昭和に生まれ育ったものたちTOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ <続報>日本製粉ミルクにセシウム検出、「中国国内では対応しない」―中国メディア

<続報>日本製粉ミルクにセシウム検出、「中国国内では対応しない」―中国メディア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ありがとうございます。
今日のニュースは?


写真拡大8日、日本の食品大手・明治が同社製品から微量のセシウムを検出したと発表したが、非正規ルートを通じて該当商品を購入した中国の消費者の間には不安が広がっている。写真は中国広東省、スーパーマーケットの粉ミルク売り場。2011年12月8日、国産の食品に安全問題が頻発している中国では、乳児の安全を考慮して輸入粉ミルクを購入する母親も少なくない。しかしこのほど、日本の食品大手・明治が同社製品から微量のセシウムを検出したと発表し、中国の消費者の間にも不安が広がっている。中国広播ネットの報道。

【その他の写真】

今回セシウムが検出されたのは、850グラム缶の粉ミルク「明治ステップ」。1キログラムあたり最高でセシウム30.8ベクレルが検出された。福島原発事故発生以来、粉ミルクからのセシウム検出は初めてで、同社は約40万缶の回収と無償交換を始めた。だが、海外からの代理購入など非正規ルートで対象製品を購入した中国の消費者は、同様の保障が受けられるのか?中国の母親たちに不安が広がっている。

中国国内で販売されている同社製品について、明治乳業貿易(上海)有限公司は、「国内販売分の製品はすべてオーストラリア産。パッケージが中国語表記になっている製品がそれに相当する」と説明している。さらに、「日本語表記のパッケージ製品に関しては、回収には応じない」との立場を明確にした。これについて、中国消費者協会の専門家は、「法的には問題がないとはいえ、少なくとも中国国内に販売拠点を設けている以上、消費者に対しての責任は地域を問わずに果たすべき。それが企業の信用・責任問題」として、遺憾の意を表明している。

そもそも、日本製の粉ミルクは前年4月の口蹄疫発生の影響で中国では輸入禁止になっている。それでもこのニュースが中国で大きく取り上げられた背景には、「代理購入サイト」というオンラインサービスを通じて、多くの人が日本産の粉ミルクを購入していたことがある。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事
中国のママも困惑=明治の粉ミルク、セシウム検出事件―中国紙日本製粉ミルクに不安、生産拠点切り替えで対応=口蹄疫や原発問題で―中国メディア洋服に化粧品、粉ミルクも!海外サイトのネットショッピングにはまる若いママたち―中国不足するはず外国製粉ミルク!香港販売用なのに本土へ転売のスーパー従業員ら逮捕―香港粉ミルクなどの関税、非正規ルート並みの水準に引き下げへ=当局が折れる―中国


http://news.livedoor.com/article/detail/6102921/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








kazunyaroさん

事故を起こして反省する前に、追突事故を起こさないために、自動車学校で学んだことありますか?具体的にやった実践内容をしりたいです。





ベストアンサーに選ばれた回答


jasinnxxxさん


起こさない為に大事なのは

認知 判断 操作

全てだと思います

追突事故と言っても自分は普通に走ってたのに他人の訳が分からない運転の巻き添えで起こしてしまう事も有ります

いつ何が起きるか分からない、だからいつでも操作出来るような運転姿勢を保つ。
横道が有れば「普通は飛び出してこないだろう」と判断するのではなく「飛び出してくるかも知れない」と注意しつつ走る

全て自動車学校で習う事ですが運転に慣れて、運転に対する恐怖心が無くなると忘れてしまう事です。

ここで挙げたような基本が無意識に自然と出来るような人は事故する確率は低くなります。

普通に考えれば有り得ない、真横から車が突っ込んで来たりしても避けれたりとキチンとした運転が身についてて良かったと思う事が何度か有ります。

おかげで自分は事故なく生きています(違反は多々有りますが)。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1376069988
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


芝生はぎ、砂利撤去 福島陸自の除染作業続く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111209-00000007-khks-l07


最後までお読みくださってありがとうございます。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
次回の記事をお楽しみに。

バーチャルFXでFXを体感しよう


FX自動売買システム


スポーツと健康の関係

Fxで資産運用


kichijin
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 昭和に生まれ育ったものたち. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。