昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 野田首相、午後に交渉参加表明=TPP、閣僚委で方針決定へ

野田首相、午後に交渉参加表明=TPP、閣僚委で方針決定へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 民主党は10日午後、政調役員会を開き、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加問題について、慎重な判断を政府に求める提言を正式に決める。この後の政府民主三役会議で野田佳彦首相に提言内容を報告。政府は関係閣僚委員会を開いてTPP交渉に参加する方針を決定、首相が記者会見して表明する運びだ。
 首相は、国民新党の亀井静香代表にも政府方針を伝える。
 民主党内では、首相が交渉参加の表明を押し切ることへの反発が根強い。慎重派の代表格である山田正彦前農林水産相は、参加阻止へ離党も辞さない考えを示しており、混乱が続きそうだ。 

野田政権「安全運転の終わり」と「危機の始まり」(時事通信)
野田新政権の浮沈を握る「輿石幹事長」(時事通信)
中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽~福島原発ダメージの深層~(時事通信)
「本当の原発発電原価」を公表しない経産省・電力業界の「詐術」(時事通信)
【特集】野田佳彦内閣閣僚名簿(時事通信)


http://news.livedoor.com/article/detail/6013128/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








pineppineさん

事故後の治療費がひどいことになっています・・・
事故に遭い、相手側の保険会社(損保ジャパン)からは
治療費の支払いに関しては負担できますが、
病院へ行く前に連絡をして下さいと言われていたので連絡をしたところ、
損保ジャパン側から病院へ連絡をしておくと言われました。
病院の連絡先やこちらの生年月日まで聞かれたので聞かれたままに答えました。

病院へ行ってみるとまだ連絡はないとのことでしたが、
すぐに連絡しろだとか、モンスターみたいなこと言いたくないし、言う必要もないので
また、向こう側の都合の良い時に連絡があるだろうと、とりあえず診察を受けました。
待ち時間も長く診療までに1時間ほどかかり、レントゲン撮影までしたので
2時間以上は病院にはいました。
帰り際に、病院側から、まだ保険会社からの連絡がないので
もう一度、こちらへ連絡してもらえるよう言って欲しいと頼まれました。

その後すぐにまた電話をしたのですが・・・


突然担当者が変わりました。
そこで急に、前の担当者が間違っていただとか言われたのです・・・。
まだ現場検証を終えていないので、こちらが払うか分からない。
そちらが立て替えておけ という内容でした。

最初から言っていた内容とまったく違います。
これは私の聞き間違いでもありません。

また、担当者が間違っていたなら、会社の責任でもあり、立て替えるなら
そちらではないか?というのが私の思うところです。

それからこちら側の保険会社などにも相談をしたりしていますが・・・
はっきり分かったのは損保ジャパンってモンスター保険屋だということです。
知恵袋でも、結局払わずじまいで終わることがあるとさっき知りました。
調べたのが遅かったです。

ネットでも非常に評判が悪く、「出るとこからはもぎ取り」「とことん払わない」
モンスター保険屋のようですが、そんな「損保ジャパン」と対応するには
どのように立ち向かえばよいのでしょうか。
損保ジャパンの内情を良く知っている方、損保ジャパンに理不尽な思いをした方
何か少しでも情報を集めています。

にしても・・・
企業がモンスターなんて、ありえませんね。
こちらは事故でということで診療していただいていたので医療保険も使えず
このまま支払いが滞れば病院へ大迷惑になってしまいます。

しかし私が立て替えて、その後相手は支払ってくれるのでしょうか。
全てにおいて、法的な手段をとらないといけない相手だったんでしょうか。
口約束もできない会社と知って、非常に恐ろしく感じます。
補足病院へ行ってくださいと言われて行ったのです・・・
恐らく故意に担当者を変えています。

今までの経緯から、そういう手口だとしか思えません。
どうしたらいいのでしょうか。
現場検証でも、正当な判断をしていただけるとは到底思えません。



ベストアンサーに選ばれた回答


neomimitannさん


かなりの誤解があるかもね・・・・。事故直後のあわただしい状況で、代理店なり、損害サービス担当者?が対応したものと思われますが、そうそう右から左にテンポ良くケガをした側の思い通りに物事進むわけではありません。
それだけに、事故時 当初の対応は格段に配慮してあたるべきものではあります。

少なくとも、1日、2日程度は余裕をもった対応してほしいものです。つまり病院の治療費立替ぐらいの経済的負担は覚悟すべきもので、代理店?損害サービス?担当者のドジはその資質・レベルによってはあなたのような不安感をあたえるかもしれませんが、保険屋本体はそれなり、きちんと対応します。

保険屋の風評・評判なんてあてくそにはなりません。もう少し落ち着いて冷静な判断・対応を待ちましょう。
事故状況の書き込みもありませんので、どのように事故当初の対応するか、助言はできませんが、あわてる乞食はもらいが少ない といいます。

事故時の不慣れもあるのでしょうが、そうそう疑心暗鬼になる必要はまったくありません。
事故当初の行き違いは想定されることで、時間がたてば落ち着くところに落ち着きます。2,3日たてば事故後の流れ、推移もわかってくると思います。

あなたに関わりのある損害保険担当者がいれば、その方のアドバイスも参考になると思います。ケガをさせられたから、その相手保険屋も同じ穴のむじな的 発想は払拭することですね。

補足について
事故時の対応は 事故報告・受付と その後の担当は人身・物損とそれぞれ担当が違ってくるのは当然 至極当たり前のことです。
なぜにそう懐疑的になるのか、あなたの人間性を考えますね?これまでの人生において余程の裏切り、もしくは生い立ちに不幸なことがあったのでしょうかね!?


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1455251029
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


低線量被ばくのリスク検討で初会合
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20111110-00000017-jnn-pol


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。