昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 鮫島1カ月ぶり帰国、古巣の移管決定「うれしい」

鮫島1カ月ぶり帰国、古巣の移管決定「うれしい」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大成田空港で報道陣の質問に答える鮫島
 フランス女子1部モンペリエに所属するなでしこジャパンのDF鮫島彩(24)が17日、成田着の航空機で帰国した。

 フランス代表チームの合宿実施に伴う2週間のリーグ中断を利用して約1カ月ぶりの帰国。2日のデビュー戦でいきなりアシストをマークし、早速レギュラーに定着したが「身体能力の高い選手とマッチアップする中で新しい課題も見つかった」と充実した日々を送っていることを強調。古巣の東京電力マリーゼ(福島第1原発事故の影響で休部中)がJ1仙台に移管されることが決定したことについては「決まったことはうれしい。みんながいい形でサッカーを続けていければ」と感想を口にした。関連記事
鮫島 デビュー戦アシスト!五輪へ仏修行開始鮫島、アシストデビュー!!宇津木と共にフル出場鮫島 芸能プロの誘い蹴った!スポーツ系事務所と契約これじゃないとイヤ 鮫島「シャンプーは詰め替え用も持って来た」


http://news.livedoor.com/article/detail/5945258/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








chachaken10さん

事故75%!
日本のゴルフ場なのですが、ここのところゴルフカートによる事故(死傷・重軽傷・死亡)が相次いでいます。

驚くことに、ある調査によると、全国のゴルフ場にアンケートしたところ、事故が一例もないゴルフ場は約25%とのこと。

つまり約75%が、何かしらの事故があることに。(もしかして申告していないところも?)

海外のゴルフ場でも、よくゴルフカートによる事故とかってありますか?

乗り物なので事故は避けられない部分もあるかと思うのですが、75%って多くないですか?
補足ななさん、hallyboshさん、くうたん、回答ありがとうございます。



ベストアンサーに選ばれた回答


hallyboshさん


ゴルフカートの事故は、多いですよ。
カート道路では、
ほとんどが、スピードの出し過ぎでカーブを曲がりきれず横転、同乗者を振り落とす(ちゃんと乗ったのを確認しないで発車する場合もあります)事故です。
カートのすれ違いざまに、持ってたクラブが相手に当たったり、カートに当たって跳ね返ったクラブが自分に当たったり。
坂でサイドブレーキが甘く、無人のままカートが動き、立ち木や他のカートにぶつかったり。

アメリカでは、日本と違い多くのゴルフコースでフェアウェイに乗り入れが出来ます。
ボールを探しながら運転しラフの坂で横転、脇見のままカートごと池に落ちる、なんてのがあります。
一番ひどいのは、乗り入れ禁止のウェストエリア(芝の生えていない荒れ地)にボールを探すためカートで乗り入れ、サボテンだらけの場所で岩にぶつけパンク&立ち往生した、日本人中年夫婦観光客がいました。
理由を聞くと、「ガラガラ蛇がいるからカートで入った」とのこと。穏便に済ませたかったのですが、あまりにも不遜な態度だったのでゴルフコース側が、カートの撤去費用・修理費・事務費用を請求するというと、態度が急変泣きそうになって謝っていました。(このコースの隣で働いていたので、通訳で呼び出されたのですが)
ゴルフコースでは、開放感もありますし運転に集中しない、エンジンカートを甘く見ている、などもあり死亡事故こそ少ないですが、怪我や物品の破損は2日に一回はあります。とにかく、考えられない事故が起ります。
また、カート事故も含めボールや素振りのクラブが当たったり、心臓や脳溢血、熱中症でなら、2、3週間に一度くらい救急車を呼んでいるのが実情だと思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1047314945
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


小中5校で授業再開 2168人中862人登校 南相馬
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111018-00000009-khks-l07


最後までありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。


運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。