昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ ひき逃げ容疑者、逃げきれないとして出頭

ひき逃げ容疑者、逃げきれないとして出頭

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


13日午前4時50分ごろ、栃木県鹿沼市内の国道293号で、徒歩で道路を横断していたとみられる72歳の女性がクルマにはねられる事故が起きた。女性は収容先の病院で死亡。クルマは逃走したが、警察は後に出頭してきた52歳の男を逮捕している。

栃木県警・鹿沼署によると、現場は鹿沼市楡木町付近で片側1車線の直線区間。72歳の女性は徒歩で道路を横断していたとみられるが、その際に進行してきたクルマにはねられたものとみられる。

女性は路上へ倒れていたところを通行人に発見され、近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因で約4時間後に死亡。クルマは逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始した。

現場で採取した破片などを分析して車種の特定を進めていたところ、15日未明になって同市内に在住する52歳の男が警察に出頭。ひき逃げへの関与を認めたことから、自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。調べに対しては「怖くなって逃げたが、とても逃げきれないと思った」などと供述しているようだ、
《レスポンス 石田真一》


http://news.livedoor.com/article/detail/6038591/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








kaaayo0406さん

事故のとばっちりで駐車していた車がぐちゃぐちゃです。新車を買って1年1ヶ月!
事故の衝撃で空き地に止めていた私の車にぶつかり、相手の保険会社は修理に90万と提示してきました。
しかし、私は事故車に乗る気はありませんと伝えました。
すると、保険会社は下取りで30万と提示してきました。
13ヶ月乗っているので新車価格とはいいませんが、止めてただけで
80万近く自腹をきらないといけないのですか!!
納得がいきません。私の車両保険は過失がないため使えないと言われました。

どうすればいいですか?
あまりダダをこねると保険会社は弁護士をたててきますか?
こちらが弁護士をたてても、費用がかかると損をしたりもするのでしょうか?
代車の期間も終ります。最善策を教えてください。




ベストアンサーに選ばれた回答


kazuya7399さん


残念ながら新車を購入出来るだけの額は絶対に支払われないので、なるべく高額の保険金を貰い、それに自己資金を足して新車を買うしかないでしょう。

修理代を貰った場合は修理はせず、事故車はそのままどこかで下取りしてもらい、保険会社から支払われた修理代と下取り額に自己資金を足して新車の代金とします。
修理代を貰ったからと言って修理しなくてはならない訳ではありません。
修理見積もりを車の購入店などに頼み、細かい部分までばっちり修理した場合の見積もりを保険会社に送りましょう。
おそらく保険会社の提示した90万より高額なはずです。

また保険会社が事故車を下取りする額が30万円と言ったそうですが、新車が1年1ヶ月でそんなに値下がりはしないので、それは事故車の価格だと思われます。
これでは事故の補償が全くされていない事になるのでおかしいです。
この場合、保険会社はあなたの車の事故に遭う前の状態で査定し、その価格をあなたに支払うべきです。
もちろん車の細かい状態は事故で判らなくなったので、車種と年式と走行距離から判る査定額の最高額での買い取りを主張し、その額に自己資金を足して新車を買いましょう。

保険会社が弁護士を出す事もありますが、あなたに非は無いので心配は要りません。
ただし訴訟まで行くと面倒なので、適当に有利な条件で手を打つべきだと思います。
頑張って下さい。




http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1375545473
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<永六輔さん>入院 右脚骨折手術へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111118-00000006-mai-soci


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。