昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ 車で数回ひいた可能性=知人遺棄容疑の男―千葉県警

車で数回ひいた可能性=知人遺棄容疑の男―千葉県警

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


 千葉県佐倉市で知人男性の遺体を捨てたとして自動車解体業秋本清一容疑者(42)が逮捕された事件で、遺体には車で数回ひかれた痕があることが8日、捜査関係者への取材で分かった。県警佐倉署捜査本部は、事故ではなく故意にひいた可能性が高いとみて調べている。
 捜査関係者によると、秋本容疑者の知人で、死亡した建設作業員桑山明紀範さん(21)の背中のタイヤ痕などから、乗用車で何度か遺体に乗り上げた疑いがあるという。司法解剖の結果、死因は胸や腹をひかれたことによる多臓器損傷と判明した。
 乗用車の底部には桑山さんの血痕が付着しており、秋本容疑者が所有する別の車の後部座席からも同様に血痕が見つかった。秋本容疑者は「別の車を使った」と供述しているといい、この車で遺棄現場に運んだとみられる。 



http://news.livedoor.com/article/detail/6099329/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








yodoc_3さん

人身事故の刑事処分について。
2月半ばに人身事故を起こしたものです。
事故の内容は信号の内容交差点で当方に一時停止がありましたが気付かず交差点に侵入し、 右側から来た被害の方に激突。その方が止まりきれず左側から来た方に激突。3台の事故でした。物損は全て示談終了。人身も最初にぶつかった車の運転手さんが頚椎捻挫で2週間。同乗者の方がむちうちで 2週間でした。こちらも治療終了し、お二人の診断書が出れば示談し、終了と保険会社から連絡がありました。(被害者の方々が優しい方だったこと感謝しております)
本日行政処分の通知が届き、4点とのことでした。残るは刑事処分ですがだいたいどれぐらいで検察に呼ばれ、罰金はどれぐらいかかるのでしょうか。罪はもちろんしたことなので受け入れますが心構えをしたく…。今後の流れを教えください。よろしくお願い致します。




ベストアンサーに選ばれた回答


cr_great_sea_storyさん


人身事故を起こし相手に怪我を与えた場合、その事故 の経緯と相手方の怪我の度合いによっては刑事処分が課せられます。
人身事故における罰金刑は最低でも12万円以上といった極めて厳しい処分が科せられます。
尚、人身事故を犯した場合は必ずしも刑事処分が科せられるわけではありません。
事故の内容によっては相手の怪我の程度が比較的軽く、更に被害者が加害者に対し罪を軽減させてほしいといった申し出があった場合刑事処分が課せられない可能性もあります。
もし事故を起こした後に(約2~3ヶ月後)検察庁から事故に関する出頭要請があった場合は、刑事処分が科せられる可能性が極めて高いと考えられます。
それは事故の実態を事情聴取しどの程度の求刑が妥当かを判断するために呼び出されるということだからです。
加害者から直接話を聞くことでその後の措置がどうあるべきかを判断することが目的です。

事情聴取に基づき検察官が調書を作成し 、事故内容からして加害者に対し処罰すべきであると判断された場合、起訴されることになります。
逆を返せば検察庁からの出頭要請がなければ起訴するための事情聴取は必要ないということであって、結果として起訴猶予(刑事処分は科せられないということ )になったと判断することができます。
該当事故が起訴処分になるのか、起訴猶予になったのかは呼出がない状況では当事者にとって事前に判断すること ができません。
一般に事故を起こしてから 半年以上ほど検察庁からの出頭要請がなければ、ほぼ大丈夫と判断できます。
(半年以上経過しても突然検察庁から呼出がある場合もあります)

起訴される場合で比較的軽微な事故と検察官が判断した場合は、略式裁判による提起が斡旋されます。
略式裁判を承諾すれば後日簡易裁判所から判決文が送付された書面が特別送達により送付されます。
そこに送付される判決文に記載された罰則金分の振込用紙も同封されています。

今回の質問者さんの行政処分点数が4点ということなので、恐らくわき見運転等が原因で他の車と接触事故を起こし相手にも非があって且つ怪我が全治15日以内と診断された場合「安全義務違反2点+軽傷事故の付加点数2点の合計4点」ということなのでしょう。
(質問者さんが、100%悪いと言うことであれば、「安全運転義務違反2点 +軽傷事故3点の合計5点」となります。)
ここから考えると、刑事処分があるとすれば、専ら以外の原因治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故となり、罰金の目安として120,000円~150,000円位でしょう。

物損・人身ともに、示談成立されるようですし、双方でもめている様子もないようなので、起訴猶予が妥当かと思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1358930958
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


[選手権]出場校紹介:尚志(福島)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111208-01090249-gekisaka-socc


最後までありがとうございます。

英語を短期間でマスターするネイティブ講師と英会話レッスン

スポーツと健康の関係

kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。