を説得する事は不可能だと思います。予断ですが、自動車保険の契約の際に「等級プロテクト特約」のような特約を付加することで、事故を起こした場合でも等級ダウンしない事も可能です。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1425213664
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


東京と神奈川、地上1mの線量を公表
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20111007-00000020-jnn-soci


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。